BiSHーMONSTERSー突き抜けたアイドルがそこにいた!!


BiSHーMONSTERSー

オープニングはなぜか気を失った状態?でトラックの荷台に乗せられて、とある工事現場に放り投げられる。
気が付いて起き上がると、なぜか後方で大爆破!!

からの、全力疾走!!

ここからBiSHーMONSTERSーが幕を開ける。

※ちなみに、冒頭で土に埋もれている足は、セントチヒロ・チッチの足です。

BiSHーMONSTERSー歌詞全文

作詞:ユカコラブデラックス
作曲:松隈ケンタ

歌詞詳細はコチラ
BiSHーMONSTERSー歌詞

スポンサーリンク


あの謎の保安官に夢中!

オープニングの仮面ライダーやら戦隊物でお馴染みの大爆発から命からがら逃げてきたBiSHメンバーは、なぜか謎の保安官に捕まってしまう。
この保安官が、なぜか全力でBiSHーMONSTERSーを熱唱する。

正直設定がよくわかんないけど、この保安官の歌い方がハンパない!
「忘れそう 忘れそう」の部分はあまりにも全力すぎて、ちょっと引くくらいの迫力なんですけど。。。
指を立てて唾飛ばしながら、各メンバーに顔を接近させての「ワン、ツー、スリー」も迫力がすごい!
このシーンについては、BiSHの魅力がこの保安官に全部持ってかれてる感は否めませんね。

ちょっぴりミュージカル調かと思いきや、この保安官の鬼気迫る演技力に脱帽するしかない。

ところで、この保安官役の男性の事を知りたくて調べてみたんですが、見つかりませんでした。

もしどなたか情報お持ちでしたら、是非連絡ください。

衝撃的なエンディング

その後、BiSHメンバーはこの保安官の手を逃れる。

そして、さらなる逃走を図るため、車に乗り込む。
ハシヤスメ・アツコが運転席へ。
都合よくキーが見つかり、鍵穴へ挿入~。

か~ら~の~

ちゅっどーーーん!!

ちょっちょっちょっとぉ!

なぜかBiSHメンバーが乗った車が大爆発するという、超バッドエンド。
こんな事ってあり得る!?
映像的にはすごく良いんだけど、PVの演出とは言えBiSHメンバーを亡き者にするかねぇ。
まぁ、これがBiSHのやり方といえばやり方なんでしょうけど。

ただ、全体的な疾走感に溢れた曲と、最後にストーリー的などんでん返しを持ってくるあたりは、他のアイドルなんかのPVとは一線を画していると言ってもいいかもしれませんね。
こういった一種の裏切りを、我々清掃員も実は期待していて、BiSHに惹かれる一因となっているのかもしれません。

BiSHーDEADMANーでは落とし穴に落ちるし、BiSHーMONSTERSーでは爆発ちゅっどーん。
今までこんなアイドルいた!?

アイナ・ジ・エンド風に言うならば・・・

これがBiSHだ!BiSHだ!BiSHだーーーーー!!!!!

 

関連記事
BiSHの歌詞・コールまとめ
作品紹介一覧TOP
メンバー紹介一覧TOP

スポンサーリンク