GANGPARADE新メンバー『ハルナ・バッ・チーン』のどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

2018年春のWACK合同オーディションでは「リソリソ」という名前だった、ハルナ・バッ・チーン。

2018年3月18日の大阪城音楽堂での合格発表を受けて、晴れて4月16日にZeppDivercityにて9人体制の新生GANGPARADEとして月ノウサギと共にアイドルデビューすることとなりました。

ここでは、そんなハルナバッチーンのWACK加入前の活動と、どこよりも詳しいプロフィールを紹介します。

参考記事】⇒WACK合宿オーディション2018 参加者メンバー24名決定!

スポンサーリンク


ハルナ・バッ・チーンのプロフィール

ハルナ・バッ・チーン
身長:150cm(オーディション前)⇒151.5cm(デビュー後) 

誕生日:2002年12月24日

将来の夢:ケーキ屋さん

中学時代の部活:吹奏楽部

特技1:料理(メンタルブレイク解消ができる※後述)

特技2:幽霊が見える

エピソード1:靴下が右左違う事が多い 

エピソード2:公園でノ○ソをした事がある

エピソード3:↑の時はノーブラだった

エピソード4:お母さんに彼氏がいる

エピソード5:お母さんがいない事多いので料理が得意

エピソード6:お母さんと彼氏に不満はあるが学費を出してくれるので好き

エピソード7:おじいちゃんは76歳なのに二重とびが出来る

エピソード8:学校が嫌で家出をしたことがある

エピソード9:小学校時代はランドセルの持ち方がキモイと言われてイジメられていた

エピソード10:中学の不良時代、夜8時に学校に忍び込んで教室の机を全部外に放り投げた

エピソード11:おじいちゃんに「8万円貸して」と言って車にはねられそうになった

エピソード12:毎日20時にメンタルブレイク(病みタイム)が来る

幼い頃から微妙な家庭環境で育ったせいもあってか、学校生活はあまりなじめなかったようです。

それでもやると決めたらトコトンやる。

WACK合同オーディションの前には、神社へ神頼みに何度も足を運んだとか。

学生時代の悔しかった思いを糧にして、GANGPARADEでの活動をがんばって欲しいものですね。

そんな、ハルナ・バッ・チーンですが、GANGPARADE加入前にも実はアイドル活動をしていました。

ハルナ・バッ・チーンのGANGPARADE加入前の活動は?

終演後物販時代のハルナ・バッ・チーン
ハルナ・バッ・チーンは、元『終演後物販』の七海はるなこと、はるまき(担当黄色)として活動していました。

『終演後物販』は、2017年7月8日(土)『アイドル横丁夏まつり!!2017』でデビュー。

2017年12月26日(火)を持って、第一期『終演後物販』の活動を終了。
>>終演後物販公式Twitter 

『終演後物販』は、七海はるな(はるまき)・柳ゆうか・渋谷朱音・都築伊澄・兎遊の5人組ユニットとして活躍するも、その活動期間は限定的でした。

ちなみに、同メンバーの兎遊は、月ノウサギも受けたミスiD2018のグランプリを受賞しています。

終演後物販の動画もいくつかyoutubeにUPされていましたので、紹介させていただきます。

■終演後物販 2017.7.8 Debut Live@アイドル横丁夏まつり!!2017■

■終演後物販-はじめてのチェキ-[official Music Video]■

■終演後物販時代のはるまきこと、ハルナ・バッ・チーンの画像まとめ■

■BiSと『アイドル横丁夏まつり!!2017』でのツイート■


この時すでに、BiSとの運命的な出会いを果たしていたんですね。

実はBiSHとも運命的な出会いをしていた!?

ハルナ・バッ・チーンがBiSHのリリイベに参加してアユニ・Dとチェキを撮ったツイート↓


なんと、自身もアイドルとして活動しながらも、オタクとしても活動しており、しかもBiSHのアユニ・Dとチェキまで撮ってるじゃないですか!?

そんなBiSやBiSHの所属するWACKに入るだなんて、当時はまったく考えてなかっただろうなぁ。

スポンサーリンク



ハルナ・バッ・チーンのジャングル料理を検証

突然ですが、まずはこちらをご覧ください。

これは、WACK合同オーディション2018において、アユナ・Cとハルナ・バッ・チーン(当時はリソリソ)が共同で作成した、ジャングル料理です。

オーディションの企画の中で料理対決があったのですが、その時の料理がこれです。

もはや、常人には理解できない高みまで到達してしまっているのではないでしょうか?

多くの発明家や天才は、最初は周りに理解されないと聞いた事があります。

あまりにも常人の思考を超越した、行動・言動をするから。

ハルナ・バッ・チーンには、そんな才能さえも感じずにはいられません。

ちなみに、このジャングル料理は、今に始まった事ではなかったようです。

以下は、はるまきこと、ハルナ・バッ・チーンが終演後物販時代に作った手料理です。

なるほど、この頃からすでにある種の才能は持ち合わせていたようですね。

実に独創的で、かつ大胆!

私の見る目がまだ追い付いていないだけだとは思いますが、今のところ、このはるまきご飯の本質が自分には伝わって来ていないのは気のせいでしょうか。

ハルナ・バッ・チーンのWACK合同オーディション2018動画まとめ

■オーディション事前アピール動画■

■伝説の自己アピールタイム■

■伝説の最終アピールタイム■

■「セッ○ス」をするという爆弾発言■

「伝説の」という枕詞を持ってきた意味がお分かりいただけましたでしょうか。

自己アピールで、なぜノ○ソをした等という告白をするのか?

特に、最終アピールタイムの「森のくまさん」は、WACKの歴史の1ページに残る出来事であったに違いありません。

あの「間」を耐えられるのは、ハルナ・バッ・チーン以外にはいないことでしょう。

これをやれるって、相当神経ズ太いか、上記に書いた天才や発明家の類となるのでしょうか。

ハルナ・バッ・チーンのプロフィールまとめ

万を持していよいよ、4月16日(月)にGANGPARADEの新曲「GANG2」のMVも公開されました。

翌日には、お披露目ライブも控えている中での動画公開でした。

いよいよ、GANGPARADEとして本格的始動が始まったハルナ・バッ・チーン。

複雑な家庭環境で育ったが故に、自身で考え行動することをしてきたハルナ・バッ・チーン。

そんな中でアイドルになると決断し受けたのが、WACK合同オーディション。

そこで掴んだものは一体なんだったのか。

これからそれが証明されて行くと思うので、あなたも是非一緒にその目に焼き付けてみませんか?

ところで、ハルナ・バッ・チーンの名前の由来って何なんでしょうね。

「ノ○ソはバッチィ」=バッ・チーン??

関連記事
GANGPARADE新メンバー『月ノウサギ』のどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

◆ハルナ・バッ・チーン公式ツイッター◆

スポンサーリンク


 



GANGPARADE新メンバー『月ノウサギ』のどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

2018年4月16日深夜、GANGPARADEの新曲「GANG2」のMV公開と共に、新メンバーである「月ノウサギ」と「ハルナ・バッ・チーン」(元リソリソ)両名の公式ツイッターも公開となりました。

この2人のお披露目は、2018年4月17日『GANG 2』in ZEPP Divercityでのライブが初となります。

ここでは、WACK合同オーディション2018では「ヨコヤマヒナ」として参加していた、GANGPARADEの新メンバー「月ノウサギ」のプロフィールを詳しく紹介していきます。

参考記事】⇒WACK合宿オーディション2018 参加者メンバー24名決定!

スポンサーリンク


月ノウサギプロフィール

月ノウサギ2WACKオーディション時の名前:ヨコヤマヒナ

誕生日:1999年12月22日(年齢18歳)

身長:162cm

スリーサイズ:B75 W59 H84(自称であり適当だと公言しています)

本名:非公開(本人曰く月野雪がほぼ本名)

好きな漫画:「HUNTER×HUNTER」

嫌いな食べ物:セロリとパクチー(がんばったら食べられる)

好きな言葉:なるようになる、なんとかなる

愛用のリップ:ローラエルシエとエチュードハウスのウォーターリップティント

お気に入りのコスメ:キャンメイクのマシュマロフィッシュパウダー

使っている化粧水と乳液:豆乳イソフラボン

化粧にかける時間:30分~40分

自分の顔で好きなパーツ:目

つぶあん派?こしあん派?:こしあん派

犬派?猫派?:強いて言うなら猫派

中高で告白された回数:1回

部活:高校は1年だけダンス部、中学では吹奏楽部、小学校ではプール

マイブーム:ヨーグルトにはちみつをかけて食べる事。冬のみかん。

アイドルを知ったきっかけ:LADYBABY(黒宮れい)

好きな物語:「黒魔女さんが通る」「若草物語」

2017年の自分なりの流行語:卍

憧れのタイプ:見てもこの人がどんな人生を歩んで来たのかイマイチわからないような不思議で芯のある雰囲気を持ってる人

どんなアイドルになりたいか:偽るアイドルではなく自分の伝えたい想いを伝えられるアイドルになりたい

「これだけは人に負けない!」というもの:自己顕示欲、承認欲求

エピソード1:飲食店のアルバイトで着物を着ているので、自分で着付けができる

エピソード2:元々クセ毛なので、中学の頃から縮毛矯正している

エピソード3:高校2年の沖縄の修学旅行をさぼった

以上、ミスiDの頃からのプロフィールをまとめてみました。

現在は削除されてしまっていますが、月野雪時代のTwitterでは独特の「斜に構えて世の中を見る」的な視点がものすごく印象的でした。

そんな月ノウサギのミスiD時代についても紹介したいと思います。

2018ミスiDで「月のフォトジェニック賞」を受賞

ミスiD 月ノウサギ

ミスiDは現役のアイドルも多数参加している美少女コンテスト、と言えばわかりやすいでしょうか。

webやスマホからもチア(投票)する事で、人気投票が出来る仕組みになっています。
(2018年4月16日現在も「月野雪」にチア(投票)する事は可能なので、気になる方はチアしてみてはいかがでしょうか?)

そのミスiD2018で「月のフォトジェニック賞」を受賞しました。

)ちなみに、ミスiD2018グランプリは「兎遊」。この「兎遊」が所属しいた「終演後物販」というアイドルグループにWACK合同オーディションにも参加していた「ハルナ・バッ・チーン」が所属していました。

月ノウサギのミスiD時代の貴重な動画やインタビュー記事も残っていますので、是非月ノウサギの魅力を紐解いてみてください。

■2018ミスiD月のフォトジェニック賞受賞(月野雪)
⇒ミスiD https://miss-id.jp/nominee/6358
⇒CHEERZサイト https://cheerz.cz/idol/2307
⇒ツイッター https://twitter.com/snow_moonfield(現在は削除されていますが、ヘッダー画像は現在の物と同じものを使用していました)
⇒ツイッターのお題箱 https://odaibako.net/u/snow_moonfield(現在は削除されています)
⇒インスタグラム https://www.instagram.com/snow_moonfield/(現在は削除されています)

■ミスiDセミファイナリスト時インタビュー
こちらの記事に月ノウサギのミスiD時代の詳しいインタビューと画像が掲載されています。
月ノウサギミスiDインタビュー

■ミスiD 2018 月野雪 068 /132 自己PR動画

なんとも初々しい姿が印象的ですね。

スリーサイズが適当だったと、自らの自己PR動画で暴露するっていうのもびっくりです。

■ミスiD2018 68 月野雪 ファッションアピール30秒動画

スポンサーリンク


月ノウサギがミスiDを受けたきっかけは?

菅野結以さんの↓のツイートを見て応募を決意したそうです。
https://twitter.com/Yuikanno/status/864130886404419585

かわいい女の子が大好きで大嫌いだった。

月ノウサギは言っています。

この言葉って深いですね。

LADYBABYの黒宮れいさんを好きになっていろんなアイドルを知って、かわいいアイドルを見るたびに、自分もステージに立ってみたくなって。

ステージに立つかわいい女の子が大好きだけど、今自分はそんなステージに立ててないから、うらやましい=大嫌い、になったのかなぁ。

だから、自分を試してみたくて始めて参加したオーディションが、このミスiDだったんだろうと思います。

そして、見事月ノウサギは「月野雪」として、「月のフォトジェニック賞」を受賞するのでした。

ちなみに、審査員からは以下のようなコメントをもらっています。

<大森靖子>
声と顔の相性とてもよくて素敵です。
人のやりたいことと行動力のバランスみたいなものと自分を比べる必要全く、自分のやりたいことをまっすぐみつめてすすめば、アイドルうまくいくと思います!アイドル的には、どのグループにいても全体を底上げできる人材のように見受けられます。

<菅野結以>
リアルドールなひんやりとした麗しさ。
目があった瞬間から、物語がはじまりそうな。

<佐久間宣行>
可愛い子が嫌いだけど大好きで、自信がないけどあって、意を決して初めてのオーディションに飛び込んできた。面接で見せてくれた、その心の揺れが印象的でした。同世代に共感されるんじゃないでしょうか?

以上、業界の錚々たるメンバーからのコメントですが、大森靖子さんの「どのグループにいても全体を底上げできる人材のように見受けられます。」というコメントが気になるところですね。

月ノウサギはGANGPARADEに何をもたらすのか?

月ノウサギは、GANGPARADEというWACKの中では9人という大所帯のグループの中で、どれだけ自分を曝け出してGANGPARADEをこれまでよりももっと押し上げる事ができるのか。

月ノウサギ本人はWACK合同オーディション2018の頃から、

「死ぬ気で頑張ります」

と、繰り返し言っています。

オーディションに参加した中では、もっとも笑顔が少なかった。

笑わないアイドルをキャッチコピーにするアイドルグループもいますが、月ノウサギの場合は、

「まだ笑わない、笑えない」

というような印象をWACK合同オーディションの頃から受けていました。

自分に納得するまで笑顔は見せられない。

そんな風に、自制心がものすごく強く、誰よりも妥協点が高く、特に自分自身を厳しく律することが出来るのではないでしょうか。

ひとりだと、時にそれが仇となることもあるでしょうが、GANGPARADEというグループにいれば周りのメンバーが助けてくれるし、各メンバーに対しての刺激ともなることでしょう。

結果、GANGPARADEというグループの成長にも繋がるものだと思います。

月ノウサギの加入によって、GANGPARADEがどう成長していくのか?

『大なり小なりの針の山』をどう越えていくのか。

今後もGANGPARADEと月ノウサギから目が離せません!

◆『GANG2』公式MV

◆月ノウサギ公式ツイッター◆

スポンサーリンク


 



BiS-プー・ルイ卒業 あなたが遺した物は何ですか?

2018年3月4日。

東京・両国国技館。

プー・ルイがBiSを卒業。

卒業理由は、「自分にとってBiSは必要でなくなり、BiSにとってもプー・ルイは必要なくなった」から。

ある日、ひょんな事から幼い頃夢中になっていたおもちゃを見つけた。

2014年7月8日から止まっていた時計が再び動き出した。

あの頃を思い出して遊んでみたんだ。

でも、あの頃とは何か違ってそれほど夢中になれなかった。

多分、「それが大人になるってこと」なんだと思う。

ただ、それを認めたくなかったんだ。

それを認めると、なんだか今までの自分を否定するようで。

だから、もう一度燃え尽きるまで、自分が本当に納得するまで走り続けてみたかったんだ。 “BiS-プー・ルイ卒業 あなたが遺した物は何ですか?” の続きを読む

BiS-アヤ・エイトプリンスのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

2016年9月3日、BiS合宿オーディションに見事合格。

2017年5月1日~9月30日の期間限定で、GANG PARADEにレンタル移籍となる。

2017年8月6日に移籍期間の無期限延長が発表される

2018年3月3日にレンタルトレードが解除される。

2018年3月4日に執り行われた【レンタルトレード終了の儀】をもって、GANG PARADEからBiSへ復帰する

簡単な略歴は以上となりますが、一言で言うと、アヤ・エイトプリンスはWACKイチの美人です。

正直、なぜWACK?と思わなくもないくらいの美形アイドルです。

BiS加入以前はモデルもしていたそうですが、そりゃそうでしょうよ。

その美貌を生かすならモデルの仕事を続けていても問題ないんじゃないの?と思っちゃいますよ。

そんなアヤエイトプリンスですが、2017年4月のWACK合同オーディションで、5/1よりBiSからGANGPARADEへのトレードが発表されます。

同時にGANGPARADE所属のカミヤサキがBiSへトレードに。

その時の模様は⇒WACK EXHiBiTiONオーディション合格発表@横浜赤レンガ倉庫

2016年9月のBiSオーディションの時から一際美人キャラとして際立っていたアヤエイトプリンスですが、そんな彼女の魅力についてどこよりも詳しく紹介します! “BiS-アヤ・エイトプリンスのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!” の続きを読む

WACK代表渡辺淳之介版「スパーク」映像4つの注目すべき点とは!?

BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのWACKファミリーによるオムニバスアルバム「WACK & SCRAMBLES WORKS」が12/6にリリースされます。

このアルバムの中から、渡辺淳之介と松隈ケンタのユニット『beat mints boyz』が歌うWACK代表渡辺淳之介版「スパーク」のミュージックビデオがYouTube上で公開されました。

このMVでは、BiSH、BiS、GANG PARADEだけでなく、MV初出演となるEMPiREのメンバーも登場しています。
遂にMVデビューとなったEMPiREにも注目が集まります。

監督は、12/9公開のBiSHのドキュメンタリー映画「ALL YOU NEED is PUNK and LOVE」でメガホンを取ったエリザベス宮地氏が担当。

個人的なWACK代表渡辺淳之介版「スパーク」を見た第一印象は、またまたやってくれたな、と。

WACK界隈を知らない人には全く意味が分からず誰得作品なんでしょうが、清掃員(BiSHファン)や遊び人(GANGPARADEファン)、研究員(BiSファン)からするとそれはもうご褒美がたっぷり詰まった内容となっております。

そんなWACK代表渡辺淳之介版「スパーク」の映像の中で、気になる4つの点をまとめてみました。 “WACK代表渡辺淳之介版「スパーク」映像4つの注目すべき点とは!?” の続きを読む

BiS-カミヤサキのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

恐らく日本で唯一の坊主頭のアイドルと言われているカミヤサキ。

彼女の音楽に対するひたむきな姿勢、ライブでの暑苦しいまでの熱量が研究員(BiSのファンの総称)や遊び人(GANGPARADEのファンの総称)の心をわしづかみにして離さないんです。

一度わしづかみにされたら最後、もうカミヤサキというどこまでもまっすぐで、音楽を誰よりも愛し、毎回最高のライブを更新し続けるアイドルの事を、推さずにはいられなくなる事は間違いありません。

そんなカミヤサキのこれまでの活動内容とプロフィールをどこよりも詳しくまとめました。 “BiS-カミヤサキのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!” の続きを読む

WACK総選挙結果発表!1位チッチ2位アイナ!サプライズはまさかの!?

さぁ、12/30いよいよニコニコ生放送にて、WACK総選挙の最終結果が発表されました!

12/6から始まったWACK総選挙ですが、約3週間に渡る投票期間も終わり、ついに、WACKのNO1が決定します。

事前に予告されていた通り、1位と2位はavexからソロデビューの権利を与えられるという事が決定していましたが、何やらそれ以外にもサプライズがあったようですが、一体何があったのでしょうか?

気になるWACK総選挙の最終結果発表を詳しくお伝えします!

関連記事
【BiSH】WACK総選挙立候補者政見放送がいろんな意味で最強だった件
WACK総選挙最終中間発表!気になる順位は?ソロデビューは誰の手に!? “WACK総選挙結果発表!1位チッチ2位アイナ!サプライズはまさかの!?” の続きを読む

WACK総選挙最終中間発表!気になる順位は?ソロデビューは誰の手に!?

12/6より始まったWACK総選挙もいよいよ大詰め!

1位と2位はavexよりソロデビューが確約されるという超ビッグな企画が開始されて、約3週間。

WACKメンバーそれぞれの政見放送や、Twitterでの動画投稿等、地道な選挙活動を行っていますが、果たして栄冠のソロデビューは誰の手に!?

そんな気になるWACK総選挙の、最終中間発表がされましたので、今一度確認しておきましょう。

ちなみに、WACK総選挙の投票有効期限は、2017年12月27日(水)15時までとなっていますので、それまでに各支持者への投票をお願いします。

■WACK総選挙の詳しい内容は
WACK総選挙遂に開幕!ソロデビュー権獲得の1位・2位を予想します!!
■WACK総選挙政見放送は
【BiSH】WACK総選挙立候補者政見放送がいろんな意味で最強だった件
“WACK総選挙最終中間発表!気になる順位は?ソロデビューは誰の手に!?” の続きを読む

WACK総選挙ポスター~GANGPARADE編~

12/6にWACKのオムニバスアルバム「WACK & SCRAMBLES WORKS」の発売が決定していました。

その中で気になるのが、アルバムの収録曲やアーティストの詳細の発表と同時に、WACK総選挙を行うとの事。

また、WACK総選挙の1位と2位はソロデビューができるというご褒美も付いて来るようです。

その名も「VOTE!!WACK!!」が開催されます。

投票方法は、CDに封入されているシリアルコードを使って、自分の応援するメンバーに投票するというもの。

このWACK総選挙開催を受けて、すでに各界隈ではオリジナルの総選挙ポスターが作成されております。

ここでは、遊び人(GANGPARADEファンの総称)の有志が作成したGANGPARADEメンバーのWACK総選挙ポスター(11/17AM7時現在)を紹介します。

WACK総選挙詳細はコチラ
WACK総選挙遂に開幕!ソロデビュー権獲得の1位・2位を予想します!! “WACK総選挙ポスター~GANGPARADE編~” の続きを読む