最新記事

BiSH-セントチヒロ・チッチの撮った写真画像集作ってみました

BiSHファンの清掃員の方ならご存知かと思いますが、セントチヒロ・チッチといえば、BiSHの中でもカメラが好きだということでも有名です。

ツアー先の長崎では一眼レフを衝動買いしてしまうほどだとか。

そんなカメラ好きのセントチヒロ・チッチですが、時々ツイッターでその写真画像をUPしてくれたりもします。

そこで、2018年のセントチヒロ・チッチの撮った写真画像集を作ってみました。

若干順不同にはなりますが、どれも味のある写真ばかりですので、もし見逃した清掃員の方のための参考になれば幸いです。 “BiSH-セントチヒロ・チッチの撮った写真画像集作ってみました” の続きを読む

【BiSH・BiS】WACK2018親睦会の貴重なレア画像&動画【GANGPARADE・EMPiRE】

2018年6月8日にWACK親睦会が行われました。

BiSH・BiS・GANGPARADE・EMPiREの各メンバーとスタッフさんが参加したようなのですが、その際の画像が超貴重でしたので、ここにまとめてみました。

ひょっとしたら、もう二度とないツーショット・スリーショットがあるかもしれません。

どれもお宝画像であるのは間違いないと思います。

今しか見れないWACKメンバーを、ぜひその目に焼き付けてください! “【BiSH・BiS】WACK2018親睦会の貴重なレア画像&動画【GANGPARADE・EMPiRE】” の続きを読む

BiS-「Don’t miss it!!」MV公開!歌詞や新メンバーの見所を解説します!

2018年7月4日発売のBiS1stとBiS2ndに分裂後初となるシングル「Don’t miss it!!」のMVが2018年6月1日に公開となりました。

CDの発売形態としては、BiS1stが初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3形態。

BiS2ndが通常盤のみで、両チームあわせて4形態でリリースされます。

また先日公表された「BiS.LEAGUE」とは、BiSメンバーをファン投票によってBiS1stとBiS2ndに振り分けるというもの。

「Don’t miss it!!」を購入した研究員(BiSファンの総称)は、封入されているシリアルナンバー付きの「BiS.LEAGUE券」を使って、推しメンに投票できるシステムになっています。

その得票数の1位から5位のメンバーまでが次回BiS1st、6位から10位までのメンバーがBiS2ndにそれぞれ所属することが決まっています。

ということで、ここでは、「Don’t miss it!!」の歌詞や、BiS1st&2nd新メンバーのMVでの見所等を解説していきます。 “BiS-「Don’t miss it!!」MV公開!歌詞や新メンバーの見所を解説します!” の続きを読む

BiSH「Life is beautiful」MV公開!歌詞や見所を紹介します!

2018年3月9日(金)より放送され、真野恵里菜・横浜流星が出演し話題となったdTV×FOD共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」で主題歌となったのが、今回2018年5月29日にMVが公開となったBiSHの「Life is beautiful」です。

今までのBiSHにはめずらしいバラード曲で、ひょっとしたら「ALL YOU NEED IS LOVE」に匹敵する人気となりそうな気もしますがどうでしょうか?

それでは早速、気になる「Life is beautiful」MVの内容や歌詞を紹介していきます。
※6/24追記 ライブ映像が公開されました
BiSH / Life is beautiful [TO THE END @ 横浜アリーナ]

“BiSH「Life is beautiful」MV公開!歌詞や見所を紹介します!” の続きを読む

BiS-ミュークラブのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

2018年3月12日(月)~18日(日)に行われたWACK合同オーディション。

最終日の3月18日(日)に大阪城音楽堂で、BiS2ndの新メンバーとして選ばれたのが、チョウショージメグミ改め、ミュークラブです。

WACK合同オーディションでは、どちらかと言うとそれほど目立つ事もなく、ニコ生投票では下位に甘んじていたミュークラブですが、なぜ彼女がオーディションに合格できたのか?

オーディション内でも露出の少なかったミュークラブですが、面接や自己アピール動画を見るとその理由が少しわかっていただけるのではないでしょうか。

ここでは、合宿オーディション時の様子や、ミュークラブの簡単なプロフィールを紹介していきます。

スポンサーリンク


ミュークラブのプロフィール紹介

チョウショージメグミ2

誕生日:6月21日

出身:福井県

担当:不思議の国

WACKオーディション時の名前:チョウショージメグミ。

あだ名:その容姿から愛子様が定着。

WACKに入ったら?:衣装が好きなのでデザインを考えたりもしたい

習い事:水泳・ピアノ・そろばん(兄の影響)

中学時代の部活:陸上部(走り高跳び)

高校時代の部活:ボランティア部と家庭科部部長を務める

好きなことわざ:猿も木から落ちる⇒得意な人でも出来ないことあるから私にもチャンスがある

好きなアイドル:でんぱ組.incの藤咲彩音

エピソード1:WACK合宿オーディション2018 5日目(4日目夜に脱落) 朝 敗者復活でヒラノノゾムとパプリカでスクワット対決をして勝利

エピソード2:なまりがかわいいのでニコ生でも信者が付く

エピソード3:学生時代休みの前日は夜更かしをして次の日昼に起きて、朝ごはんと昼ごはんを兼用するような生活をしていた

BiS-ミュークラブの合宿動画まとめ

オーディション前動画オーディション前自己アピール動画 
今まで自分の意志で決められなくて回りに流されてきたけど合宿参加は自身の意志で決めた
オーディションに合格して世界と自分を変えたい

1回目自己アピール1回目自己アピール動画 
自分でも影が薄いと自覚があるので、がんばった
今後も自分を信じてがんばる

2回目自己アピール2回目自己アピール動画 
今まで適当に生きてきたので何も出来ない普通の人間になってしまった
普通にコンプレックスを感じていた⇒なにか変わりたいきっかけが欲しい⇒オーディションに参加
スタッフさんに「代わったね」って言われた日に一度脱落した後の救済措置に参加するかどうか迷った
絶対に変わりたいと思って自分で自分の限界を決めちゃだめだと思ったので一生懸命歌って踊った

1回目面談1回目面接動画 
BiSBiSを歌う
スチームパンクが好き
衣装を作りたい
渡辺氏に「意外と肝が据わってるね」と言われる

チョウショージメグミ個人面談2回目面接動画 
スタッフに「代わったね」と言われてうれしくてずっと泣いてる

スポンサーリンク


オーディション合格後コメント

チョウショージとキカ・フロント・フロンタール

合宿で1回脱落したとき、自分は変われていないのかなと思ったんですけど、救済措置のスクワットで限界を出し切ってがんばって、最後に名前が呼ばれて嬉しかったです。

今まで私は適当に生きていて適当に生きていればどうにかなると思っていたんですけど、この合宿で毎日真剣にがんばって受かることができて、努力すれば夢は叶うんだってことが証明できたし、救済措置のスクワットをやってよかったと思います。

私はいまBiS 2ndなんですけど、1stになれるように全力でがんばっていきたいと思います。

BiS-ミュークラブのプロフィールまとめ

カメラの前でしゃべる時は、誰よりもずっとカメラを見て話しています。

それは、自分でこの合宿中にやると決めたから。

その目からは、まだ小さい炎だけど、確実に自信に満ち溢れた希望のような物を感じずにはいられません。

ミュークラブ曰く、「しゃべるのは得意じゃないけど、歌で変われるということを伝えたい。」

どのオーディション候補者も、変わりたいという気持ちは同じ。

その気持ちを伝える手段として、ミュークラブは「目をそらさないこと」を自分に課しました。

その課題は恐らく、この合宿オーディション中は守って来れたと思います。

果たして今後、ミュークラブはどう変わっていくのか?

彼女の歌う歌でどれだけ変われる事を伝えられるのか?

未来への不安も大きいとは思うが、そんなミュークラブの成長物語を、期待に満ち溢れた研究員(BiSファンの総称)にどれだけ見せられるか?

ミュークラブが踏み込んだ世界は途轍もなく広く深い。

その中でどれだけ自分自身を表現できるのか。

今後のミュークラブの活躍に期待したい。

関連記事
BiS1st&2nd新メンバーとアー写解禁!新シングルにプー・ルイの特典も!?
BiS-ムロパナコのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!
BiS-ネル・ネールのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!
BiS-トリアエズ・ハナのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

スポンサーリンク

BiS-トリアエズ・ハナのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

2018年3月12日(月)~18日(日)に行われたWACK合同オーディション。

最終日の3月18日(日)に大阪城音楽堂で、BiS1stの新メンバーとして選ばれたのが、セントチヒロ・テッテ改め、トリアエズ・ハナです。

WACK合同オーディションでは、武士とあだ名を付けられるも若干のうざキャラを発揮しつつその歌声には誰しも魅了された。

そんなBiS-トリアエズ・ハナのBiS加入前の活動や合宿での様子を含め、プロフィールをまとめてみました。

スポンサーリンク


BiS-トリアエズ・ハナのプロフィール

トリアエズ・ハナ
身長:161cm

誕生日:9月25日

担当:カンパイ

オーディション時の名前:セントチヒロテッテ

以前のアイドル活動:なちゅらリウム.vividの南はなとして活動

当時のキャッチフレーズ:東西南北、皆が好きなのは南! なちゅらリウム.vividの末っ子

当時の担当カラー:水色

習い事:中学3年までモダンバレエ

中学時代の部活:演劇部

高校時代の部活:囲碁部、軽音部

最終目標:世界の歌姫

将来の夢:ワールドツアーをする事

エピソード1:オーディションの集団面接の志望動機で「ワールドツアーをしたい」と答えた

エピソード2:大阪での合宿オーディション合格発表には母親が見に来ていた

トリアエズ・ハナの地下アイドル時代動画

なちゅらリウム南はな1
WACKオーディションに参加する以前、トリアエズ・ハナは、なちゅらリウム.vividの南はなとして活動。

以下に動画をいくつか紹介させてもらってますが、いわゆる「地下アイドル」というやつですね。

日本に数多ある地下アイドルのメンバーとして活動していましたが、その活動を辞めてWACKオーディションに参加。

見事その歌声を武器に?オーディションで合格を勝ち取りBiS1stとしてデビューする事となりました。

そんなトリアエズ・ハナのアイドルとしての原点を振り返ってみたいと思います。


⇒元なちゅらリウム.vivid・南はな「ライブ動画」
こういう時代を経験しているからこそ、WACKオーディションでのトリアエズ・ハナは他の候補者よりも、より前へ前へという気持ちが強かったんだろうなぁ、と思わずにはいられません。


⇒チームJK「きみわずらい」
地下感ハンパないですが、この当時からトリアエズ・ハナの歌唱力には秘めてるものを感じずにはいられません。


⇒【LIVE】1月31日Kninarix 初台DOORS【なちゅらリウム.vivid】


⇒なちゅらリウムのガシャポン会館行ってきた!
この感じ、嫌いじゃないです。。。はい。


⇒なちゅらリウムのバレンタイン大放出キャンペーン!!
こういう告知って本当大事だと思います。


⇒【ライブ映像】ダイジョウV/なちゅらリウム.vivid(秋葉原ライブアイドル)
なかなかセクシーな衣装におじさんは釘付けになっちゃいました。すいません。


⇒【ライブ映像】ギンギラハートの数え唄/なちゅらリウム.vivid(秋葉原ライブアイドル)
◆「ギンギラハートの数え唄」豆知識◆
EDM×アイドルで届ける、次世代の盆踊りスタンダードソング。
作詞は、数多くの著名アーティストの作詞を担当する上田起士氏。
作曲は、地下アイドルをメージャーデビューに導いた小松健祐氏、第53回日本レコード大賞新人賞の受賞曲を作曲した松田純一氏とのこと。

こんな記事も見つけました↓
元なちゅらリウム.vividの記事

以上、BiS-トリアエズ・ハナの地下アイドル時代の活動を動画を交えて紹介してみました。

この頃から歌唱力は他メンバーよりも頭ひとつ抜けてる印象ですね。

また、オフショット的動画の中では、その天真爛漫な性格と言えばいいでしょうか、人によっては若干苦手と思われる人もいるかもしれませんが、個人的にはあのグイグイくる感じはアイドルとしての素質を感じずにはいられません。

スポンサーリンク


BiS-トリアエズ・ハナのWACKオーディションまとめ

セントチヒロ・テッテ1
ここでは、WACKオーディションでの、自己アピール動画と面接動画をまとめました。

これを見ればトリアエズ・ハナの魅力の大部分が理解いただけると思います。

また、最後には衝撃の「あの発言」も掲載させていただきました。

本当、WACKってこういうの好きだなぁって、ほくそ笑んでしまう自分がすっかりWACKDDだわ、と思ってしまった今日この頃でした(笑)

トリアエズ・ハナ オーディション前動画トリアエズ・ハナのオーディション前自己アピール動画 
声が大きい、声がよく通ると回りに言われる。
自分の長所をしっかりだして頑張ります。
噛み砕くように、セントチヒロ・テッテと自己紹介しているのが印象的です。

トリアエズ・ハナ 1回目自己アピール動画トリアエズ・ハナの1回目自己アピール動画 

トリアエズ・ハナ 2回目自己アピール動画2回目自己アピール動画 

トリアエズ・ハナ 1回目面接動画1回目面接動画 
【面接内容まとめ】
前のアイドルを辞めた理由
自分が頑張りきれなかった
全部中途半端
今まですごいがんばったことがあんまりない
親戚にあんなの辞めて正解だよって言われてイラッとした
アイドルやめてから他のアイドルを見て、なんで自分は頑張りきれなかったんだろうって思った
もう1回やり直して、口だけで言っていたことを行動で表したい
BiSBiSを歌う⇒うまい!

トリアエズ・ハナ 2回目面談2回目面接動画 
コレサワの「タバコ」とまねきケチャの「きみわずらい」を歌ってますが、とにかく抜群ですね。

こんな声が地下アイドルで眠っていたと思うと、もったいないとしか言えない。

そんな逸材。

まさに「WACKオーディションで発掘した」と言っても過言ではないでしょう。

ひょっとしたら、トリアエズ・ハナは通常の応募枠ではなく、後日募集が発表された歌唱枠からの応募だったのかなぁ。

この歌声はWACKの財産になりそうな、出来る事ならBiSHのアイナ・ジ・エンドやGANGPARADEのヤママチミキとの共演を早くも見てみたい気がしますが、いかがでしょうか?

■おまけ■
トリアエズ・ハナの食レポテッテの食レポと思いきや、まさかの発言が!? 

BiS-トリアエズ・ハナのオーディション合格後コメント

合格者発表で「名前を呼んでくれっ!」ってずっと思っていたので、名前が呼ばれたときは本当に嬉しかったです。

私は器用貧乏というか、歌とかダンスとかふわっとできちゃうタイプで、今まであまりがんばったことはなかったんですけど、きつくても足をあげるとか頑張れば人に伝わるっていうのがわかった合宿でした。

最初ニコ生でも嫌われていたけど、だんだん「テッテうるさい」っていうのが(愛)みたいに伝わっていったのが嬉しくて。

これからもたくさんの人に想いを伝えていきたいし、BiS 1stにしてもらったので、落ちないように気を引き締めてがんばります!

BiS-トリアエズ・ハナのプロフィールまとめ

地下アイドル時代を経験し、周りにはアイドルを否定されて来たものの、自信の信念を貫きWACKオーディションに参加。

その座り方のかっこいい様から「武士」とあだ名を付けられ、どんどん前へ前へ出て来る様に、ちょっとウザいと言われ、それでもめげずにしっかり自分を持ってアピールしたWACKオーディション。

持ち前の歌唱力をしっかりアピールし、WACK代表渡辺氏のみならずニコ生視聴者も虜に。

言い過ぎかもしれませんが、恐らくアイナ・ジ・エンドと双璧を為す歌唱メンになるのではないでしょうか?

トリアエズ・ハナは、歌う事で「表現者としてのさらなる成長」を見てみたい、と思わせる何かを持っていると感じずにはいられません。

過大評価が過ぎるかもしれませんが、数年後大化けしてる未来が見えて来るのは私だけ?

関連記事
BiS1st&2nd新メンバーとアー写解禁!新シングルにプー・ルイの特典も!?
BiS-ムロパナコのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!
BiS-ネル・ネールのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!
BiS-ミュークラブのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

スポンサーリンク


 



BiS-ネル・ネールのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

2018年3月12日(月)~18日(日)に行われたWACK合同オーディション。

最終日の3月18日(日)に大阪城音楽堂で、BiS1stの新メンバーとして選ばれたのが、オレンジコバンパイア改め、ネルネールです。

ここでは、WACKオーディション時の様子や、過去のレイヤー時代のBiS-ネル・ネールのプロフィールを紹介していきます。 “BiS-ネル・ネールのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!” の続きを読む

BiS-ムロパナコのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

2018年3月のWACK合同オーディションでは異彩を放ち、他のどの候補者よりも個性が際立っていたアユナ・Cことムロパナコ。

ニコ生人気投票では常に上位をキープし続け、その独特の世界観にはWACK代表渡辺氏より特別にジャングルポイントが加算されるなど、2018年のWACKオーディションでもっとも注目を集めたのがムロパナコでした。

2018年6月にはBiS2ndとしてデビューすることとなったムロパナコですが、オーディション時は一体どんな活躍をしてきたんでしょうか?

ここでは、そんなアユナ・Cことムロパナコのプロフィールを紹介します。 “BiS-ムロパナコのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!” の続きを読む

BiS1st&2nd新メンバーとアー写解禁!新シングルにプー・ルイの特典も!?

いよいよ2018年7月4日BiSのNEWシングル『Don’t miss it!!』がリリースになります。

そのNEWシングル『Don’t miss it!!』のアーティスト写真が遂に公開されました!

アーティスト写真公開と同時に、お待ちかねの新メンバーの名前とTwitterアカウントも解禁された。

果たして、どんなネーミングとなったのか?

新シングルにはプー・ルイ特典もあるそうです!

早速、BiS1stとBiS2ndのメンバーから紹介します!!

スポンサーリンク


BiS1stメンバー紹介

20180515 BiS1stアー写
◇パン・ルナリーフィ / @PANLUNA_BiS 
◇ゴ・ジーラ / @GOZEELA_BiS 

【新メンバー名紹介】
20180515アー写
◇トリアエズ・ハナ / @TORiAEZ_BiS ⇒元セントチヒロ・テッテ 

20180515アー写
◇ネル・ネール / @NELNEHRU_BiS ⇒元オレンジコバンパイア 

BiS1stには、元セントチヒロ・テッテことトリアエズ・ハナ、元オレンジコバンパイアことネル・ネールが加入。

トリアエズ・ハナといえば、WACKオーディションではセントチヒロ・テッテとしてその歌声が注目され、また背筋を伸ばした座り方で「武士」という謎のあだ名を与えられました。

また、オレンジコ・バンパイアことネル・ネールは、その独特の雰囲気が鳥居みゆきにも似ていて、オーディション中には相当コアなオタクが付くこととなりました。

Twitterフォロワー数での事前人気ではネル・ネールが少しリードといったところでしょうが、歌唱力ではトリアエズ・ハナに軍配かと思うので、今後のパフォーマンス次第でどちらもさらなる人気となりそうですね。

BiS2ndメンバー紹介

20180515 BiS2ndアー写
◇ペリ・ウブ / @UBU_BiS 
◇アヤ・エイトプリンス / @AYAPRi_BiS 
◇キカ・フロント・フロンタール / @KiKAFRONT_BiS 
◇YUiNA EMPiRE(※BiS所属ですが、名前/Twitterは変わらず) / @YUiNAEMPiRE_BiS 

【新メンバー名 / Twitter】
20180515 アー写
◇ムロパナコ / @MUROPANA_BiS ⇒元アユナ・C 

20180515アー写
◇ミュークラブ / @MEWCLUB_BiS ⇒元チョウショージメグミ 

BiS2ndには、元アユナ・Cのムロパナコ、元チョウショージメグミのミュークラブが加入。

アユナ・Cのムロパナコって、もしかしてアユナ・Cが合宿で「ムロツヨシ」が好きって言ってたから?

まさか、そんな理由で名前を付けたりしないよね??

とにかく、アユナ・CはWACKオーディションでハルナ・バッ・チーンとともに見せた、ジャングルパワーをひとりになってどれだけ発揮できるのか。

そこに期待して見てみたいと思います。

ミュークラブは、WACKオーディションではとにかく「目をそらさないこと」

これが印象的でした。

オーディションに応募した動機は他の候補者と変わらない内容でしたが、その目は他の誰とも違ってまっすぐ前を見つめているように見えました。

その固い意志を、BiS2ndでどれほどのパフォーマンスとして発揮できるか、これからの活躍が楽しみです。

スポンサーリンク


NEWシングルの特典にプー・ルイが!?

 WACK合宿オーディションの結果として、3月18日に大阪城音楽堂にて開催された【WACK EXHiBiTiON】で、新メンバー6名が加入。(ガミヤサキは辞退)

それと同時に「BiS1st」と「BiS2nd」の2チームに分かれることが発表されました。

さらに、EMPiREからYUiNA EMPiREがBiS2ndへ完全移籍。

NEWシングル『Don’t miss it!!』は、このBiS1stとBiS2ndが2チームに分かれて、カップリングを含めた同じ曲を歌唱しています。

アーティスト写真も対照的で、BiS1stは「光」、BiS2ndは「闇」をそれぞれ表しているようにも見えます。

まさに、1軍2軍のJリーグ方式というのは、こういった所にも取り入れられているのですね。

そして気になるのが、BiS1stの初回生産限定盤AのBlu-rayボーナス特典に収録されてるとされるプー・ルイのドキュメント。

初回生産限定盤BのDVDには、プー・ルイオーディオコメンタリーで出演との事。

最後の両国国技館での密着ドキュメンタリーのような感じになるんでしょうか?

プー・ルイファンならずとも、WACKスレイブはマストバイとなりそうですね。

<リリース情報>
▼BiS1st
シングル『Don’t miss it!!』
2018/07/04 RELEASE
<初回生産限定盤A (CD+Blu-ray+Photobook(50P)+ポストカード(25枚))>
CRCP-/ 10,000円(tax out.)
<初回生産限定盤B(CD+DVD)>
CRCP-/ 3,800円(tax out.)
<通常盤(CD)>
CRCP-/ 1,000円(tax out.)

【CD(初回限定生産盤A/B、通常盤共通)】
1.Don’t miss it!!
2.TiME OVER
3.Don’t miss it!! instrumental
4.TiME OVER instrumental

【2CD(初回生産限定盤A)】
・2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』@東京・両国国技館 ライブ音源

Blu-ray(初回生産限定盤A)】
・2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』@東京・両国国技館 ライブ映像
・Making Of BiS 2ND BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??  The Last Day Of Pour Lui
・Photobook
・ボーナス映像

【DVD(初回生産限定盤B)】
・2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』ライブ映像
※渡辺淳之介&プー ・ルイによるオーディオコメンタリー収録

▼BiS2nd
シングル『Don’t miss it!!』
2018/07/04 RELEASE
発売日:2018年7月4日
<通常盤(CD)>
CRCP-/ 1,000円(tax out.)

【CD】
1.Don’t miss it!!
2.TiME OVER
3.Don’t miss it!! instrumental
4.TiME OVER instrumental

スポンサーリンク


 



モモコグミカンパニーがWACKオーディション2018で語った深イイ話

2018年春、恒例のWACK合同オーディションが行われました。

このオーディションには、厳正なる事前審査を通過したメンバー24名と、WACKからはBiSHのモモコグミカンパニー、BiSのパン・ルナリーフィ、BiSのペリ・ウブ、GANGPARADEのキャン・GP・マイカの4名が参加するとなりました。
合宿の詳細はコチラ⇒WACK合宿オーディション2018 参加者メンバー24名決定!

このWACKオーディションの中では、参加メンバーの個別の自己アピールタイムがあります。

その自己アピールタイムなのですが、合宿参加メンバーは当然の事ながら、すでにアイドルデビューしているWACKメンバーも行います。

この自己アピールタイムでのモモコグミカンパニーの言葉が、本当に素直でまっすぐで、文字通り等身大の女の子がアイドルになって抱いた本気の気持ちだったので、文字に起こしておきたいと思います。

オーディション参加メンバーよりもさらに強いプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも苦悩する、アイドルの本音を吐露する、今回の合宿の一番の見所だと個人的には思っています。 “モモコグミカンパニーがWACKオーディション2018で語った深イイ話” の続きを読む