【2021年】BiSHの掲載雑誌まとめ【完全保存版】

BiSH
BiSH

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

ここでは、2021年にBiSHが掲載された雑誌をまとめています。

 

そんなにいっぱいすすめられても、ちょっとお財布に余裕がないなぁ・・・という人は、↓のAmazon kindle unlimitedなら無料で一部紙面とグラビアが見れちゃいますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

2021年1月7日 音楽と人 2月号

 

アイナ・ジ・エンドインタビューあり。

 

WEB版インタビューは↓
https://ongakutohito.com/2021/02/03/ainatheend_interview/

 

2021年1月25日 GQJAPAN 2021年3月号

created by Rinker
¥1,210(2021/10/18 09:41:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

■ENTERTAINMENT -DIVA DEBUTS

 

作詞作曲し、ソロデビューするアイナ・ジ・エンド

 

2021年1月27日 GIGS 2021年3月号

created by Rinker
¥980(2021/10/17 17:15:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

巻頭特集

 

“終わり” という名の“始まり”を描く初ソロ作『THE END』、その創造性に迫る

 

アイナ・ジ・エンド
Part.1 Long Solo Interview
Part.2 2020.12.24 “REBOOT BiSH” Live Report

 

2021年1月28日 装苑 2021年3月号

 

表紙 アイナ・ジ・エンド

 

特集 伝えること、つながること。

 

◆ アイナ・ジ・エンド はじまりのひとり舞台

 

2021年1月29日 ロッキングオンジャパン 2021年3月号

 

●アイナ・ジ・エンド
全曲自作による初のソロアルバム『THE END』完成。今その胸中にある新たな覚悟とは? 

 

2021年2月1日 biS 3月号

 

今月はアイナが登場です!

 

アイナ・ジ・エンド×ダンス

 

2021年2月5日 音楽と人 3月号

 

アユニ・D(PEDRO)のインタビューと素敵な撮り下ろし写真が掲載!

 

2021年2月15日 COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト) 2021年 3月号

 

【特集】 WACK クリエイティブの全て

 

BiSH、BiS、EMPiRE、豆柴の大群、PEDRO、 GO TO THE BEDS、PARADISES、WAggなど、多くの人気グループを抱える芸能プロダクションWACK。

 

フォトグラファー、映像ディレクター、アートディレクター、クリエイティブディレクターなど、WACKを語る上で欠かせないクリエイターに話を聞いて、そのクリエイティブワークの謎に迫る。

 

●WACKと写真

鈴木 親/YAMA 山添雄彦/守本勝英/稲垣雄治

 

●WACKと外林健太

最新アーティスト写真紹介。 外林さんによる撮影コメントとインタビューを掲載。

 

●WACKとアートワーク

アートワーク制作者へのインタビューとともに、これまで発表されたCDジャケット、ポスターを振り返る。 田中秀幸/YOSHIROTTEN & SHINYA HANAFUSA/柴谷麻以

 

●WACKとMV

選りすぐりMVの制作秘話をディレクターにインタビュー。 山田健人/大喜多正毅/田中秀伸/エリザベス宮地 ほか

 

●WACKと配信ライブ

今年1月に配信された「BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN」収録の様子をレポート。総合演出 山田健人へのインタビューとBiSHからのメッセージも掲載。

 

●スペシャル対談:渡辺淳之介 ? 権八成裕

 

2021年2月26日 VOGUE JAPAN 4月号

 

『VOGUE JAPAN』4月号(2021年2月26日発売)には、「新世代の表現者たちが今、感じること」という企画がある。

 

歌手、ダンサー、シンガーソングライーのアイナ・ジ・エンド(BiSH) をはじめ、ダンサーでモデルのアオイヤマダが、東京を背景に舞う姿を撮り下ろし、内面に迫るインタビューをした。

 

2021年3月26日 CHRONiCLE BiSH

 

本書には、メジャーデビュー以降の「ほぼ全作品」インタビュー、メンバーが語る「BiSHの12曲」セルフライナーノーツインタビュー、6人が半生を語った2万字インタビュー×6、今や伝説となったリモート撮影表紙のオフショットなど未公開写真も一挙掲載。さらに、全工程終了振り返り座談会&この単行本のために撮りおろした最新フォトを収録します。

 

初期から追いかけてきたファンから、最近BiSHを好きになった新たなファンまで、全清掃員を必ず満足させてみせます。気付けば全576ページまでふくらんだ超特大ボリューム! 上限なくコンテンツを詰め込むノーガードスタイルで作る「決定版BiSH本」、ぜひともご期待ください!

 

2021年3月27日 装苑 5月号

 

「私が好きな、古くて新しいものやこと」企画にアイナ・ジ・エンドが参加しています。

 

2021年3月30日 ロッキング・オン・ジャパン 2021年5月号

 

BiSH全員インタビュー掲載!

 

“攻めるBiSHの「今」と新曲の話、そして奇跡の特大単行本、ついに完成! というわけで、6人でいろいろ話します”

 

2021年3月31日 anan 2244号

 

「古着を楽しむ」企画にリンリンが登場です!

 

2021年4月1日 bis 5月号

 

BiSH連載の今月号はリンリンが登場です!

 

2021年4月1日 BRUTUS 4月15日号

 

猫特集でセントチヒロ・チッチとチッチの愛猫ハクと坊ちゃんが登場!

 

2021年4月9日 SENSE(センス) 2021年5月号

created by Rinker
¥1,821(2021/10/17 13:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

SENSEマガジンにハシヤスメ・アツコが登場!

 

洋服選びのこだわりや愛用のTシャツとデニムの紹介などをさせていただきました!

 

2021年4月21日 Mgirl 2021SS

 

各界で話題を独占する楽器を持たないロックバンドBiSHより「アイナ・ジ・エンド」Special Shooting

 

2021年4月27日 GiGS (ギグス) 2021年6月号

 

約1年間に渡ってお届けしてきたアユニ・Dの初心者ベース講座も今号で最終回。

 

皆様からたくさん頂いた質問に、スペースの許す限り応えてもらいましたので、是非一読を。

 

2021年6月1日 bis(ビス) 2021年 7月号

 

「bis7月号」のBiSH連載

 

今月はハシヤスメが登場!!

 

The Style of BiSH Own vol.05 ハシヤスメ・アツコ

 

ハシヤスメ・アツコ

ハシヤスメ・アツコ

 

2021年6月29日 Maybe! vol.11

created by Rinker
¥880(2021/10/17 23:20:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

特集は「究極の選択」

 

■表紙 アイナ・ジ・エンド(BiSH) “究極”のシチュエーションでアイナ・ジ・エンドが選ぶ至極のファッション!

 

2021年6月30日 ROCKIN’ON JAPAN 8月号

ロッキング・オン・ジャパン 2021年 08 月号

 

アイナ・ジ・エンドがインタビューで登場!

アイナ・ジ・エンド、「嘘」を語る。

新曲“ワタシハココニイマス for 雨”とA_oとして歌った“BLUE SOULS”

2曲をめぐる思い、そして今につながる心の最深部を語る。

 

2021年7月27日 GiGS (ギグス) 2021年 9月号

 

破壊と創造の決意に満ちた4thアルバム『GOiNG TO DESTRUCTiON』の深層
BiSH
Chapter-1 セントチヒロ・チッチ -CENTCHiHiRO CHiTTiii-
Chapter-2 アイナ・ジ・エンド -AiNA THE END-
Chapter-3 モモコグミカンパニー -MOMOKO GUMi COMPANY-
Chapter-4 渡辺淳之介 [WACK代表取締役/BiSHプロデューサー] Another Chapter BiSH meets ZOOM iQ6 & iQ7
Chapter-5 ハシヤスメ・アツコ -HASHiYASUME ATSUKO-
Chapter-6 リンリン -LiNG LiNG-
Chapter-7 アユニ・D -AYUNi D Chapter-8 Let’s Play BAND SCORE「STACKiNG」

スペシャル・ポスター付き

 

2021年8月2日 別冊カドカワ 総力特集 日比谷音楽祭2021

 

『日比谷音楽祭』出演ミュージシャンが語る「音楽の未来」とは 2019年に、音楽プロデューサー・亀田誠治が中心となり、日比谷を拠点とする企業が多く参加する実行委員会とともに立ち上げた「日比谷音楽祭」。

2020年は新型コロナの影響で中止になったが、今年、2021年5月29日、30日に無観客生配信で開催。表紙を飾るのは、亀田誠治を中心にTAKURO(GLAY)、アイナ・ジ・エンド、上妻宏光、YOYOKA。本フェスのテーマである「フリーで誰もが参加できるボーダ―レスな音楽祭」に共感した、ジャンル、世代を超えたアーティストたちが集結し、撮り下ろし!さらにカバー裏では、出演全アーティストの面々が並ぶ。

もちろん、中身も充実!KREVA×MIYAVI、たなしん×みのミュージックの特別対談をはじめ、TAKURO(GLAY)、アイナ・ジ・エンド、ホリエアツシ(ストレイテナー)、武部聡志、上妻宏光、新妻聖子……のスペシャル・インタビューも収録。

また、いきものがかり、Little Glee Monster、YOYOKAをはじめとした出演アーティストからのメッセージも収録。ミュージシャンたちの「今の想い」が詰まったこの1冊。ぜひ手に取ってほしい。

 

2021年7月30日 ROCKIN’ON JAPAN 9月号

BiSH

BiSH

 

 

●別冊 BiSH 『GOiNG TO DESTRUCTiON』SPECiAL!!!!!!――ソロインタビュー×6で送る新作全曲解説!

 

2021年8月11日 GINZA(ギンザ) 2021年9月号

GINZA 9月号

GINZA 9月号

 

 

スペシャル企画「BiSHと破壊のエトセトラ」

 

2021年8月16日「NEPENTHES in print #18」

 「NEPENTHES in print」

「NEPENTHES in print」

 

好きなことを仕事に選んだそれぞれの分野の達人たちの “趣味/ライフワーク” を特集した 「for ME, MYSELF AND I」 の第三弾。

各界のアーティストやクリエイターが自身の言葉で語った “趣味/ライフワーク” の世界を、 豊富な写真とともにお届けします。

 

購入は↓から
NEPENTHES in print公式HP 

 

2021年8月25日 GQ JAPAN (ジーキュージャパン) 2021年10月号

gqjapan

gqjapan

 

■ENTERTAINMENT -POWER OF LIVE 「ライブはBiSHの生きる力」

 

BiSHのインタビューありです。

 

 

2021年9月27日 GiGS (ギグス) 2021年 11月号

PEDRO

PEDRO

 

一大企画『3ピース・バンド最高説』では結成の経緯から音作りのこだわりなど…3人だからこその魅力をお聞きしています。

 

PEDROインタビューあり。

 

 

2021年9月28日 装苑 2021年 11月号

装苑 2021年 11月号

装苑 2021年 11月号

 

『装苑』2021年11月号にリンリンが登場。

 

“1番のお気に入り”アイテムを紹介してくれます

 

装苑 2021年 11月号

 

※以下随時更新中

 

各年まとめ

【2016年-2019年】BiSHの掲載雑誌まとめ【完全保存版】

 

【2020年】BiSHの掲載雑誌まとめ【完全保存版】

 

※無料のAmazon kindle unlimited版は↓でまとめています。

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました