【感想】『LING LING wo FUCK and FUCK』リンリンの新たな魅力を垣間見た!(内容・ネタバレ小)

リンリン
リンリン

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

BiSHのメンバーは全部で6人。

 

アイナ・ジ・エンド

セントチヒロ・チッチ

モモコグミカンパニー

ハシヤスメ・アツコ

アユニ・D

 

そして、BiSHの無口担当リンリン

 

アイドルグループでの活動としては、今やアリーナツアーも成功させるBiSHですが、それぞれソロでの活動も行っています。

 

シングルデビューしたり、いろんなアーティストとコラボしたり・・・。

 

そんな中、BiSHのリンリンにスポットライトをあてた小冊子『LING LING wo FUCK and FUCK』が、2020年1月20日に発行されました。

 

これは数量限定の通販のみでの販売でしたので、現在店頭等で購入する事はできません。

 

以下では、残念ながら『LING LING wo FUCK and FUCK』を手に取れなかった方のために、少しだけ内容を個人的な私の感想ともに紹介したいと思います。

 

有料商品&数量限定品ですので、ネタバレは少なめになっていますがご了承ください。

 

 

スポンサーリンク

 

『LING LING wo FUCK and FUCK』商品情報

リンリン

リンリン

 
発売日:2020年1月20日 第1刷発行
編集・発行人:西澤裕郎
表紙・本文デザイン:外林健太
写真(ファッションストーリー):Taro Mizutani
アシスタント:Shuhei Kojima
写真(スタジオ写真):大橋裕希
スタイリスト:服部晶孝
ヘア:馬場たくや
メイク:山田千尋
企画:株式会社WACK / 株式会社SW
協力:avex
発行元:株式会社SW
印刷・製本:株式会社グラフィック
定価:本体 2000+税

 

見出しタイトル一覧

リンリン

リンリン

 

・鳩について
・虫について
・春画について
・ハロプロについて
・BiSHについて
・ファッションについて
・興味関心について
・対談:服部晶孝×リンリン
・「ピンクウーマン」
・リンリンを作り上げたカルチャー大全(映画・音楽・動画)
・リンリン、生涯の思い出ベスト10
・「アリの町の村長」
・書初め
・「大嫌いだから全部知ってる」
・「1万円で好きな物を買ってください」

 

スポンサーリンク

 

内容について少しネタバレと感想を

写真について

リンリン

リンリン

この記事に張ってある写真は、リンリンのインスタからお借りした画像になります。

 

実際『LING LING wo FUCK and FUCK』に掲載されている写真は、ここでは掲載を控えさせていただきます。

 

ただ、インスタでの画像同様、『LING LING wo FUCK and FUCK』の写真もまさにリンリンをよく表した写真になっています。

 

リンリンって、正直BiSHの中では一番目立たない存在だと思います。

 

だって、無口担当だしね。

 

どちらかという地味、ではある。

 

ただ、内に秘めた「物」は恐らくBiSHの中で一番強いんじゃないかなぁ?

 

「FREEZE DRY THE PASTS」や「Am I FRENZY??」でのライブパフォーマンスを観た事がある人はご存じのはず。

※YouTube参考動画
BiSH / FREEZE DRY THE PASTS [And yet BiSH moves.]@大阪城ホール
BiSH / Am I FRENZY??[NEVERMiND TOUR FiNAL @ ZEPP TOKYO]

 

これほどまでに情熱的で鬼気迫り、自分の中の全部をステージにぶつけてくる姿、それは時に妖艶で芸術的で、また時に甘美でさえもある。

 

『LING LING wo FUCK and FUCK』では、そんなリンリンの魅力が、動画ではなく画像・写真で見事に納められています。

 

本文について

リンリン

リンリン

『LING LING wo FUCK and FUCK』の最初の一文が「鳩について」。

 

有名なエピソードですが、リンリンはとにかく鳩が嫌い。

 

生理的に受け付けないんだそうです。

 

そんなエピソードは過去に何度かされていましたが、ここではそんな鳩嫌いエピソードについて詳しく書かれています。

 

初めて自分の名前を冠した冊子が作られたのに、その最初に嫌いな鳩の話を持ってくるだなんて・・・。

 

リンリンらしいよね。

 

あと、「リンリン、生涯の思い出ベスト10」。

 

本当、リンリンって小さい頃からリンリンなんだなぁって笑っちゃった。

 

子供の頃のエピソードがいくつかあるんだけど、もし自分の娘がこんなだったらしんどいだろうし、心配しっぱなしで目が離せないと思う(笑)

 

リンリンらしいと言えばらしいんだけど、そのまま大人になっちゃった感はあるかな?

 

全体感について

リンリン

リンリン

写真多めです。

 

リンリンの内面がうまく写真で表現されていると思います。

 

撮る方も撮られる方も本当に一流なんだろう、という素人的な感想で申し訳ないです。

 

ただ、リンリンがこれほどまでに表現者として成長して来られたのは、やっぱりBiSHとしてのアイドル活動をして来たからなんだろうなぁというのは、改めて感じます。

 

昔は、本当にしゃべらない、ガチで無口担当な感じはあったし、何か秀でて得意なものもなかったように見えた。

 

でも、今は自分の存在に価値を見出して、それを表現する事が出来るようになって来ているんだと思う。

 

きっとアーティストとして目覚めちゃったんだろうなぁ。

 

本人に自覚はないかもしれないけど、今までBiSHの成長段階においてただひたすらにパフォーマンスをしていた。

 

そんな中、周りのメンバーの成長を見ながら自分を見つめ、自分に何ができるのか?

 

そういった事を考えながら行動し、今行き着いた答え。

 

それが全部この『LING LING wo FUCK and FUCK』に詰め込まれている、と言っても過言ではないだろうと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

リンリン

リンリン

過去には、アイナ・ジ・エンドの『AiNA wo FUCK and FUCK』が2019年8月26日に刊行され、今回はリンリンの『LING LING wo FUCK and FUCK』でした。

 

残りのメンバー4人もこのシリーズやってくれるのかなぁ。

 

アイナ・ジ・エンドの時もそうでしたが、これまで知らなかったBiSHメンバーの一面を知られる、本当に貴重な一冊です。

 

数量限定というのが残念ではありますが、ぜひあなたにも手に取ってみてほしい。

 

きっとリンリンの事、BiSHの事がもっと好きになるはずですです。

 

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
タイトルとURLをコピーしました