BiSH-ニコニコ超会議2017- 超音楽祭に出演!

ニコニコ超音楽祭

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

いよいよ始まった「ニコニコ超会議2017」。

 

そんな中、4/30(日)「ニコニコ超音楽祭2017」に、BiSHのメンバーが出演しました。

 

いつものライブとは違い、清掃員「以外の」観客も多数いたと思われます。

 

果たして、そんな若干アウェー感漂う会場でBiSHはどんな活躍をしたのでしょうか?

 

「ニコニコ超音楽祭2017」の模様をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

ニコニコ超音楽祭-BiSH-セトリ

 

1:BiSH-星が瞬く夜に
2:プロミスザスター
3:OTNK
and トーク

 

一曲目は清掃員にはお馴染みの【BiSH-星が瞬く夜に】。

 

BiSHの中でも一番盛り上がるのがこの曲。

 

BiSH清掃員以外の観客のためにも、BiSHの代名詞でもあるこの曲を披露。

 

二曲目は、2ndシングルの【プロミスザスター】。

 

アイナ・ジ・エンド曰く、「今のBiSHを全て詰め込んだ曲」との事。

 

これもBiSHを知ってもらうにはベストチョイス。

 

そして、ラストはまさかの?「OTNK」。

 

賛否両論あるかと思います。

 

なぜ「オーケストラ」じゃないのか。

 

その選択肢もあったとは思いますが、「BiSHらしさ」という意味ではこれもあり、ですね。

 

BiSH-星が瞬く夜に-


セントチヒロ・チッチ

 

「ここからはBiSHの時間だーー!!」

 

このシャウトから一気に清掃員もテンションMAX。

 

BiSHメンバー全員の、会場を全部かっさらってやろうという気持ちが、ビシバシ伝わってきました。

 

BiSHのメンバー、この日は何かが違う。

 

こう、何か鬼気迫るものさえ感じる。

 

ダンスの動きが違う。

 

いわゆる、キレてる。

 

誰が見ても分かるほど、キレてる。

 

今日、全部、出し切る。

 

もう分かりやすいくらいに全部伝わってくるのが、BiSHの良い所。

 

特にアイナ・ジ・エンドのダンスが目を瞠った。

 

ダンスの次元が違った

 

他のメンバーも気合十分のダンスだったんだけど、どこか違う。

 

「あのー、私たち今日、勝ちに来ました!勝ちにきました!私たちがBiSHだーーー!!」

 

鬼気迫るとか、キレてる、ではなく。

 

 

神がかっている。

 

とでも表現すればいいだろうか。

 

ダンスの技術やセンスが、等と言うつもりはない。

 

そうではなく、彼女の「覚悟」のようなものさえ、その舞う姿から感じられる。

 

アイナ・ジ・エンドを突き動かす「それ」って一体何ですか?

 

 

BiSH-プロミスザスター


二曲目は「プロミスザスター」。

 

MV動画のyoutube再生回数は、すでに300万回超え。
※注:2020年5月現在1500万回超え

 

ここでもアイナ・ジ・エンドが光る。

 

他のメンバーが輝いていないのではなく、黄色い光と白い光と言えばいいのか。

 

人が黄色い光でしか輝けないのに、アイナ・ジ・エンドという生命体は白く発光する。

 

黒を白に染める光

 

そんな神々しささえも、感じてしまった。

 

その神がかったシャウトの末、アイナ・ジ・エンド転倒

 

 

一瞬、飛んだ。

 

と思う。

 

左足をあげたままスゥーって感じだったから。

 

だが、すぐさま起き上がりまだ唄い続ける。

 

 

さらに、見ていた清掃員は気付いたと思うけど、アイナ・ジ・エンドだけいつもと明らかに振り付けを変えていた

 

意図してだとは思うが、自身のソロパートの時ステージの前方へ出てパフォーマンス。

 

彼女が唄う歌詞以外に

 

届け、届け、聞いて、聞いて、見て、見て、もっと、もっと

 

そんな声がどんどん刺さってくる。

 

言葉が、声が、突き、刺さってくる。

 

文字通り、「送り人」にでもなるつもりか?

 

それとも、アイドル=idol=偶像崇拝と言うならば、神格化されるとでもいうのだろうか?

 

 

BiSH-OTNK-

 

アイナ・ジ・エンドの「鎮火」とリンリンのシャウトから火蓋が切られた。

 

ここでも息をつかせず畳み掛ける。

 

OTNKで顕著に感じたのが、アユニ・Dのダンスの上達ぶり。

 

 

恐らく練習した時間=自信に繋がっているんだと思うけど、本当うまくなってるっていうのが素人目にも分かる。

 

自分のダンスに自信を持てるようになって、前、を見て踊れている。

 

自信を持って立ち居振舞える人って、すぐに分かるし伝わる。

 

何を伝えたいかが分かってくるようになると、より清掃員との距離も縮まってくるんじゃないかなぁ。

 

最後はアイドルグループらしからぬ、いつものヘドバン。

 

新規の方や初見の方は必ず驚くはず。

 

私も最初、驚きました。

 

ニコニコ超会議でのヘドバンも相変わらずのキレだったようです。

 

 

そして、ラストはいつものコレ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

BiSH-トーク-

 

熱いステージの後には、MCとの短いトークがありました。

 

まずは自己紹介を~の流れから、セントチヒロ・チッチの自己紹介が始まりました。

 

とそこで、見逃せないアクシデントが!?

 

「これでも彼女は二人まで担当」のところで、指をピースで二本出すところを、なぜか一本??

 

 

その後すぐに修正。

 

 

この間、わずか0.5秒程。

 

もしかして、やっぱり彼氏は一人が良いと思ってる、って事なんじゃなかろうか。

 

頭では分かっていても、体は嘘が付けないようですね。(意味深)

 

そして、いつもの自己紹介を一通り終え、MCから

 

「次回ニコニコで企画をするならどんなのがいいですか?」

 

という質問に、なぜかハシヤスメ・アツコ姉さんは

 

「世界旅行に行きたい」

 

との事。

 

うん、通常運転ですね(笑)

 

これまでマラソンやら合宿やらでしんどい企画が多かった。

 

なので、もうちょっと優しい企画をやりたい。

 

つまり、それをハシヤスメ・アツコ風に言うならば

 

「世界旅行に行きたい」

 

翻訳するとこうなります

 

最後は、セントチヒロ・チッチが

 

 

この告知をしっかりして、幕を閉じました。

 

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました