【またやった!!】HOLY SHiTS「WACK is SHiT」の歌詞やMVのアレがすごすぎる!   

スポンサーリンク
聖糞 ロゴ

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

またやっちゃいましたね・・・。

BiSH、BiS、GANGPARADE、EMPiREを擁するWACK事務所から、新ユニットHOLY SHiTが結成されました!

そのHOLY SHiTS(ホーリーシッツ)の新曲のタイトルがなんと!

「WACK is SHiT」(ワックイズシット)!!

意味は日本語で翻訳すると、「WACKはクソ」。

この、新ユニットHOLY SHiTSの「WACK is SHiT」ですが、歌詞もMVもなかなかのクソっぷりなんです。

それなのに、2018年8月4日開催のライブイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」で、初ライブを披露するみたいですよ。

本当、事前にWACKの謝罪本配っといてよかったですね、としか言えないです(笑)

ちなみに、HOLY SHiTの意味は、日本語訳では「神聖なたわごと」となるそうです。

映画「ショーシャンクの空に」では、すげぇ!なんてこった!という意味で使われています。

それでは、HOLY SHiTS「WACK is SHiT」の一体どのあたりの歌詞やMVが○○すぎるのか、見ていきましょう!

スポンサーリンク


HOLY SHiTS「WACK is SHiT」の気になるメンバーは?


↑HOLY SHiTS「WACK is SHiT」MV

今回発表されたHOLY SHiTの気になるメンバーは以下の6人です。

20180523 セントチヒロ・チッチ

ペリ・ウブ

トリアエズ・ハナ

ムロパナコ

  • GANGPARADE-キャン・GP・マイカ

キャン・GP・マイカ

MAHO EMPiRE

WACKの各グループから個性豊かなメンバーが選抜された訳ですが、個人的に気になるのが、トリアエズ・ハナとムロパナコの起用でしょうか。

BiSの新メンバートリアエズ・ハナは、BiSリーグでもダークホースとしてその歌唱力にも注目されているので、こういった企画ユニットもありだと思います。

トリアエズ・ハナがさらに露出する事で、BiSの人気UPに繋がると思います。

問題はムロパナコかな(笑)

恐らく、曲のタイトル「WACK is SHiT」のコンセプトとムロパナコの持つ独特の例のジャングルワールド?が、しっかりマッチしたので、今回のHOLY SHiTS参加となったのではないでしょうか?

このメンバーでのTIF2018の出場も決まっているとの事なので、今年のTIFもWACKから目が離せませんね。

HOLY SHiTS「WACK is SHiT」のMVが地上波完全NGな件


MVでは、自身のブツを皿に乗せているシーンもありましたが、相当やばくないですか?

こんなMV絶対地上波NGですよね?

先日公開されたBiSH「NON TiE-UP」も、MVと歌詞がとんでもない事になっていましたが、このHOLY SHiTSの「WACK is SHiT」もなかなかですね。

本当に初見殺しというか、これをWACKの予備知識なしで見た人はどう思うんでしょうか?

もはや新規のファンを獲得するためではなく、なんだかアイドル業界に対するアンチテーゼというか、WACKのスタンスをひたすら誇示するためのMVだったり歌詞だったりするような気もしますがどうでしょうか?

HOLY SHiTS「WACK is SHiT」の歌詞も地上波完全NGな件

HOLY SHiT歌詞もやばい
曲のタイトルも「WACK is SHiT」というなかなかダメなタイトルではありますが、歌詞の内容もなかなかな内容となっています。

歌詞全文は⇒コチラ

ちなみに、作詞はWACK嫌男さんだそうですが、恐らくWACK代表の渡辺氏の事かと思われます。

で、気になる歌詞を見てみたいのですが、

WACKクソすぎです
半端ないクズです

こんな歌詞や

HEY!HEY!HEY!
わかりませんね
どうしようもないwatanabe

社長の名前をdisるっていうね(笑)

WACKクソすぎです

クソみたい事務所だ
洗脳まがい事務所です

こんな歌詞の曲を公開できるWACKが大好きでたまらないのですが(笑)

そしてトドメが・・・

WACK is SHiT
FUCK MC’S
FUCK myself
One two sex
LOVE in shit

もう、言いたいだけじゃないの!?

WACK代表渡辺氏は、Twitterでもよくこういった、ちょっぴりお下品な言葉をツイートされていますが、本当好きなんでしょうね。

いろんな見方が出来るとは思うのですが、あまりまじめな事ばかりやりすぎて、それがある一定世間から評価されつつある事が恥ずかしくて仕方ない。

だから、こういった曲を世に放つ事で、自身の羞恥心を覆い隠しているようにすら感じるのですが、これはあまりにも穿った見方かなぁ。

こういうのを素直にまっすぐ楽しめずに、ちょっと斜に構えて見てしまうのは、私の悪い癖かもしれません。ごめんなさい。

スポンサーリンク


実はHOLY SHiTS「WACK is SHiT」のダンスがいろいろオマージュしている件

HOLY SHiTダンス
ところで、HOLY SHiTSの「WACK is SHiT」のダンスを見て何か気付きませんでしたか?

そうなんです。

ダンス、パクってますよね!?(笑)

失礼しました。

オマージュされてる部分多くないですか?

気付いた範囲だと

EXILE「Choo Choo TRAIN」
モーニング娘。「恋愛レボリューション」
ゴールデンボンバー「女々しくて」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」

まぁ、いろいろWACKらしいと言えばWACKらしいのですが。

オマージュというよりも、恐らくリスペクトと言った方がいいのかな?

あと、歌詞は若干スキャットマンに寄せてる部分もあったりしますよね?

そんなHOLY SHiTS「WACK is SHiT」はフりーダウンロードできるようなので、気になる方は↓からどうぞ

フリーダウンロードは⇒コチラ

HOLY SHiTS「WACK is SHiT」がTIFでまた旋風を巻き起こすのか?

前回のSAiNT SEXはどちらかというと、WACKを世に知らしめるための実力派による、ストレートなユニットだったのですが、今回のHOLY SHiTSはこっち路線となっております(笑)

何かと話題に耐えないWACKですが、HOLY SHiTSは今年のTIFでライブをするそうです。

SAiNT SEXも、プー・ルイが抜けた代わりにBiSのゴ・ジーラが加入する事で、新生SAiNT SEXとしてのライブを披露予定。

「WACK presents DREAMLIGHTS in TIF」として、アイナ・ジ・エンド×松隈ケンタも出演するし、ガングロでソロデビューしたユイ・ガ・ドクソンしかりで、とにかく2018年のTIFはWACKで盛り上がる事間違いなしですね!

スポンサーリンク


清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
BiSHを応援するブログ書いてます。
個人的な妄想も相当盛り込まれていますが、そこはご容赦くださいませ。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする