BiSH「I’m waiting for my dawn」のエピソードやチッチの歌詞への想いとは?

BiSH
BiSH

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

「I’m waiting for my dawn」(アイムウェイティングフォードーン)は、2020年7月22日発売のメジャー3.5thアルバム「LETTERS」の7曲目に収録されています。

 

「I’m waiting for my dawn」の意味は“夜明けを待っている”です。

 

作詞:セントチヒロ・チッチ、作曲:松隈ケンタ、編曲:SCRAMBLES。

 

チッチの音楽への想いを込めた歌詞と、この曲へのちょっと面白エピソードを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

アイーンって言ってる?

気になってる人も多いと思います。

 

初めて聴いた時に、

 

「あれ?アイーンって言ってる?」

 

って思いましたよね?

 

そのBiSHメンバーの独特な歌い方をする部分について、インタビューで以下のようにエピソードを語っています。

 

ちなみにこの曲の「手と手合わせたい」の「たい」の言い回しが「アイーン」っぽいというか、ちょっと誇張して弾む感じですよね?

リンリン そうです。

──これも松隈さんのディレクション?

リンリン ……。

モモコ あれ? 最初リンリンが弾んで歌ったんじゃなかったっけ?

リンリン 私がその歌い方でやってみたら、松隈さんがほかの人にそういうふうに指示を出して。……でも私のテイクは選ばれなかった(笑)。

モモコ 松隈さんよりリンリンが先に発案したっていうのが面白いですよね。

──なんでこういう歌い方になったんでしょう?

リンリン え? なんでだろ。

アイナ たぶん無意識にやってるんですよ。で、松隈さんが「それいいねー」ってなって、「“たいーん”ってもうちょっと強調して言ってみて」みたいにディレクションが入っていったのかな。今回リンリンはいつになくレコーディングをめちゃめちゃがんばってて。今だから話せるけど、昔は特に英語の歌詞とか覚えられないと思ったら、Aメロを全部捨ててサビだけがんばって歌えるところを歌うみたいな人だったのに。今回めっちゃ練習してきていて、歌の変化を明らかに感じました。たぶん松隈さんもそういう部分を察したんでしょうね、リンリンの歌を全部いいふうに捉えてくれていました。じゃあもうちょっとこうしてみよう、ああしてみようって、リンリンにいつもより多くディレクションしてるのを見たので。リンリンがそうやって生み出してたんですけど。……なんで選ばれなかった(笑)。

リンリン (笑)。

引用元:音楽ナタリー様より 

 

リンリンかわいそ過ぎ。。。

 

でも、これきっかけで、これまでよりも歌に対する姿勢が変わってきそうな気もするので、リンリン的にはよかったのかもしれませんね。

 

個人的には、アッちゃんのアイ~ンは未だにツボですけどね(笑)

 

チッチが歌詞に込めた想い

――凄く温かい曲調ですけど、テーマの指定はあったんですか?

チッチ「細かい指定はなかったんですけど、私はこのアルバムの捉え方が、私たちと一緒に歩んできた清掃員の存在が大きい作品だと思っていて。だから、もちろん自分のルーツになった音楽のことやこの期間で感じたことも入ってますけど、いちばんは清掃員とBiSHの絆、積み重ねてきたみんなとの時間を思って書きました。1時間とかで書き終わった曲で、ホントに素の気持ちというか」

――あまり考えずに。

チッチ「考えすぎるとちょっとカッコつけてダサくなるんですよ、私の歌詞は(笑)。だから、暑苦しくてもそのまんまの思いを書くほうがこのアルバムにも合うなと思って、あんまり難しく考えずに、いままでのライヴの思い出や、自分の脳味噌の中にある光景を凄く浮かべながら書きました。自分がいちばん清掃員と一緒になってるなって感じる部分なので、“サラバかな”の落ちサビから歌詞を入れたいなって思って〈これからも共に時を縮めると約束したの〉って書いてて」

――そういう意図なんですね。

チッチ「大事な曲だからこそ後悔したくないんで、レコーディングで〈ここの歌割はずっと最初から歌い続けてきた結成メンバー3人から選ばれたら嬉しいです〉って伝えて、松隈さんもそれを受けて歌割を考えてくれたり。けっこう思い入れがあります」

引用元:mikiki様インタビューより 

 

↑以外にも、「ギターを抱えたおじさん達の歌声」という歌詞があります。

 

これは、今まで自分が救われてきた唄歌いの人への思いを書いたそうで、恐らくそれはサンボマスターや銀杏BOYZなんだと思います。

 

実にチッチらしいというか、音楽へのリスペクトと清掃員への感謝の気持ちがぎっしり詰まった、本当に心に染みる歌詞になってます。

 

歌詞全文は↓
I’m waiting for my dawn-歌詞

 

モモコグミカンパニーコメント

ホントにチッチらしいストレートな歌詞だなと思いましたし、この曲を聴いてすごく救われるなって思える歌詞がちりばめられていて。

自粛期間にチッチが、メンバーや清掃員に対して思った感情を全部ストレートに出した曲になっています。

引用元:音楽ナタリー様より 

 

まとめ

今回のアルバム「LETTERS」は、本当に今のBiSHの等身大のアルバムと言っていいかと思います。

 

「スーパーヒーローミュージック」がアユニ・Dの曲ならば、この「I’m waiting for my dawn」はセントチヒロ・チッチの曲と言っていいかと思います。

 

音楽業界においてもこのコロナの影響は計り知れません。

 

音楽やエンターテイメントの世界は、嗜好性もあり後回しにされがちですが、やっぱり音楽がないと人は生きていけないんだと思う。

 

だからこそ、チッチはあんな歌詞を書いたんだと思うし、音楽への感謝と大切さを伝えたかったんだろうなぁ。

 

そう思うと、またひとつBiSHと清掃員にとって大事な曲がひとつ生まれたってことなんじゃないかな。

 

メジャー3.5thアルバム「LETTERS」詳細

■BiSH Major 3.5th Album「LETTERS」
発売日:2020年7月22日(水)

【形態】
●初回生産限定盤 BOX仕様
AL+LIVE CD2枚組+Blu-ray+写真集(100P)
品番:AVCD-96529~31/B
価格:\10,000(+tax)

 

●DVD盤 AL+DVD
品番:AVCD-96532/B
価格:\5,800(+tax)

 

●CD盤 AL
品番:AVCD-96533
価格:\2,000(+tax)
初回仕様:有(詳細未定)

【全国CDショップ特典付】 BiSH LETTERS 【初回仕様】(CD)

 

【収録内容】
●ALBUM ※3形態共通
「TOMORROW」(TVアニメ「キングダム」オープニング・テーマ)
「ぶち抜け」(テレビ東京系ドラマ24「浦安鉄筋家族」エンディングテーマ)
「co」(リアル脱出ゲーム「夜のゾンビ遊園地からの脱出」テーマソング)
上記3曲+新曲4曲収録の全7曲

●LIVE CD2枚(22曲) ※初回生産限定盤収録
-2020.01.23 NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL at NHK HALL

●Blu-ray ※初回生産限定盤収録
NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL NHKホールでのライブ映像完全収録
-2020.01.23 NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL at NHK HALL
(メンバーによる副音声収録)
-Music Video「TOMORROW」

●DVD ※DVD盤収録
NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL NHKホールでのライブ映像完全収録
-2020.01.23 NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL at NHK HALL

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました