BiSH-KNAVE-歌詞やその意味とは!?作詞: モモコグミカンパニー × JxSxK

スポンサーリンク

「BiSH-KNAVE-」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd AlbumKiLLER BiSH」の7曲目に収録されています。

同アルバムの中でも、ハードチューンから急にスローテンポで叙情的な曲へと変化する。
「KiLLER BiSH」の中でもアクセントとなる一曲です。

ところで、タイトルの「KNAVE」の意味が気になりませんか?

そこで、BiSH-KNAVE-の歌詞やyoutubeの動画と共に、その意味も調べてみました。

スポンサーリンク


BiSH-KNAVE-歌詞

作詞: モモコグミカンパニー × JxSxK
作曲: 松隈ケンタ

悪いことと良き行い 区別がつかないんだ
oh 良いことに体毒され自分失うのは嫌なんだ

まだ分からないな 罪と罰 この言葉の意味を
君は本当に知っていると言えるかな

君に送る 傷あと残さないナイフ 愛も変わらず
空は雲で 埋め尽くされてるけど 僕と君だけは。。。

悪いことは本当にさ 悪いことなんですか?
ごみの分別みたいに綺麗には行かないはずさ ねえそうでしょう

まだ分からないの この道が ずっと進んだ先に
何があるのかを知っているのまだ言えない

君に願う 美しく生きてて欲しい 相も変わらず
空は青で 埋め尽くされてるけど 空回る神様

そうだここはほら、昔来たきっとあの場所なんだ
だけど思い出が何ひとつも浮かばない

君に願う たくましく生きてて欲しい 相も変わらず
さっきの風 どこかへ消えてゆく けどけど

君に送る 傷あと残さないナイフ 愛も変わらず
空は雲で 埋め尽くされてる けど僕と君だけは。。。

空を自由に飛びたいな

BiSH-KNAVE-youtube動画

BiSH-KNAVE-の意味

さて、何はともあれ気になるのが、この「KNAVE」という意味ではないでしょうか?

少し調べてみたところ・・・

《KNAVE読み方》ネイブ
《KNAVE意味》1.トランプのジャック 2.ならず者 3.身分の卑しい人

「KNAVE」とは、英語ではこういう意味のようです。
トランプのジャックも意味し、タロット占いなんかでも使われます。
ちなみに、ドイツ語では「KNAVE」は少年を意味するそうです。

作詞はモモコグミカンパニーとJxSxK氏ですが、もしかして英語の方じゃなくて、ドイツ語の少年という意味なんでしょうか?
まさか、モモコグミカンパニーって、英語だけじゃなくてドイツ語も出来ちゃうの??

歌詞のセンスもあるし語学もできるって、本当にモモコグミカンパニーの才能ってすごい!

ということで、「KNAVE」の意味を少年ということで、この「KNAVE」の歌詞を改めて見てみるとどうでしょうか。

主語は「僕」の一人称で表現されています。
「KNAVE」の意味が少年ということであるならば、この一人称の「」というのも納得ですね。

そして、この曲には「」も登場してきます。

BiSH-KNAVE-はポジティブな意味なのか?

基本的に歌の歌詞っていうのは、ベースにポジティブなのか、ネガティブなのかの2パターンがあると思います。

そう思うと、この「KNAVE」はどっちなんでしょう。
ちょっと考察してみます。

まず、「KNAVE」には「僕」と「君」が登場します。

そして、一番気になるこの部分。

>君に送る 傷あと残さないナイフ 愛も変わらず
>空は雲で 埋め尽くされてるけど 僕と君だけは。。。

《傷あとを残さないナイフって?》
別れの言葉?体に傷は残らなくても、心には傷あとを残す?

《空は雲で埋め尽くされてるけど僕と君「だけ」は?》
⇒ってことは、雲のような何かで隔てられる事がない、ということ?
 つまり、ふたりは愛情か何かで結ばれている?

さらに・・・

>君に願う 美しく生きてて欲しい 相も変わらず
>空は青で 埋め尽くされてるけど 空回る神様

なぜかこの時点で、「君」は傍にいないことになってる。
そして、空は青だけど、神様が空回るって事は、「君」と「僕」はもう別れてしまったという事だろうか。

そして、最後は・・・

>空を自由に飛びたいな

はい、いわゆる現実逃避というやつです。

ということで、まとめると・・・

1.「僕(KNAVE)」と「君」は近しい距離間での付き合いがあった。
2.何かの理由で別れてしまう。
3.「僕」は「君」に対して未練を残している。
4.「僕」は「君」に対してたくましく生きてて欲しいと願う。
5.「僕」は別れの現実を受け入れられず、現実逃避をしている。

「KNAVE」全体の意味としては、こんな感じでしょうか?
真相は、モモコグミカンパニーとJxSxK氏しか分かりませんが、機会があればその意味を聞いてみたいものです。

さて、あなたには、この「KNAVE」の歌詞の内容はどう映りましたか?

スポンサーリンク


BiSH-KNAVE-まとめ

セントチヒロ・チッチは、インタビューの中で、

「KNAVE」は、聴いていて“優しいけど切ない”歌詞をモモコが書いてて、考えながら聴いていると勇気をもらえる曲だなって思います。
心にスッと入ってくるんですよ。
このアルバムは強い曲が多いですけど、それを緩和してくれている感じです。
出典元:http://shop.mu-mo.net/st/special/bish_1609/index02.html?jsiteid=mumo

と、語っています。

確かに、BiSHの中でも珍しい、パンクでもロックでもない、かといってバラードかって言われるとそうでもない曲ですよね。

セントチヒロ・チッチも言っていますが、何とも切なくてメランコリックな気持ちにさせる曲ではありますが、どこか抒情詩的で、BiSHのダンスを見れば、時に牧歌的な雰囲気さえも感じさせる、何とも不思議な曲です。

つまりは、この「KNAVE」を聞くひとりひとりによって捉える歌詞の意味も雰囲気も変わってくる
そんな一曲なのかもしれませんね。

関連記事
BiSHの歌詞・コールまとめ
作品紹介一覧TOP
メンバー紹介一覧TOP

スポンサーリンク


 



清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
BiSHを応援するブログ書いてます。
個人的な妄想も相当盛り込まれていますが、そこはご容赦くださいませ。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする