BiSH-TOUMIN SHOJO-その歌詞や以外な読み方とは!?

「TOUMIN SHOJO」は、2015年5月27日発売BiSH-1st Album「Brand-new idol SHiT」の8曲目に収録されています。

 

この「TOUMIN SHOJO」の作詞は、デビュー前になぜか脱退してしまった、今や伝説のBiSHメンバーユカコラブデラックスが担当しています。

 

「MONSTERS」以外にも、ライブでは今でもこんなに盛り上がれる曲の歌詞を提供してくれていたんですね。

 

「TOUMIN SHOJO」は、そのステージでのパフォーマンスも話題となる、BiSHらしい一曲です。

 

スポンサーリンク

 

BiSH-TOUMIN SHOJO-歌詞

作詞: ユカコラブデラックス
作曲: 松隈ケンタ

歌詞詳細はコチラ
BiSH-TOUMIN SHOJO-歌詞

 

BiSH-TOUMIN SHOJO-YouTube動画

 

この動画を見れば、まだライブ会場でこの「TOUMIN SHOJO」を聴いた事がない清掃員の方にもその雰囲気は伝わると思います。

 

YouTubeの動画では日比谷の野音だったのでセキュリティーの男性が捕まってましたが、通常のライブハウスでは実際に清掃員をステージへ上げて、あのパフォーマンスをされます。

 

最近ではライブであまりセトリに入ることのなくなったこの曲ですが、当時は清掃員が全裸にされる事もあったとか!?

 

BiSH-TOUMIN SHOJO-その意味と読み方は!?

タイトルの「TOUMIN SHOJO」。

 

日本語に直すと「冬眠少女」?

 

歌詞の中に出てくるのは「透明少女」?

 

「透明」(とうみん)少女って読めば、タイトルの「TOUMIN SHOJO」も腑に落ちるかな。

 

そしてさらにややこしいのが、このタイトルの「TOUMIN SHOJO」の読み方です。

 

公式は「とうみんしょじょ」です。

 

「とうみんしょうじょ」ではなく「とうみんしょじょ」なんです。

 

ユカコラブデラックスが歌詞を提出した際には「とうみんしょうじょ」だったらしいのですが、渡辺さんが「とうみんしょじょ」に変更したんだそうです。

 

もし出来る事なら、この辺の歌詞の真意をぜひ、ユカコラブデラックス本人に聞いてみたいところですね。

 

※TOUMIN SHOJO収録のアルバムは↓

 

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました