カイジューバイミー初ライブの様子をレポートします!

カイジューバイミーライブ20221213
カイジューバイミーライブ20221213

ども、怪獣96号(@Kaiju_No96 )です。

 

基本的にWACK以外のライブに足を運んだことはないのですが、ひょんな事からカイジューバイミーというアイドルのライブに行って来ました。

 

こういう時って、我ながらほんとにフットワークが軽い事にびっくりするくらいです笑

 

という事で、以下ではカイジューバイミーのライブに初めて行った感想等を書き殴りつつ、まだライブハウスに行ったことないんだけど。。。というような人のためにも、ライブハウスって?みたいな事をお伝えできればと思います。

 

スポンサーリンク

 

カイジューバイミーのライブに行ったきっかけは?

カイジューバイミー

カイジューバイミー

 

そもそもカイジューバイミーを知ったきっかけは、BiSHや豆柴の大群の所属する音楽事務所WACK代表渡辺さんのツイートでした。

 

 

2022年12月8日。

 

突然の渡辺さんのツイートに思わずリンク先のYouTube動画をクリックしていました。

 

カイジューバイミーというアイドルグループの「熱帯魚」というMVでした。

 

カイジューバイミー 『熱帯魚』 Music Video

 

この4分少々のMVにやられちゃいました。

 

スタンド・バイ・菜月のボーカルにバチバチにやられました。

 

その後他のMVもかたっぱしから漁って、apple musicでアルバム「純白BY ME」もヘビロテしました。

 

このあたりの詳しい内容は↓の記事を参考にしてみてください。

 

 

我ながらチョロオタだなと思わざるを得ないのですが、MV観て音源を聴いて、

 

めっちゃカイジューバイミーのライブ観てみたいやん!!

 

と、相成った次第でございます笑

 

で、こういう時はなぜかフッ軽な私なので、早速カイジューバイミーのライブに足を運んでみました。

 

カイジューバイミーを知って、1週間後にはライブハウスにいるっていうね。

 

その行動力たるや、自分でもびっくりです。

 

で、気になるライブの様子ですが・・・

 

カイジューバイミーのライブはどうだった?

カイジューバイミー

カイジューバイミー

 

ひとことで感想を言うならば・・・

 

 

ライブ終了後、すぐに次のライブチケットをゲットしていました。

 

あっという間の30分だったし、とにかく熱量の高い本当に熱いライブでした!

 

今日の箱は「澁谷近未来会館」というまだ出来て1年あまりの新しいライブハウス。

 

オールスタンディングでMAX300人の箱なので、手を伸ばせばそこにカイジューバイミーのメンバーがいるくらいの距離感。

 

なので、ライブ中は各メンバーとよく目が合いました!(そんな気がするオタクあるあるかも!?)

 

肝心のライブですが、

 

このパフォーマンスをこの距離で観られるのってそう長くはないのでは?

 

と思わせられました。

 

えっ、どういう事?と、思いますよね。

 

さくっと解説します。

 

まず何より楽曲が良い!

 

アルバム「純白BY ME」の曲全12曲。

 

純白BY ME<純白の白盤>

 

1曲目のSEと12曲目のオルゴールverを抜いて全10曲。

 

当たり前ですが、どれもハズレがない!

 

どれもパンクでロックでオルタナでピュアでエモーショナルな曲ばかり!(語彙力!)

 

そして、何よりカイジューバイミーのメンバーが良いんです!

 

4人それぞれに個性があって、その個性が絶妙に化学反応を起こしてステージで爆発!

 

振付けも、いわゆるアイドルのかわいいだけの振付けではなく、そこにストーリー性を感じるものになっていて、観る者を虜にする。(一部の曲は、元GANGPARADEのカミヤサキちゃん振付け!)

 

思わず目で追いかける。

 

メンバーと目が合う(合った気がする)

 

ドキッ&キュンッ!(キモい!)

 

気が付いたら、自分の両手が肩より上に上がってフリコピしたりクラップしたりしてました笑

 

自分は他のアイドルの現場はWACK以外は知らないので、そんな人間が言っても何の説得力もないでしょうが、時期に恵比寿LIQUIDROOMのステージに立って、あっという間にZeppへ。

 

そして、あれよあれよと言う間にアリーナのステージへ。

 

いつしかチケットも取れないグループになって行くんだろうなぁ、なんて未来まで感じてしまいました。

 

では、カイジューバイミーメンバーのそれぞれはどうだったのか?

 

カイジューバイミーのメンバーはどうだった?

全体感では、伸びしろしか感じないし、その伸びしろが無限大だという事は間違いないと思います。

 

じゃあ、カイジューバイミーのメンバーそれぞれどうだった?という点について少しだけ。

 

※以下、敬称略。

 

スタンド・バイ・菜月

スタンド・バイ・菜月

スタンド・バイ・菜月

 

Twitter:@standby_natsuki 

 

カイジューバイミーで一番に惹かれたのが、スタンド・バイ・菜月。

 

とにかく、彼女のハスキーボイスが良きです。

 

この声は好きな人は、ほんと好きになると思います。

 

こればっかりは説明ばかり聞いても仕方ないと思うので、↓のMVを見てみてください。

 

カイジューバイミー『無人島カルテット 』Music Video

 

『無人島カルテット 』という曲ですが、冒頭のスタンド・バイ・菜月の声でビビっと来たならその感覚は間違いありません。

 

迷わずスタンド・バイ・菜月を推しましょう。

 

で、今ならライブハウスに行けばその声を手の届く距離で聴く事ができます。

 

生で聴いた感想は、

 

マジで震えっぞ!?

 

まるで、長州力の「飛ぶぞ?」くらいの感じの震えっぞ?って感じです笑

 

こればっかりはこれ以上例えようがないので、実際に現場に行ってその体で、耳で感じてみてください。

 

とにかくおすすめです!

 

あと、これは怒られるかもしれませんが、私の最初の印象は欅坂46の元メンバー平手友梨奈さん的な雰囲気を感じてたんですが、ライブで拝見させてもらったら全然印象が変わりました。

 

やや斜に構えて見えるけど、時々見せるその笑顔にキュンとしちゃうんですよぉ。

 

まぁ、ぜひご自身の目で見てくださいませ。

 

 

スタンド・バイ・ミーア

スタンド・バイ・ミーア

スタンド・バイ・ミーア

 

Twitter:@stand_by_mea  

 

もうあれですよ。

 

良いライブを観た後ってね、語彙力が減りません?

 

配信とかやってたみたいですが自分は見れてないし、その素の部分とかはまだあまりよく分かってはいませんが、スタンド・バイ・ミーアは、初見の彼女のイメージはクールな感じでした。

 

Twitterの自撮りなんかも、どちらかと言うと感情を表に出す感じではなく、自然体で表現するタイプなのかなぁと思っていたら・・・

 

まぁ、ライブはパワフルなんですってば!

 

おっとりしっとりの可愛い系かと思いきや、ステージではパワフルで、持ってるエネルギーを全開放!

 

常に界王拳10倍状態です。

 

なんならライブ中はずっとスーパーサイヤ人並みに逆立ってたんじゃないかって思うくらいでした。

 

他のメンバーもそうだけど、全力投球ってこれだよな!って思わせるパフォーマンスを見せてくれました。

 

 

スタンド・バイ・エレナ

スタンド・バイ・エレナ

スタンド・バイ・エレナ

 

Twitter:@stand_by_erena  

 

カイジューバイミーに所属する前にもアイドルをされていたようで、月並みですが、

 

まぁ、かわいいです。

 

ふっつ~~~にかわいいです。

 

その華奢な体のどこからのそのパワーは出てくるの?と問いたいくらい。

 

逆に、体の線が細すぎて、もはや親心を持ってしまって、

 

ちゃんとご飯食べてる?

 

って心配になっちゃった。

 

ファンの中には、そんな彼女だからこそ支えたくなる、なんて人もいるんじゃないかな?

 

あと、これは、スタンド・バイ・ミーアとスタンド・バイ・エレナに共通して言えるんだけど、ステージが狭く感じて仕方ない!

 

とにかく二人ともパフォーマンスが大きくて、オルスタ300程度の箱では小さすぎる!

 

横浜アリーナの花道を全力で駆け抜けてる映像が脳内再生されてしまうくらいの躍動感

 

を感じました。

 

ある程度身長もあるし、線が細くて長いのでそう感じただけかもしれませんが、思わずそんな風に感じさせるくらいの天賦の才能みたいなものさえも感じさせられました。

 

 

スタンド・バイ・華希

スタンド・バイ・華希

スタンド・バイ・華希

 

Twitter:@stand_by_hanaki 

 

華希と書いて「ハナキ」と読みます。

 

スタンド・バイ・華希は10年以上のダンス経験があり、それを得意としています。

 

そして、

 

とにかく周ります!

 

くるくる、ぐるんぐるんステージで周ります!

 

気のせいかもしれませんが、くるくる周ってました!

 

なのに、体幹がしっかりしているせいか、まぁブレずに周っておりました。

 

そしてなによりスタンド・バイ・華希のもっとも大きな特徴は、

 

とにかくファンの目を見てライブをしてくれる事

 

これに尽きると思う。

 

ライブ中、ずっと客席に目を配ってくれてた(ハズ)

 

オタク特有の補正は入ってるかもしれませんが、100回は目が合った(ハズ)

 

まじでオタクホイホイだと思われ兼ねませんが、最低100は合ってたはず(アッテナイカモシレナイ)

 

でね、その目がほんと可愛いんだってば。

 

もうねぇ、ほんと娘を見る目でしか見れないのよ。

 

こんな小柄な子が全力でパフォーマンスをして、ファンの目をしっかり見ながら歌って踊って周れるのよ!?

 

すごくない!?

 

いや、マジ泣けて来て・・・。

 

そんな目線で観られても・・・と思うかもですが、ファンサービスをすごく意識しつつ、そこに感謝の気持ちを込めてパフォーマンスしている姿は一見の価値ありです!

 

 

スポンサーリンク

 

ライブハウスってルールが分からないし怖い?

分かったよ、カイジューバイミーがすごいのは分かった。

 

けど、

 

ライブハウスとか行ったことないし、なんだかちょっと怖いイメージあるんだけど大丈夫かな?

 

そんな不安を持ってたりしません?

 

ちなみに、今日行った「澁谷未来会館」はこんな感じです。

※澁谷近未来会館HPは⇒https://kinmirai-kaikan.com/

 

渋谷駅から徒歩10分弱かな。

 

Google マップ

 

入口はこんな感じです。

 

東京近未来館

東京近未来館

 

はい、不気味な入口ですね。

 

間違ってもひとりでは入ろうと思いませんよね。

 

あっ、ちなみに、自分は基本ぼっち参戦なので、ひとりで勇気を振り絞って行きましたよ笑

 

で、階段を下りていくと・・・

 

東京近未来館

東京近未来館

 

扉が開いてるだけましですが、その先に足を進めることをためらいそうな雰囲気を感じます。

 

なんだか、チャイニーズタウン的な、ちょっと古いかもですが、映画「スワロウテイル」の舞台となった円街(イェンタウン)的な感じです。

 

フロアMAPがHPにUPされています。

 

東京近未来館

東京近未来館

 

物販等と書かれた部分で受付を済ませます。

 

ライブハウス特有の1ドリンク制です。

 

1ドリンク600円なのですが、600円でピック(ギターを弾く時に使うあのピック)の形をしたドリンク引換券と交換します。

 

ここではピックの形をしていますが、ライブハウスによってはこのドリンク引換券がコインだったりもします。

 

このドリンク引き換え用のピックを持ってカウンターに行くと、ドリンクが1杯無料でもらるというシステムです。

 

そして、いざ会場へ入ります。

 

入って目の前にステージがあります。

 

ステージ

ステージ

 

雰囲気ありますよね。

 

この雰囲気がまたライブを盛り上げる要素としてひと役買ってる感じでした。

 

見た目は若干勇気は必要かもしれませんが、入ってしまえばそうでもないです。

 

あっ、あとロッカーもあったりするので、荷物を入れておくこともできます。

 

ただ、ライブに来る際は、基本的には荷物は最小限にしておくのがいいかなと、思います。

 

とは言え、仕事帰りの人もいると思うので、こういったロッカーがあるのは助かります。

(ただし、このロッカーを使っている人はあまりいない説は多いにあります^^;)

 

カイジューバイミーのライブの客層は?

カイジューバイミー

カイジューバイミー

 

ライブハウスの雰囲気は分かったけど、

 

結構客層はあぶない系の人たちがいるんじゃないの?

 

と、思ってたりしませんか?

 

大丈夫、安心してください。

 

みんな見た目は普通の人ばかりでした。

 

かくいう私も40過ぎのただのおっさんですし、若い方も多かったですが、普通の社会人っぽい人も多く見受けられました。

 

見た目アナーキー的なそんな人は少なくともいなかったので、ちょっと怖いイメージを持たれてるとしたら、そんな事は全然ないので安心してください。

 

ちなみに、男女比は、今日に関して言えば、9.5:0.5 くらいだったかな?

 

これはアーティストによっても違うのでなんともですが、全くゼロではなかったので、女性の方も安心してもらってもいいんじゃないかなと思います。

 

振付けとか覚えて行った方がいい?

カイジューバイミー

カイジューバイミー

 

初めて行くアーティストのライブで気になるのが、

 

振付けとか覚えて行った方が良いのかな?

 

とか思いません?

 

大丈夫です。

 

その場で周りに合わせてれば、一切問題なしです!

 

勝手に体も動くし、少々間違えようが問題ありません。

 

むしろ、誰もそんなの気にしてないし、確かにフリコピ完璧にして、カイジューバイミーメンバーと息ピッタリで演じ切れたら気持ちいいかなぁとは思います。

 

思うけど、ライブの楽しみ方は人それぞれなので、不安であれば周りに合わせればいいだけなので、何も不安に思う事はないですよ。

 

ちなみに、声出し(メンバーの名前を呼んだり)は可ですが、MIX(タイガーファイヤーとかのやつ)は現状行われていません。

 

これについては、メルクマール祐Pも言及しています。

 

 

なので、ひと昔前のような、演者よりもオーディエンスが目立つ、みたいな事は一切ありません。

 

あと、会場の端で地蔵(動かずにパフォーマンスを楽しむ派)の人もいたし、マサイの人(垂直飛びする人)もいましたよ。

 

ほんと、ファンみんながライブの雰囲気を大事にしてるなぁっていうのはひしひしと感じた良いライブでした。

 

あとあと、

 

ライブ中の撮影録音は禁止

 

です。

 

一部、運営からOKが出た場合だけ可能になる事もあるみたいなので、そこはカイジューバイミー公式Twitterをチェックしてみてください。

 

まとめ

また機会があったら・・・

 

カイジューバイミーのライブに行ってみようかなぁって思ってる方に伝わりやすいように書き綴ってみましたが、少しでも雰囲気伝わったかな?

 

そんな方にひとつだけ忠告?させていただくなら、

 

その「またの機会」は来ないかもよ??

 

個人的には、カイジューバイミーは澁谷近未来会館のキャパでは手狭になるのは時間の問題で、階段を上り始めたらあっという間だと思いました。

 

BiSHがそうであったように、見つかったらほんとものすごい勢いで駆け上がっていくから、追いかけらんなくなっちゃうのよ。

 

そうなったら手遅れなので、ぜひ、まさに

 

今から、今日から、明日のライブから

 

足を運んで観てみてください。

 

ほんと、ライブ時間が

 

30分じゃ足らんて!

 

って、思う事間違いないから。

 

3年後に、

 

「俺(私)、カイジューバイミーの古参だから」

 

って、言えるようになる未来しか見えないのは私だけ?

(決して古参が良いとか悪いとか言うつもりはありませんよ)

 

以上、だいぶと偏った見方かもしれませんが、おおむね間違ってはいないと思うので、ぜひ参考にしてみてください( ・∀・)ノ

 

ライブ情報はカイジューバイミー公式Twitterで告知されているので、ぜひそちらをチェケラ!!

カイジューバイミー公式Twitter

 

 

<アルバム紹介>
1st.Album『純白BY ME』はカイジューバイミーのデビュー後初となるCD音源作品。本作は彼女たちが日頃生きていく中で抱えている感情を剥き出しな言葉で綴った歌詞と、どこか野暮ったくありながらも繊細でエッジの効いたサウンド、そしてここに集まらなければ一生交わることのなかった個性的な4人のメンバーの声が合わさった”ピュア”で”エモーショナル”さを感じることができる楽曲を収めたアルバムとなっている。

created by Rinker
¥2,100(2023/01/31 09:56:39時点 Amazon調べ-詳細)

ライブレポート カイジューバイミー
清掃部長をフォローする
BiSHと全国清掃員による武道館への道程
清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました