【ライブレポ】カイジューバイミー 「祝狂生祭vol.23〜カイジューバイミー編〜」@六本木BIGHOUSE 2023年12月28日

20231228カイジューバイミー「祝狂生祭vol.23〜カイジューバイミー編〜」
20231228カイジューバイミー「祝狂生祭vol.23〜カイジューバイミー編〜」

ども、カイジュー96号(@Kaiju_No96)です。

 

本日はMAPAさん主催の「祝狂生祭vol.23〜カイジューバイミー編〜」です。

 

個人的には、2度目ましてのMAPAさん。

 

過去のラブレポートを観てみると、どうやら2023年7月23日の「肯定解放!」@ 代官山UNIT で初めましてしておりました。

 

 

当時のブログを観ても想い出すんだけど、エモい歌詞とミュージカルのような振付けと胸の奥がキュンキュンする楽曲と。

 

また、この時に聴いた『怪獣GIGA』は今でも覚えてるなぁ。

 

そんな記憶をたどりながら、本日のライブレポートです。

 

 

スポンサーリンク

 

初めての六本木BIGHOUSE

BIGHOUSE

BIGHOUSE

 

六本木駅を出て東京タワーに向かって歩けばものの5分で到着。

 

しかし、大江戸線って深すぎない?

 

よくそこまで掘ったな?って言いたくなるくらいに地下深くまで潜らされるよね?

 

そんなこんなで今日は仕事納めだったので、行けるかどうか分からずのため当日券で入場。

 

1ドリンク付きで4,600円なり。

 

まぁ、正直安くは・・・ない。

 

アイドルのライブとしては相場よりもやや高め。

 

昨日散々ワンマンライブを堪能したのに、翌日4,600円のアイドルのライブを観に行くってどやねん!

 

と、自分にお説教しながらも、まぁ「推しは推せる時に推せ」っていうオタク界隈には都合の良いワードを胸に本日の2MANに臨ませていただきました笑

 

ただ、先に言っておくと、帰る頃には4,600円が安く感じるくらいの多幸感に包まれたライブでした(  ・∀・)ノ

 

結構時間ギリギリに行ったのですが、フロアに入ったらまぁまぁの入りなんですが(´;ω;`)ぶわっ

 

もうほぼ満だったんじゃないかな?

 

ライブ前から熱気に包まれた中、定刻ちょうどにいつものSEが流れ始めました。

 

カイジューバイミー

20231228カイジューバイミー「祝狂生祭vol.23〜カイジューバイミー編〜」

20231228カイジューバイミー「祝狂生祭vol.23〜カイジューバイミー編〜」

 

先に言っておきます。

 

今日はおでこミーアではありませんでした!

 

スタンド・バイ・ミーア

スタンド・バイ・ミーア

 

昨日のカイジューバイミー プレデビュー周年感謝祭ONEMAN『見上げた空は青くなかった』@下北沢Shangri-La では推しのミーアたんがでこ出ししてたんですが、今日はいつもの?前髪でした。

 

てか、可愛すぎん?( *´艸`)

 

スタンド・バイ・ミーア

スタンド・バイ・ミーア

 

昨日のワンマンでのミーアたんは↑みたいな感じでした。

 

ちなみに、

 

女子の前髪は命の次くらいに大事

 

らしいので、オタク男子諸君は推しの前髪については微妙な変化も見逃さないようにね。

(これテストに出るよ!!)

 

ということで、MAPAさんとの2MANでの1曲目は

 

『茜』!

 

昨日のワンマンでやらなかったのにここへ来て『茜』を1発目にぶっこんでくるとは流石カイジューバイミーだぜ。

 

いつもだったらがっつり盛り上がりたい所なんだけど、いかんせん今日は箱がちょっぴり手狭で。

 

隣の人とは肩が触れ合いそうだし、前も詰まってるのでケチャもやや気を使いつつ・・・な状態でした。

 

そんな中の『RAIGEKI』。

 

どうしろとwww

 

からの、『無人島カルテット』からの『全力シルエット』。

 

『RAIGEKI』では、可能な限り体を細くしてジャンプしてグルグルドーン!したよ。

 

『無人島カルテット』だって、ピースふたつで四角を作るところでもちゃんと脇を締めてたし、『全力シルエット』でもボクサーがボディをガードするくらいには隙のない振りコピがんばりましたw

 

と、そんないつものライブ中に今日はトラブルが・・・

 

 

『ブラックホール』で音響トラブルにより音が飛び一時ライブ中止。こんな事は初めてらしく、ブラックホールのなっちゃんの落ちサビから再開。

 

『ブラックホール』の曲中で突然の音響トラブル。

 

まるでCDの音飛びのような状態になり、しばらくはカイジューバイミーメンバーもがんばって歌ってたんだけど、状態は改善されず一旦曲がストップ。

 

カイジューバイミーの音源は他のグループと違ってCDではないのでこんな事はほんと珍しいみたい。

 

この状況にメンバーも戸惑ってはいたものの、恐らくフロアにいたカイジューファンはそんなシチュエーションでさえもエモく感じてたんじゃないかな?

 

前に、マイクトラブルでミーアたんの声をマイクが拾ってくれなくて、それに気付いたミーアたんはもはやマイクを口元に持って行くことなく歌唱したりしてました。

 

ミーアパートをオタクが大合唱なんてこともありましたが、今回ばかりは流石にそうも行かず。

 

実はこの時一番悔しがっていたのが、なっちゃん。

 

気持ちよく歌ってたのに・・・と物凄く悔しがってた。

 

まぁ、そりゃそうだよね。

 

ただ、トラブルもすぐに解消したようで、カイジューバイミーメンバーから「どこからやろっか?」「最初から?」なんて冗談も出て、雰囲気良いままに『ブラックホール』のオチサビから再開。

 

なっちゃんの独唱のオチサビがアウトロの音もない状態で始まりそのまま終演。

 

ほんの数秒だったんだけど、まぁエモかった。

 

都合よくエモいとか言って申し訳ないんだけど・・・

 

ほんとエモかったぁ~~~~( ・∀・)ノ

 

その後なっちゃんがエレナちゃんの頭をわしゃわしゃしてて。

 

ニコニコで絡んでる2人を見てこちらもニコニコしてたら、今度はミーアたんが華ちゃんの頭をヨシヨシし始めて、そんでもってそれを見てまたニコニコしちゃったよ。

 

最近はステージにも良い意味で余裕が見え始めたかな?

 

糸がピンッと張りつめたような緊張ばかりのパフォーマンスも良いけれど、時にはこういったことがあってもいいかもね。

 

そんなカイジューライブがたっぷり10曲でした!

 

 

通常の対バンだと20分から長くて30分なので、昨日に引き続き今日もカイジューバイミーを堪能させていただきました!

 

そして、本日主催のMAPAさんです。

 

MAPA

MAPA

MAPA

 

7月に観て以来、約5ヶ月ぶりのMAPAさん。

 

前回初見の時は数いるアイドルの中の1組として観ていたのですが、今日は主催のアイドルとしての観戦です。

 

初見では『怪獣GIGA』を聴いて、カイジューバイミーお目当てで来て『怪獣GIGA』って歌詞にある曲を聴けるってなんか運命感じるなぁ、なんて思って聴いていました。

 

なんだか歌詞も音楽もエモいし、まるで大森靖子さんの楽曲みたいだ。

 

なんて思ってたら、まんま大森靖子さんプロデュースのアイドルグループだったのが衝撃で、それ以来しょこさん、ゆすらさんをX(旧Twitter)では追わせてもらっておりました。

 

そんな折のカイジューバイミーとの2MANなので、個人的には待ってました!って感じです。

 

今日のセトリは↓

 

 

MAPAさんファンの方のX(旧Twitter)を引用させていただきましたが・・・

 

1曲目の『Calling box』からほんと良かった。

 

今日の箱の名前と同じ『BIGHOUSE』では、思わず、家~YEAH~って三角作ってました( *´艸`)

 

 

まるで壮大な抒情詩を観ているかのようなパフォーマンスに思わず涙してしまいました。アイドルなんてどれも一緒でしょ?そう思う人ほどこのグループを観て欲しい。アイドルの概念が変わる事間違いなしですよ👍

 

MAPAさんのライブは、等身大の歌詞と、最高の楽曲と、まるでミュージカルのようなステージ運び。

 

もう一大スペクタクルの大抒情詩のステージを観させていただいた感じです。

 

Rayさんやユレルランドスケープさんにも似た、アイドルのライブと言うよりは、表現者としてのステージングとでも言えばいいのかな?

 

『怪獣GIGA』からは、良いおやじなのに思わず涙がちょちょ切れてしまったとですよ。

 

最近は音楽番組も減って、テレビで新しいアイドルに出会うなんてことはほとんどなくなったけど、やっぱりこういうグループがMステとかに出て日本の音楽業界、アイドル業界を引っ張って欲しいよなぁ。

 

キラキラ可愛いだけがアイドルじゃないしね。

 

Mステとは言わないまでもバズリズムで次回スタジオライブとかどうですかね?

 

とにかく今日は素晴らしい対バンを観させてもらいました。

 

来月もまた対バンあるので、ぜひそちらでもお手合わせ願いましょうぞ笑

 

治安良すぎん??

ところで、今日すごく思ったんだけど、

 

フロアの治安良すぎん??

 

六本木BIGHOUSEはキャパ150くらいでしょうか?

 

お世辞にも広いフロアではない。

 

そこへほぼ満員の状態のお客さん。

 

モッシュだったりリフト、サーフがあったりするとガチャガチャして苦手な人には少々きつい現場になりそうな状態。

 

だったんですが、いざライブが始まってびっくり。

 

 

カイジューバイミーファンは推しパートで前方へ駆け寄るファンも多いのですが、狭い中でも皆で譲り合って観戦出来てたんじゃないかな?

 

MAPAさんのファンもしっかり応援したい勢は後方から声援を送っていたし、中央はペンライトを持ったファンの方が控えめに?応援されていました。

 

カイジューバイミーの現場ではほぼペンライトが振られることがないので、今日はちょっとドキがムネムネしてしまっておりました( *´艸`)

 

2MANだったのでMAPAさんのファンの方が気を使ってくれたのかな?というくらいに感じてしまったくらいです。

 

もし初見の現場がこんなだったら、きっとまた来ようって思ってもらえるだろうなぁ、なんて思いながらMAPAさん観てたらまたそれで泣けてきちゃって。

 

ライブっていうのは演者だけでは成立しないし、オタクだけでもダメ。

 

ステージの上の演者とフロアのオタクで作り上げていく作品だということ。

 

改めて肝に銘じさせていただきました。

 

カイジューバイミーメンバーコメント

 

 

 

 

次回のカイジューバイミーは?

さきほどまたMAPAさんと2MANがあると言いましたが、それがこちらです。

 

 

自分はこういったチケットの取り方が初めてだったんですが、所定のアドレスに必要事項を記入してメールするとチケット番号が付与されたメールが返信されてきます。

 

その番号を窓口で言って入場するスタイルのようです。

 

正直ちょっとだけ手間かかるけど、今日のようなライブをまた観られると思えば苦でもなんでもないですよ。

 

ということで、本日は以上です!

 

せ~のっ、チャッチャチャチャ、バイミー( ・∀・)ノ

 

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました