BiSH-JAM-作詞モモコグミカンパニーが歌詞に込めた想いとは!?


「BiSH-JAM」は、2017年11月29日発売BiSH-メジャー2ndアルバム「THE GUERRiLLA BiSH」の7曲目に収録されています。

モモコグミカンパニー独特の歌詞の世界感と、彼女しか書けない歌詞の魅力がもっとも色濃く出ているのが、この「JAM」だと思います。

MVもBiSHらしい、WACKらしい仕上がりとなっていますので、そちらにも注目です!

スポンサーリンク

BiSH-JAM-歌詞

作詞:モモコグミカンパニー

BiSH-JAM-歌詞

この曲に込めたモモコグミカンパニーの想いとは?

この「JAM」でもっとも印象深い歌詞といえば

〈一番なんて僕はいらないから 君にあげよう 誰かの上立たなくてもさ 輝けるはずだから〉

この部分だと思います。

モモコグミカンパニーらしいというと怒られちゃうかもしれませんが、この謙虚でかつ、主語がいつも自分ではなく「誰か」となっているあたりが、モモコグミカンパニーの人柄を明確に表しています。

また、ototoyの記事取材に対して以下のように答えています。

周りが元気だと自分も元気になれるから、私が1番になって誰かが下に行くよりも、1番になりたい人が1番になって喜んでいるほうが幸せだと気づいたんです。

言葉を紡ぐということについて本当に日々考えている人でないと、この言葉って出て来ないものだと思います。

常に謙虚に、誰かの幸せを願えるモモコグミカンパニーって、BiSHには欠かせない存在なんだと、改めて気付かされました。


JAMのPVを見終わったら、是非↓の「BiSHキャノンボール2016」も見てみてください。

JAMのPVの「オチ」の元ネタもチェックです!

関連記事
BiSH-My landscape-歌詞
BiSH-Here’s looking at you,kid.-歌詞
BiSH-ろっくんろおるのかみさま-歌詞
BiSH-FOR HiM-歌詞
BiSH-パール-歌詞
BiSH-BODiES-歌詞
BiSH-spair of despair-歌詞
BiSH-SMACK baby SMACK-歌詞

スポンサーリンク