BiS-キカ・フロント・フロンタールのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

スポンサーリンク
キカ・フロント・フロンタール

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

今や、BiSの白塗り担当と言えば、誰もが知ってるキカ・フロント・フロンタール。

ピエロの様なアーティスト写真も好みが分かれるとこではありますが・・・

初見の方からすれば、いろんなアイドルがいるよねぇ~って感じかもしれませんが、そんな方のためにも、BiS-キカ・フロント・フロンタールについて、詳しくその魅力を掘り下げてみたいと思います。

キカ・フロント・フロンタールの魅力を知ったら、あなたもきっとキカ姉推しになること間違いなしですよ!

スポンサーリンク


BiS-キカ・フロント・フロンタールのプロフィール

キカ・フロント・フロンタール

■名前:キカ・フロント・フロンタール

■BiSオーディション時の名前:マイナ・ジ・エンド

■名前の由来:本名をもじったらしい

■年齢:18歳(BiSは皆同い年)

■出身地:山形県

■前職:パン屋(こねれる)

■担当:担当はなし(顔面白塗りアイドル担当?)

■母親:小学校教員

■部活:中学3年間ソフトテニス

■東京に来たのは?:大学進学で(高校は山形)

■アイドルオタクになったきっかけは?:東京に出てきてスマイレージの前田憂佳見て

■好きなビールの銘柄は?:金麦

■好きな色:緑

■好きな野菜:きゅうり

■特技:イラついた時にその感情を表に出さないために感情のスイッチをオフにすることが出来る

■趣味:スキー

■恋愛観:重く、その相手が生活の全部になる

■リスペクトするアイドル:プー・ルイ、カミヤサキ

■オーディションでBiSを受けた理由
カミヤサキが好きだった
BiSHのオーディションを落ちたから見返してやりたかった
ハロプロのモーニング娘。が好きだった
小学生の時にハロプロのオーディションを受けたかったが小学校教員でもある親に反対され、それが子供心にすごくくやしかった
人生を変えようと思った

■エピソード1:BiSがスタートしてもしばらくパン屋のバイトをしていた

■エピソード2:過去もアイドルオーディションに参加していた
①berryz工房の夏焼雅のオーディション
②ミスIDに書類を送った

■エピソード3:BiSオーディションの水着審査のために、全て剃った

■エピソード4:2017年1月に100kmマラソンを行い17時間50分で完走

■エピソード5:スキーが好き過ぎてひとりで泊まりで滑りに行く事が普通にある

■エピソード6:白塗りのインスピレーションはデーモン閣下にちなむ

キカ・フロント・フロンタールがアイドルになろうと思ったきっかけは?

キカ・フロント・フロンタール 面接画像

BiS合宿オーディション面接風景

キカ・フロント・フロンタールは、BiSオーディションの中でも言っていましたが、儚くて刹那的なアイドルをリスペクトしているそうです。

幼い頃からハロプロ好きで、アイドルへの憧れはあったものの、親に反対されて幼少期でのアイドルデビューには至らず。

その後大学進学と共に、上京。

そこで色々なアイドルと出会い、特にスマイレージの前田憂佳との出会いがきっかけとなり自信もアイドルになりたいと思うように。

これまで出会ってきたアイドルからは、そのライブで生きるための活力をもらうまでになる。

その後BiSHのオーディションはじめ、他のオーディションにも応募・参加したようですが、結果には繋がらず。

そんな折、2016年9月BiSのオーディション合宿に参加することになる。

そして、合宿中にもいろいろあった後、BiSのメンバーとしてオーディションを合格し、現在に至る。

BiS合宿オーディションでその魅力が炸裂!

炸裂というと語弊があるのですが、合宿参加メンバーの中で一番個性が見出されたのが、キカ・フロント・フロンタールだったのではないでしょうか?

中でも、カメラの前でビールを飲むという暴挙に出た事。

これは衝撃的でしたね。

アイドルのオーディションなのに、カメラの前でビール飲む??

普通飲まないよね?

だって、アイドルになるためのオーディションに参加してるのに、お酒飲むとかあり得なくないですか??

ちなみに、その時の動画が↓

キカ・フロント・フロンタールの、なんとうれしそうな顔よ(笑)

そう言えば、ここの事務所、WACKだった!!

だから、キカ・フロント・フロンタールは合格したんでしょうね。

オーディションの最中にビールを飲むアイドルとか前代未聞だし、だからこそWACKらしいと言えばWACKらしいですもんね。

あまりこんな話ばかりだと何なので、もう1点。

BiS合宿オーディションでは他にも様々な企画やらあったのですが、中でも早朝マラソンでキカ・フロント・フロンタールの魅力が爆発しました!

なんと、キカ・フロント・フロンタールは、BiS合宿オーディション早朝マラソンを、二日間連続で1位フィニッシュするという快挙を成し遂げるのでした!

前の晩に金麦飲んだのにすごいよね。

まぁ、すごいかどうかは置いといて、この早朝マラソンの結果のおかげで、ニコ生視聴者に名前を覚えてもらって、結果的にBiSオーディションに合格した、という風にも言えなくもないと思います。

スポンサーリンク


リアルナーヴでは激辛カレーを完食!

2017年1月6日全国ロードショー映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』のPRの一環として、キカ・フロント・フロンタールは【BiS×リアルナーヴ】第3弾として、世界で一番辛い激辛カレーを食べる事となるのでした。

なぜ、映画のPRでカレーなのか・・・とかは考えなくていいと思います。

だって、BiSですから(笑)

ということで、そのリアルナーヴの動画が↓


もう、生死の分かれ目とまで言われる辛さのようですが、キカ・フロント・フロンタールってすごいですね。

根性があるというかなんというか・・・。

まぁ、オーディションの最中に缶ビール開けちゃう度胸があるんだから、このくらいできちゃうのかな、なんて思っちゃいますよね。

ところで、この頃はまだ白塗りはしていません。

よく見ると、キカ・フロント・フロンタールの鼻の下と下唇の下のホクロが気になって仕方が無いのですが、みなさん気付きましたか?

キカ・フロント・フロンタールはいつから白塗りし始めたのか

同年5月よりGANG PARADEのカミヤサキがアヤと期間限定レンタルトレードとして加入。新体制初のシングル「SOCiALiSM」を5月にリリース

引用元:ototoy.jp様より

日本でも類を見ない、キカ・フロント・フロンタールの白塗りですが、この白塗りはいつからやってるんでしょうか?

それは2017年5月に遡ります。

2017年4月WACK合同オーディション後、GANG PARADEのカミヤサキがアヤ・エイトプリンスと期間限定レンタルトレードとしてBiSに加入。

同年5月に新体制初のシングル「SOCiALiSM」がリリースされました。

この頃からキカ・フロント・フロンタールの白塗りが始まります。

その「SOCiALiSM」のPVが↓

えっと・・・怖いです。

個人的な第一印象は、「怖い」でした。

が、人間不思議なもので、これが幾度か見ているうちに違和感を感じなくなってくるんですよね。

キカ・フロント・フロンタールはライブやイベントの度に、白塗りの種類も変えてくるし、そのバリエーションが無限なんです。

ですので、変な感じではありますが、「白塗りに飽きない」んです。

むしろ、キカ・フロント・フロンタールが飽きさせないようにしてくれているんだと思います。

さらに言うならば、その白塗りが楽しみにすら思えて来るから不思議なもんです。

そんな白塗りのバリエーションがこちら。

2018年1ヵ月ちょっとですが、それでもこのバリエーションです。

怖い白塗りもありますが、かわいい小悪魔的な?白塗りもいいですね。

ちなみに、素顔の画像がこちら。

白塗りもするけど、和装もキメてくるあたりは、さすがキカ姉ですわ。

一枚目は、あかんや~つですね(笑)

ベースが綺麗な顔立ちをしてるから、白塗りが「似合う」んでしょうか。

だから、違和感とかを感じなくなったのかもしれません。

それに、白塗りにしたからと言って、すっぴんの自撮りをやめるわけでもなく、うまく使いこなして研究員(BiSファンの総称)を増やしているのかなぁ、という印象さえも受けます。

ところで、2018年3月にはアーティスト写真が↓に更新されています。 20180305 アー写 気付いた人も多いとは思いますが、この白塗りと赤い鼻は、日本の国旗を表しています。

何故こんな日の丸メイクをしているかというと、本人曰く、世界デビューを視野に入れているからだそうです。

なるほど、日の丸メイクは目立つし、これなら世界デビューしてもどこの国のアーティストかって事がすぐわかるもんね。

すでに、キカ・フロント・フロンタールは世界を見据えてアイドルやってます!

スポンサーリンク

WACK総選挙ではなんと9位!

白塗りアイドルをなんとしても貫き通すその意志の強さからか、2017年年末に行われたWACK総選挙では見事9位を獲得!

WACKメンバー総勢25名の中の9位なので、相当健闘したと言っていいと思います。

ちなみに、キカ・フロント・フロンタールが推すカミヤサキは10位。

このWACK総選挙の際の、政見放送が↓

また、メイクが怖いってば・・・。 そして、当選後のスピーチが↓


ほら、見た目と違ってこういう場ではすごくまじめなんですよ。

初見の方は本当びっくりするとは思いますが、白塗りのその奥には誰にも負けたくないという強い意志がメラメラ燃えているのが、手に取るように分かりますよね。

ただ、このWACK総選挙でキカ・フロント・フロンタールが最も複雑な気持ちだったろうなと思うのは、BiS加入前の素人時代から愛して止まなかったカミヤサキよりも、選挙結果が上だったことなのではないでしょうか。

自分がこれまで好きで憧れて来た人よりも、自分が上にいるだなんて。

数字は嘘を付きません。

明確に、カミヤサキよりもキカ・フロント・フロンタールの方が人気があるのです。

ソロデビューさせるなら、キカ・フロント・フロンタールがいい。

そう思ったファンの数が、自分の推しであるカミヤサキの数よりも多い。

相当複雑だったことでしょう。

これが、乗り越えなければならない壁とするならば、なんとも複雑ですね。

いずれにせよ、キカ・フロント・フロンタールには、その特徴的な顔面白塗りを武器に、プー・ルイ卒業・カミヤサキ脱退後のBiSを引っ張っていって欲しいものですね。

BiSの次期リーダーは、間違いなくキカ・フロント・フロンタールだと思いますよ。(異論は認めません(笑)

スポンサーリンク


BiS
スポンサーリンク
清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
BiSHと全国清掃員による武道館への道程
清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
BiSHを応援するブログ書いてます。
個人的な妄想も相当盛り込まれていますが、そこはご容赦くださいませ。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする