WACK総選挙結果発表!1位チッチ2位アイナ!サプライズはまさかの!?

wack総選挙結果

さぁ、12/30いよいよニコニコ生放送にて、WACK総選挙の最終結果が発表されました!

12/6から始まったWACK総選挙ですが、約3週間に渡る投票期間も終わり、ついに、WACKのNO1が決定します。

事前に予告されていた通り、1位と2位はavexからソロデビューの権利を与えられるという事が決定していましたが、何やらそれ以外にもサプライズがあったようですが、一体何があったのでしょうか?

気になるWACK総選挙の最終結果発表を詳しくお伝えします!

関連記事
【BiSH】WACK総選挙立候補者政見放送がいろんな意味で最強だった件
WACK総選挙最終中間発表!気になる順位は?ソロデビューは誰の手に!?

スポンサーリンク


WACK総選挙最終結果と得票数は?

WACK総選挙最終結果
1位 BiSH-セントチヒロ・チッチ-904票

2位 BiSH-アイナ・ジ・エンド-877票

3位 BiSH-アユニ・D-653票

4位 BiS-プー・ルイ-463票

5位 GANGPARADE-ヤママチミキ-402票

6位 GANGPARADE-アヤ・エイトプリンス-335票

7位 BiSH-モモコグミカンパニー-317票

8位 GANGPARADE-ユメノユア-296票

9位 BiS-キカ・フロント・フロンタール-243票

10位 BiS-カミヤサキ-231票

11位 BiS-ココ・パーティン・ココ-199票

12位 GANGPARADE-キャン・マイカ-193票

13位 BiS-ペリ・ウブ-187票

14位 GANGPARADE-テラシマユウカ-182票

15位 BiSH-ハシヤスメ・アツコ-167票

以上が、WACK総選挙最終結果の15位までになります。

ニコ生WACK総選挙結果発表では、16位以下の発表はされませんでした。

ということは、当然最下位の発表もありません。

あれ?最下位の100kmマラソン、どうなったんでしょうか?

ココパテさん?

そんなことは、まぁおいといて、上位15名は以上となります。

WACK総選挙上位3人のコメント

1位 BiSH-セントチヒロ・チッチ-904票

セントチヒロ・チッチ
「投票してくれたみなさんありがとうございます。

今日、私は何位になったとしても、この順位はファンのみなさんと掴みとった順位と思って大事にしようと思っていました。

中間発表が出て今日が来るまですごく怖かったりとか、みんなががっばってるのを見て、私もがんばらなきゃってすごく感じたし、こうやって私が1位になって私に投票してくれたみなさんとここにいる25人全員に投票したみなさんに、チッチが1位でよかったと思ってもらえるような歌を歌っていきたいと思います。

そして私はwackと、BiSHをしっかり軸で支えて、背負っていけるように強く生きていこうと思いますので、wackとBiSHとセントチヒロ・チッチをよろしくお願いします。」

2位 BiSH-アイナ・ジ・エンド-877票

アイナ・ジ・エンド
「どんな順位でもしっかり受け止めようと思ってきました。

順位で評価するのではなく、自分で誇れるような人になろうと考えていました。

ずっとがんばっていれば1位になれると思うし、圧倒的になりたい。

松隈さんの曲で歌いたい。

この感謝はびっくりされるくらい倍以上にして返していきたいです。」

3位 BiSH-アユニ・D-653票

アユニ・D
「ソロビューはできないけど、なんでこいつにいれたんだったって投票された方に思われないように、投票してくれた人の人生を豊かにするために頑張っていきます。」

以上、上位3人のコメントを文字に起こしてみましたが、みなさんどう感じられましたか?

中間発表からの流れそのままの順位ではありましたが、なんだかセントチヒロ・チッチには貫禄が出てきたようにも感じます。

WACKを背負って行くという場面では相当勇気も必要だったと思いますが、同時に相当な覚悟を感じずにはいられませんでした。

セントチヒロ・チッチには、「職業:アイドル」を愚直なまでにまっすぐ体現して欲しい。

2位のアイナ・ジ・エンドは、これまでにもソロの仕事をしてきていたので、その分ちょっと票が流れたのではないでしょうか?

恐らくその票は、期待度の高いアユニ・Dに流れたんだろうなぁとは個人的に思っています。

とはいえ、その歌声には、誰をも魅了する「力」があるので、ソロデビューでもその力を如何なく発揮して、世間をあっと言わせて欲しいですね。

そして、大健闘のアユニ・Dが3位。

最近の急成長ぶりには目を瞠るものがあります。

「My Landscape」での成長ぶりには誰もが驚かされた事と思います。
参考:⇒BiSH新曲「My Landscape」MVに隠された7つの謎とは!?

そんな成長著しいアユニ・Dだからこそ、清掃員(BiSHファンの総称)の今後にかける期待も相当なんでしょう。

そう考えると、3位がアユニ・Dというのも納得ですね。

スポンサーリンク


恒例のWACK代表渡辺氏のサプライズ

wack代表渡辺氏
やっぱりありました。

どうも会場にWACK代表渡辺氏の姿がないなぁと思っていたら、映像で出演です。

そして、何やら順番に封筒を引いていくのですが、その中に名前の書かれてる人が罰ゲームの対象のようです。

当然WACKの罰ゲームと言えば、そうです、デスソースですね。

幾度となくWACKの合宿等でも登場し、すっかりおなじみとなったデスソースですが、今回も登場です。

ということで、今回のWACK総選挙での罰ゲームは「WACK特製カレー」となりました。

あぁ、やっぱり今回もデスソースの罰ゲームかぁ、と思いきや、何やら最後に飛んでもないサプライズが用意されていましたよ!

罰ゲーム①「特製WACKなカレーを食べる~その1」

パンルナリーフィ罰ゲーム
20位 パン・ルナリーフィ

まさかのパン・ルナリーフィがデスソースカレーを食べる事になろうとは・・・。

涙まで流しながらWACK特製カレーを口にする姿がなんとも(涙)

パンルナ推しは目を背けたくなる画だったのではないでしょうか。

罰ゲーム②「特製WACKカレーを食べる~その2」

MiDORiKO EMPiRE罰ゲーム
23位 MiDORiKO EMPiRE

一口食べてからの、「デスティニー」いただきました。

もう味覚がないかのごとく、ガツガツ食べる姿は若さなのか、使命感なのかわかりませんが、なんだか惹き付けられるものを感じました。

罰ゲーム③【WACKからのソロデビュー】

ソロデビュー ユイ・ガ・ドクソン
16位 ユイ・ガ・ドクソン

動きが早すぎて画像がブレブレです(笑)

WACK特製カレー2連発からの流れだったので、またデスソース入りカレーかと思いきや、なんとGANGPARADEのユイ・ガ・ドクソンが、

WACKからのインディーズソロデビュー

が、決定しました!!

何やら、ニコ生でのソロ特番もあるそうですが、メジャーではないとはいえ、まさかのソロデビュー!?

渡辺氏曰く「這い上がる姿がみたい」との事でしたが、果たしてユイ・ガ・ドクソンどうなるんでしょう??

詳細は後日発表との事なので、朗報を待ちましょう。

スポンサーリンク


みんな気になった元アナウンサー鈴木健太って誰?

鈴木健太
ところで、今回のWACK総選挙結果発表時の司会のアナウンサー、気になりませんでした?

アナウンサーだけあって流暢なしゃべりは当然かもしれませんが、妙にアイドル慣れしてるというか、途中で「POPが・・・」なんて話もぽろっと出てましたよね?

この人ただものじゃないなと思った人も多いと思います。

実はこの人、関西ではお馴染みの毎日放送の元アナウンサー鈴木健太さんなんです。

アイドル・アニメが好きという事で、イベントでの司会等もこなしていました。

2017年6月の人事異動を機に、アナウンサー室を離れて、東京支社のPR部へ異動となり、「元」アナウンサーとなったようです。

そんな鈴木健太さんなので、今回のWACK総選挙司会に起用されたんですね。

twitterもされてるようなので、気になる方はフォローしてみてはいかがでしょうか?

なるほど、アナウンサーでもこっち系の人もやっぱりいるんだなぁ、なんて感心しちゃいました(笑)

きっと今後もWACKでのお仕事増えそうな、そんな気がします。

WACK総選挙結果まとめ

ということで、以上、WACK総選挙の最終結果発表でしたが、いかがでしたでしょうか。

あなたの推しは何位でしたか?

なんだか順位を付けるのも心苦しいものはありますが、大所帯になればなるほど競争意識というのは薄れてくるものです。

それをなくすためにも、こういった企画はあってもいいのだと個人的には思います。

WACK総選挙については、この企画自体にネガティブな意見もあったようですが、もうWACKは個人経営はなく、組織として成熟しつつあるので、こういった試みは大いに必要なのではないでしょうか。

WACK総選挙は、大企業病に罹る前の渡辺氏らしい事前対策だったんだろうなぁと感じています。

いずれにせよ、今回のWACK総選挙により、セントチヒロ・チッチとアイナ・ジ・エンドのメジャーソロデビューが決まりました。

詳細は後日との事ですが、セントチヒロ・チッチのWACK代表としてのソロ活動も気になりますし、アイナ・ジ・エンドの独特の声を生かした曲にも大注目です!

話題に尽きること無いBiSH・BiS・GANGPARADE・EMPiRE、WACK総勢25名のアイドルにとって、今年1年激動の年だったとは思いますが、来年はさらなる飛躍の年になることを願って止みません。

WACKと清掃員・研究員・遊び人・エージェントにとって、来年も充実した1年でありますように!

関連記事
【BiSH】WACK総選挙立候補者政見放送がいろんな意味で最強だった件
WACK総選挙最終中間発表!気になる順位は?ソロデビューは誰の手に!?
WACK総選挙ポスター~BiSH編~セントチヒロ・チッチ
WACK総選挙ポスター~BiSH編~アイナ・ジ・エンド
WACK総選挙ポスター~BiSH編~アユニ・D

スポンサーリンク