BiSH-アユニDのどこよりも詳しいプロフィールと魅力を紹介します

20180523 アユニ・D

アユニ・D プロフィール

出典元:すしおグミカンパニー様イラスト

■誕生日:10月12日

■出身地:北海道

■血液型:A型

■身長:160cm

■特徴:汗っかき

■好きな物:人々・グミ

■好きな食べ物:すき家の「ちーず牛丼つゆだく」(薬味なし)・フライドポテト・サーモン

■好きな色:黒

■好きな曲:バクバクドキン 『びっくり』

■好きなアニメ:惡の華

■好きな芸人:アインシュタイン(稲田さん)

■フェチ:太い血管(男女とも)

■愛用のヘアスプレー:VO5・ケープ

■愛用のシャンプー:資生堂「マシェリ」

■嫌いな物:人々

■中学・高校時代の部活:バトミントン部

■初恋の人:コジマくん

■会いたい人:ARuFa(有名ブロガー)⇒後に「JAM」のMV撮影で実際に出会った

■音楽活動の動機:BiSHに加入して、キラキラしたかったから

■BiSHに入って変わったこと:メイクに興味を持つようになった

■北海道弁:ごみを捨てることを、「投げる」と言うんだとか

■アユニ・DのD:どさんこのD、ドラえもんのD等諸説あり・・・というか、その時々で変わる

■アユニ・Dの命名者:リンリンが命名

■アユニ・Dのイントネーション:アユニだけの時は「ひじき」の発音、アユニ・Dの時は「おくら」の発音。

■昔のあだ名:ななこ(からあげを7個食べていたから)

■やってみたい楽器:ベース(中学時代友達に借りて3ヵ月やっていた)

■モットー:「いじけず 気にせず 期待せず」

■特技:物のふたを開ける事

■趣味:ひきこもること

■自分を動物に例えるなら:サル

■アルバイト経験:コンビニ・工場・ガソリンスタンド

■バイトの給料で初めて買った物:「WEVER」のCD

■将来の夢:自主制作の映画やアニメの作成・アクション女優

■エピソード1:雪の上でバク転して死に掛けるも、周りに誰もいなくて助けてもらえなかった

■エピソード2:富士山の高さは?と聞かれて、632mと答える

■エピソード3:BiSHに入ってから5kg太った

■エピソード4:オーディションで「チーズケーキ」というバンドの歌を唄った。また「となりのトトロ」も歌わされた

■エピソード5:昔の夢はアクション映画のスタントマン

■エピソード6:視力が悪く中学時代は授業中のみメガネをしていた

■エピソード7:2017年11月17日のtwitterでピアスをした自撮りを初めてUP。ちなみに穴は右耳に7つ

■エピソード8:夜家に帰って玄関を開けると黒いヤモリのような生き物?がいるのだが、すぐに姿を消す。これを「未知との遭遇」と呼んでいる。

■エピソード9:普段からツイートが少ないのによくツイ消しする事が多く、2018年の目標に「多くのツイートをする」とツイートしたツイートをツイ消しした
詳細はこちら⇒BiSH-アユニ・Dのツイ消しされたツイートまとめ

■エピソード10:
BiSのムロパナコとは高校時代からのリアル友達

■エピソード11:中学時代部活中にビートボックスにはまって怒られた事がある

■エピソード12:動物は言葉が通じないので苦手

■エピソード13:愛用のVO5は固めたいところに5秒以上吹きかけ続ける(チッチ談)

■エピソード14:オーディション合格後一週間後には学校を辞めて上京し、上京するのが早すぎて周りに引かれた

■エピソード15:お笑い芸人のアインシュタインの稲田が好きすぎてLINEの名前が「稲田さん」。ただし、人間としては好きだが男性としては好きではない

■エピソード16:パルクールを3ヶ月くらいだけやっていた

■エピソード17:5分くらいの自主映画を作った事がある

■エピソード18:ソロデビューまではベースでドレミファソラシドしか弾けなかった

■エピソード19:BiSHを辞めたらコンビニでバイトするつもりでいる

■清掃員の総称:お兄たんズ

■担当:僕の妹がこんなに可愛いわけがない

■ツイッターアカウント

■横浜アリーナでの担当:完全無欠のD型ロボット

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以上、公式プロフ、Twitter、BiSHラジオ番組「ATTACK OF THE KILLER BiSH」、大手掲示板等を参考にしております。
万が一、誤情報のご指摘等ありましたら、ご一報頂ければ助かります。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
2016年8月加入の新メンバー。

8月24日にZepp TOKYOで開催されたワンマン・ライヴで初お披露目。
なんとアユニ・Dはその際に、セントチヒロ・チッチから、「僕の妹がこんなに可愛いわけがない担当」を奪ってしまうという暴挙?に出るのだった!!

そして、デビューから2年後にはベースボーカルとしてソロ活動デビューを果たす事に!

BiSHオーディション後、渡辺マネージャーがアユニ・Dの地元まで出向いてまで口説いたという、そんな彼女の魅力とは?

BiSHメンバー紹介記事
アイナ・ジ・エンド-BiSHのおくりびと担当
セントチヒロ・チッチ-BiSHの見た目は真面目中身は悪女 これでも彼氏は2人まで担当
モモコグミカンパニー-BiSHのあまのじゃく担当
ハシヤスメ・アツコ-BiSHのメガネ担当
リンリン-BiSHの無口担当
ハグミィ-元BiSHのあぶない熟女担当
元BiSH-ユカコラブデラックスのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

スポンサーリンク


アユニ・D=純真無垢=白

2016年のBiSHオーディションの際、その場にいた人間全員で「彼女の地元に口説きにいくべき」と意見が一致したそうです。

そのくらい印象に残る少女だったんでしょう。

確かに彼女を見ると、「純」とか「無垢」、はたまた「ピュア」等という、到底自身の人生では1mmも唱えられることのない単語が後から後から出てきてしまう。

アユニ・Dのその無垢でピュアな姿に、我々清掃員(BiSHファンの総称)は深層心理のどこかで、恐らく自分がそうありたかった姿を投影しているようでならない。

それは産まれ立ての赤ん坊を見て、誰しもが抱く感情。

つまり、その先に拡がる無限の可能性

自身ではこれっぽっちも掴めなかった、360°全方位的∞の可能性を「形」として見せてくれているのではないか。

そう、それはまるで、神がこの世に産み落としたアダムとイヴが、禁断の果実を食べなかったらこうなっていたかもしれない等という、哲学的な夢想のメビウスの輪に愚民共を陥れてしまう程の力を、目に見える「形」で示してくれていると言っても過言ではない!

その無垢でピュアな姿で、もっとも印象に残っているのが↑のアユニ・D

デビュー当初のインタビュー記事でのひとコマなんだけど、こんなに白Tシャツが似合う子って、アユニ・Dと今井美樹くらいじゃない?

例えが古いと言われるかもしれませんが、周りの昭和のおじさんに聞いてみて。

今井美樹の全盛期のGパン+白Tシャツに、当時どれだけ多くの若者が心を打ち抜かれたことか!

言いすぎなのかもしれないが、そのくらいにアユニ・Dは澄み切っていて、これから何かに染まって欲しいわけではなく、むしろ何にも染まることなく、自身が周りを白に染める存在であってほしい。

黒は何色にも染まらない。

白は何色にも染まる。

それでも、それでも、黒を白に染めて欲しい。

黒を白に染めることが出来るかも知れない。

そう願わずには居られない、BiSHのメンバーの中でも唯一無二の存在。

そんなアユニ・Dの目標は

「可愛くなくても人を魅了させる人間になる」

だそうです。

でも、大丈夫。

全国の清掃員は十分魅了されてるからね(笑)

なので、次の目標は

「人を魅了させ続ける存在」

になって欲しい。

可愛いとか可愛くないはどっかの誰かが決めればいい。
みんなその意味を分からないなりに言葉を操るそれなりの人間だし。

ただ、人を「魅了し続ける」、人間ではなく存在であってほしい。

我々清掃員は、そんな人を魅了し続けるアユニ・Dを応援し続けるし、アユニ・Dがそんな「存在」であり続けるための、我々もまた清掃員としての「存在」だと思っているのだから。

ご存知ですか、「D」の意味
アユニ・Dの「D」の意味や種類が遂に判明!【ネタバレ注意】

スポンサーリンク


アユニ・DのTwitterのプロフ欄の謎

ツイッターはその人の日々のちょっとした事をつぶやくツールとして、今や全世界で使われているわけですが、もちろんアユニ・DもBiSH加入と共にツイッターを始めています。

そんなアユニ・Dのツイッターなのですが、他のBiSHメンバーはよく「自撮り画像」をツイッターでUPされるのですが、なぜかアユニ・Dはある日突然、自撮り画像をUPしなくなったりして、お兄たんズをやきもきさせたりするのです。

きっとそうやって「ジラす」作戦なのかもしれませんが、そうは行きません!

と、言いたいところなのですが、お兄たんズはすぐに酸欠状態になっちゃうので、定期的な自撮りのUPをお願いします。

ところで、最近アユニ・Dのツイッターのプロフ欄が謎めいていると話題なのはご存知でしょうか?

以下に時系列で一気に並べて行くのですが、これは、自撮りがUPされなくなってから、ちょうど衣装が新しくなり自撮りを再度UPし始める時までのプロフ画像になります。

D子です 顔の肉が異常
「みんなが僕をバカにすんだ」の人。ニックネームは「アユニさん」。
(T_T)\(^-^)
D子ちゃん
D子です
D子ちゃんです
D子ちゃんです 頑張ります

スポンサーリンク



D子ちゃんです gwお仕事頑張って
おい五月病
こちとらファッションセンス皆無マン(ガチ)
ホラゲの主人公になりたいんやが
こちとらファッションセンス皆無マン(ガチ)=2回目
根暗マン
根暗

以上、2017年5月前後のアユニ・Dのツイッタープロフになります。

さらに謎が深くなったプロフ欄が・・・

2018年にはさらにアユニ・DのツイッターのTOP画面が変わりました。 アユニ・Dプロフ欄 う~ん、謎の宇宙人のようなヘッダー画像と、プロフコメントには謎の文字?・・・

ということで、どちらも気になったので調べてみました。

まず、ヘッダーの謎の宇宙人ですが、これは、1973年のアニメ映画「ファンタスティック・プラネット」に登場する、ドラーグ族の画像です。

どんな内容なのか見てみたのですが、なかなか奥深い内容のようです。

人類の永遠のテーマ「平和と共存」を題材にして、アイロニカルに仕上げた内容のようです。

自称「根暗」のアユニ・Dの事ですから、きっとこういうの好きなんだろうなぁ等と思います。

そして、謎の文字ですが、意味は・・・ アユニ・Dのコメントの意味 なるほど、アラビア語だったんですね。

しかも、意味は「私は暗いです」って・・・

アユニ・Dも芸が細かい(笑)

こういう所って、きっと「アユニ・Dなりの個性」なんだと思うんだけどどうでしょう?

周りと同じが嫌で、でも何がいいか分からなくて、考えて考えて自分の中で考え抜いて、それでも答えはなくて。

ふと、出会った何かが強く印象に残って。

それは世間ではそれほど評価されるものでもなくでも自分を何か表現しようと思うとそれを引き合いに出してみるも誰からも理解や同意を得られることなくその話題を話した自分がまた嫌になって殻にこもりたくなる。

こういったツイッター画像もアユニ・Dっぽいと言えばぽいのかもしれません。

一瞬自撮りをUPしたと思ったら、すぐにツイ消ししたりもするし・・・。

清掃員に媚を売る必要もないと思うけど、見る側に「ご褒美」的な養分がちょっと欲しいかな。
自分以外の清掃員も少なからずそう思ってるとは思うので、是非、おいしい「養分」をください!

アユニ・Dのツイートについては↓も要チェックです。
【画像大量】BiSH-アユニ・Dのツイ消しされたツイートまとめ

スポンサーリンク


WACK総選挙で3位獲得!

wack総選挙 アユニ・D 2017年12月30日に行われた「WACK総選挙」。

WACKメンバー総勢25名の中から1位と2位を選挙で選出し、両名がavexからソロデビューができるという企画。

そんな企画で、2016年8月にBiSHに加入したばかりのアユニ・Dが、なんと!見事3位を獲得しました。

BiSやGANGPARADEの大先輩のいる中での3位獲得。

ここ最近の成長ぶりは目を見張るものがあり、「My Landscape」でのその歌声に清掃員もやられたはず。

大阪道頓堀でのゲリラライブでも、アユニ・Dのパート部分では、その歌声に歓声が上がるほどでした。
BiSHの大阪ゲリラライブ【THE GUERRiLLA BiSH】が予想以上にすごかった!

単なるアイドルというだけではなく、音楽性を伴わせるための努力をし、それが結果として見え初めてきている。

それを見た清掃員(BiSHファン)や研究員(BiSファン)、遊び人(ギャンパレファン)がアユニ・Dに投票したんだと思います。

言うなれば、これからどこまで成長するのか見てみたい。

そんな期待が大きく込められていたに違いありません。

ちなみにWACK総選挙結果と、アユニ・Dソロプロジェクトは全く関係ありません。

選挙3位だったのにソロ活動できるって、それって選挙の意味なくね?とかは、なしでお願いします。

詳しいWACK総選挙の様子は↓をチェック
WACK総選挙結果発表!1位チッチ2位アイナ!サプライズはまさかの!?

アユニ・DがソロプロジェクトPEDROでバンドデビュー

PEDROアー写
出典元:PEDROアー写

2018年9月19日にデビューミニアルバム「zoozoosea」をリリース。

これもBiSHお得意のゲリラ発表and発売。

当日タワーレコードでゲリラ発売されて、SNSでも大反響。

バンド形態のソロプロジェクト・PEDROとしてリリースする「zoozoosea」には、アユニ・Dが作詞、松隈ケンタ(SCRAMBLES)がサウンドプロデュースを担当した全7曲が収録される。

デビューミニアルバム「zoozoosea」の一部では、アユニが作曲やベース演奏、セルフプロデュースを手がけている。

またリード曲「自律神経出張中」のMVがYouTubeで公開。

2018年9月25日(火)には、PEDRO first live “happy jam jam psycho”in新代田FEVERも開催。

このMVは山田健人(yahyel)が監督による、ワンカット撮影のMVになっています。

併せて、初回限定盤付属DVDにはエリザベス宮地氏による、30分弱にわたる「PEDRO」が誕生するまでを追ったドキュメント映像「THE BIRTH OF PEDRO」の一部がYouTubeも公開された。

PEDROは「zoozoosea」を携え、9月25日に東京・新代田FEVERにて1stライブ「PEDRO first live “happy jam jam psycho”」を開催。

当日、アユニはベースボーカルを担当し、田渕ひさ子をギタリストに迎えてパフォーマンスを行う。

アユニ・Dソロプロジェクト詳細は↓をチェック
アユニ・Dソロ企画PEDRO「zoozoosea」の歌詞とその中身を解説します!

■PEDRO「zoozoosea」収録内容
<CD>
01. ゴミ屑ロンリネス
02. GALILEO
03. 自律神経出張中 
04. 甘くないトーキョー
05. MAD DANCE
06. ハッピーに生きてくれ
07. うた

<初回限定盤付属Blu-ray>
・自律神経出張中(Music Video)
・THE BIRTH OF PEDRO(ドキュメンタリー映像)

アユニ・Dのちなみに


アユニ・Dは、工業高校に通っていたので、ガソリンや引火性の液体を扱う資格「乙種第4類危険物取扱者」、通称乙4を持っているそうです。

乙乙乙乙ではなく、乙4ね。

なんともオタク心をそそるじゃまいか!

あと、中学ではバドミントン部だったそうです。

だからといって、白い体操服でバドミントンする姿は想像しちゃダメです!

アユニ・Dに対する、不純な妄想は厳禁です。
昔の人は、妄想は自由だと言っていましたが、妄想も空想も偶像崇拝もダメです。

アユニ・Dを白くあり続け、人を魅了し続けてもらうには、清掃員各位の邪念などそれこそクソなのですよ。

はい、お後がよろしいようで(笑)

関連記事
アユニ・Dに関する記事一覧
BiSHの歌詞・コールまとめ
作品紹介一覧TOP
メンバー紹介一覧TOP

スポンサーリンク