アユニ・Dの透明少女とNumber Girlの透明少女の衝撃を感情のままに叫びます!

スポンサーリンク
PEDROMVより1
出典元:PEDROMVより

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

アユニ・Dのソロプロジェクトで行われたライブ映像がyoutubeで公開されました。

それは、アルバムの中の曲ではなく、アンコールで歌われた、Number Girlの「透明少女」でした。

今日は、細かい事は抜きで、分かる人にだけ分かって欲しくて、感情のままに書き殴ります。

この曲がいかに私を感動の渦に巻き込んだか、改めてアユニ・Dの透明少女のライブ映像を見た感動を備忘録として残します。

アユニ・Dの透明少女

もう何度も見たと思いますが、再度。


透明少女の原曲を知らない清掃員もいたと思います。

清掃員には比較的年配の人も多いので、イントロの語りで鳥肌の立った方も大勢いたと思います。

「例えばあの娘は透明少女」

もう20年以上前になるでしょうか、この語りに何度打ちのめされた事か。

そして、この語りから間髪入れずの田渕ひさ子のギターのイントロ!

あの頃と何の遜色もない景色が一気にぶわ~~~~~っと目の前に拡がりました。

おいおい、アユニ・Dさんよ。

おじさんをどこまで記憶の彼方に引き戻すんだい??

Number Girlの透明少女

アユニ・Dが歌った透明少女の原曲がこちらです。


普通のかっこした若者がロックやってます。

本気のロックをやってます。

えっ?ロックの定義?

そんなもんどっかの誰かが決めればいいんだ。

だって、Number Girlがロックなんだもん。

当時、ロックに理由は必要なかった。

ブルーハーツもそう、eastern youthもそう、

考えるんじゃなくて感じろ!

そう思わせる力を持っているんですよね、Number Girlの歌は。

スポンサーリンク


ちなみに・・・

透明少女について、田渕ひさ子氏はこう言っています。


そう、この頭のギターが全てを壊しにかかるんです。

もうどうしようもなく、今までの自分を壊したくなるような衝動に駆られるんです。

もちろん悪い意味じゃないですよ。

この曲を聞くと、自分の固定概念をゼロにしてくれるような、そんな感覚に陥ります。

「20年前の私のロックを20年後のアイドルが歌う」

全くもって想像もしていなかったこのカバーに、拍手喝采を送るとともに快哉を叫びたいと思います!!

古い記憶は美化されると言います。

それでもあえて言います。

私の透明少女は今もピカピカです!

スポンサーリンク

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
BiSHを応援するブログ書いてます。
個人的な妄想も相当盛り込まれていますが、そこはご容赦くださいませ。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする