GANGPARADE(元SiS)-ユイ・ガ・ドクソンのプロフィールを紹介します!

スポンサーリンク
ユイ・ガ・ドクソン

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

見た目はメガネをかけた謎の占い師。

流暢な関西弁を操り、彼女に触れた者は強制的に遊び人(GANGPARADEのファンの総称)に変えられてしまうという特殊能力を持っているユイ・ガ・ドクソン。

ここでは、そんな謎の魅力を持つユイ・ガ・ドクソンのプロフィールをお伝えいたします。

WACK総選挙2017でまさかのラッキーガールとなった、ユイ・ガ・ドクソンの本当の魅力とは一体!?

スポンサーリンク


ユイ・ガ・ドクソン 眉
■誕生日:10月21日(年齢不詳)

■BiSオーディション時の仮名:セカンドサマー・ウイカ(仮)

■元SiS時の名前:陳美麗(チンミレイ)

■ギャンパレ加入日:2016年10月6日

■出身:関西(大阪岸和田のアイドル唯我独尊は無関係)

■担当:お色気⇒革命

■名前の意味:唯我独尊(自分だけがすぐれていると自負すること)

■名前の由来1:ユイ・エンプティーという候補もあったが「中身が無い」という意味だったのでやめた

■名前の由来2:アイナ・ジ・エンド的でいいかなと思ったから

■本名:名前の由来から察するに「ゆい」?

■バイト経験:かに道楽・アパレル業界

■チャームポイント:メガネと三つ編み

■好きなバンド:筋肉少女帯

■好きな食べ物:ラーメン

■趣味:でかいTシャツ集め

■葬式で流して欲しい曲:ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「Re:Re:」

■BiSオーディションを受けた理由:自分の人生を楽しくしたいと思ったから

■BiSに入ったらしたい事①:旧BiSが作ったようなアイドルシーンをもう一度作りたい

■BiSに入ったらしたい事②:USJでライブしたい

■エピソード1:友人に付けられたあだ名:最終の女(オーディションの最終でいつも落ちていたから)

■エピソード2:BiSHのオーディションでは最終まで残っていた

■エピソード3:SiSの活動休止後渡辺氏に会いに直接WACK事務所に乗り込んだ

2016年9月新生BiS合宿オーディションに落選、その後BiS公式ライバルグループ・SiSに加入するもお披露目ライブ直後に活動中止。

絶望とも言える状況から諦めることなく、なんやかんやありながら、テラシマユウカ、ココ・パーティン・ココと共に2016年10月6日WACK事務所のGANG PARADE(ギャンパレ)へ加入。

ユイ・ガ・ドクソンがGANGPARADEに加入するまで

BiS合宿個人面談 ユイ・ガ・ドクソン
ユイ・ガ・ドクソンを語るには欠かせない、新生BiSオーディション時の面談の動画をまずはご覧ください。

BiS合宿 個人面談 セカンドサマーウイカ(仮)1/2

BiS合宿 個人面談 セカンドサマーウイカ(仮)2/2

BiS合宿 風呂前インタビュー セカンドサマーウイカ(仮)

どちらかというと、アイドルっぽくないというか、普通の女の子な感じがしませんか?

WACK事務所、特にアイドルとっしての歴史も長いギャンパレには珍しいというかなんというか・・・。

そんなユイガドクソンですが、なんやかんやでGANGPARADEに加入することになるのですが、一体どんな事があったのでしょうか・・・。

GANGPARADE-ユイガドクソンのプロフィール

ユイ・ガ・ドクソン かめはめは

出典元:https://ototoy.jp/feature/2017111007

2016年9月新生BiSオーディション合宿に参加するも、見事に落選。

が、その直後、新生BiSの公式ライバルアイドルグループとして、つばさレコーズの清水氏と共にSiSを立ち上げる。

SiSとしてのお披露目ライブの直後に解散を発表。

解散理由は清水氏の重大な背任行為との事だが詳細は公表されず。

SiS解散後には、テラシマユウカ・ココ・パーティン・ココと元SiSメンバー1人を含む4人でWACK事務所代表渡辺氏に直接会いに行く。

これは、BiSオーディションからSiS解散までの流れがあまりにも唐突すぎて、4人の中でも事態が消化しきれず話し合った結果の行動だったようです。

ここの激動の流れはココ・パーティン・ココのプロフィールでも紹介しているのですが、たしかにありえない流れではあります。

が、その後のこの4人の行動力には脱帽じゃないですか?

渡辺氏にも「まじキモいよ、ストーカーだよ」と言われたんだとか。

その後食事会が開かれ、そこでテラシマユウカ、ココ・パーティン・ココと共にGANGPARADEへ加入し、晴れてアイドルとしてデビューすることが決定。

GANGPARADEでは、ココ・パーティン・ココ同様に明るいキャラで人気を博し、愛称としては、遊び人(GANGPARADEのファンの総称)のみならず、自らも自身をドクソンと称しています。

スポンサーリンク


ユイ・ガ・ドクソンがまさかのソロデビュー!?

ユイ・ガ・ドクソン ソロデビュー
2017年12月30日、WACK総選挙でまさかのサプライズでソロデビュー権を獲得し、ユイ・ガ・ドクソンとしてWACKのインディーズレーベル「WcDONALD records」からソロデビューする事が決定。

2018年6月18日(月)には、自身のソロ・デビュー・シングル発売を記念した特番をニコニコ生放送にて配信することが決定。

【GANG PARADE】ユイガドクソン/WACK総選挙立候補者政見放送

【GANG PARADE】ユイガドクソン/WACK総選挙ポスター

ユイ・ガ・ドクソン
こういった選挙活動を経て、棚からぼた餅的に掴み取ったソロデビューですが、何がびっくりってユイ・ガ・ドクソンのこのガングロ具合ですよね?

渋谷のガングロ女子高生に扮して、ユーロビート調とパラパラダンスがパリピな楽曲を全力で歌っている「 Like a virgin」公式MVが↓

ユイ・ガ・ドクソン / Like a virgin【OFFiCiAL ViDEO】


撮影場所は渋谷のガールズバー「ギラギラガールズ」だそうで、ガングロ美女に囲まれての撮影だったようです。

しかしまぁ、よくもここまで振り切ったよなぁっていうね。

我々おっさん世代からすると、昔はガングロの若い女の子がいてね・・・という思い出話になるのですが、ひょっとしたら流行が一周したんでしょうか?

当時のガングロブームの時には、私自身はどちらかというと若干拒否反応を示していたのですが、ユイ・ガ・ドクソンに至っては、ちょっと印象が違うかなぁ。

ギャンパレ加入前からのBiSオーディションから知ってて、その背景を加味してみるとなんだかガングロよりもソロデビューした事の方が感慨深いんですよねぇ。

とりあえず、一発限りのソロデビューではあるみたいですが、また何か機会があれば、ソロデビュー第二弾に期待したいところですね。

ユイ・ガ・ドクソンと言えばラーメン!?


音楽記事ototyさんの企画で、ユイ・ガ・ドクソン自らがラーメンレポートを執筆中。
ユイ・ガ・ドクソンのラーメンレポート

ギャンパレの中でも、無類のラーメン好きが高じてのラーメンレポートのようですが、これがなかなか的を射た食レポとなっています。

読めば分かるのですが、ただのラーメン好きには書けない記事内容なんです。

しかも、この記事を読むと、そのラーメンをなぜか食べたくなるんです(笑)

アイドルとしての才能だけでなく、ラーメンマニアとしての才能をここに開花させたユイ・ガ・ドクソンなのでした。

GANGPARADE-ユイ・ガ・ドクソンのプロフィールまとめ

ユイ・ガ・ドクソン

う~ん、こうやって見ると、もはやアイドルというか、「ガングロでソロデビューしたラーメン好きの女子高生」

みたいな事になってませんかね?

ここでは、GANGPARADEの曲については触れてませんが、そのライブでの圧倒的なパワーは、他のギャンパレメンバー同様に熱く激しいのは間違いありません。

ただ、他のギャンパレメンバーにはない才能をユイ・ガ・ドクソンは持ち合わせている・・・と。

BiSHのハシヤスメ・アツコと並んで、同じメガネキャラだし、↑のように公式のアー写では独特の麻呂風眉で遊び人の度肝を抜いたり、時に仏陀のごときパフォーマンスを見せるユイ・ガ・ドクソン。

ハシヤスメ教信者とバッティングする説もありますが、GANGPARADEのユイ・ガ・ドクソンとしての今後の活躍から目が離せません!(笑)

スポンサーリンク


清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
BiSHを応援するブログ書いてます。
個人的な妄想も相当盛り込まれていますが、そこはご容赦くださいませ。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする