モモコグミカンパニーのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

モモコグミカンパニー
モモコグミカンパニー

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

私のモモコグミカンパニーの第一印象は、ちょっとどこか抜けてて小っちゃくてヒョコヒョコしている、でした。

 

正直歌がそんなにうまい訳ではなく、ダンスが得意という訳でもない。

 

ですが、モモコグミカンパニーの魅力は、一言で言うと、その世界観なんだと思います。

 

BiSHのメンバーの中でも、最も多くの曲の作詞に携わり、ツイッターでは自身の想いを文字に乗せて綴ったりもします。

 

そして、その文才が世に認められ、作家としてもデビューしています。

 

もはやアイドルというよりも、個人的には思想家的アイドルなのではないだろうか?とさえ、最近は思ってきています。

 

ここでは、そんなモモコグミカンパニーのどこよりも詳しいプロフィールを紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

モモコグミカンパニー プロフィール

出典元:すしおグミカンパニー様イラスト

 

■誕生日:9月4日(母親の誕生日は10月23日で渡辺淳之介と同じ)
注1※2020年元旦のCDTVでねずみ年だと言ってしまう(必ずしも自分がねずみ年生まれだとは言ってない)
注2※ミオフェス(2017年)時に大学の卒業式があったと言及あり(著書:目を合わせるということ141Pより)

■年齢:永遠の18歳

■血液型:O型

■身長:148cm

■足のサイズ:23cm

■自信のある身体のパーツ:父親似の角ばったアゴライン

■出身地:東京都

■家族構成:父・母・兄・モモコ・弟

■名前の由来:モモコグミカンパニーがでんぱ組を好きだというので、モモコグミ会社(カンパニー)と命名した。別名で「モモコグミ薬局」という候補もあった。

■小学校時代の部活:剣道部

■中学時代の部活:吹奏楽部(トロンボーン)

■高校時代の部活:サッカー部に所属。ポジションはボランチ

■出身大学:国際基督教大学(ICU)(教養学部)

■卒論のタイトル:「アイドルと演じること 一人の人間に見る虚像と実像」

■趣味:アロマ(検定を取りたいくらい好き)

■好きなタイプ:二枚目・秀才・メガネ君

■好きな男性の仕草:照れ笑い

■男子のキュンポイント:普段はクールなのに、笑ったら八重歯が覗くとかギャップがあって良い

■好きな食べ物:お寿司・スルメ

■好きな刺身:イカ、ハマチ

■好きなおでんの具:ロールキャベツ

■好きなおにぎりの具:コンブ

■好きなお笑いコンビ:ジャルジャル、かが屋

■ジャルジャルで一番好きなネタ:『父親の愛情受けずに育った奴』

■好きなタイプ:やさしい人=おもしろい人、中性っぽい人

■好きなアーティスト:
JUDY AND MARY(好きな曲:そばかす)
それでも世界が続くなら

■好きなカレー店のメニュー:COCO壱番屋のカツカレー

■好きな作家:さくらももこ・住野よる・村上春樹・村田沙耶香

■好きな作詞家:高橋久美子・いしわたり淳治・松本隆

■好きなTV番組:セサミストリート

■好きな映画:ピンポン

■好きな戦隊物:メガレンジャー(中性的で黄色が好き)

■好きな本:村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

■好きなキャラクター:ムーミンに出て来るキャラ達(特にスナフキン)

■好きな都道府県:福岡県

■好きな曲:YUKI「相思相愛」岡崎体育「鴨川等間隔」

■好きな天気:雨が降りそうで降らない天気、春だけど肌寒い日、カラッとしてる冬の朝

■好きな男性のファッション:自分に似合う服を分かっている人

■今まで一番気に入っているMV・衣装:「MORE THAN LIKE」

■嫌いな動物:小動物(ネズミ・ハムスター)

■得意料理:そば

■平成で一番食べたもの:いかソーメン(スルメの方)

■おすすめの映画:リバースエッジ

■生きるために必要な事:日光空気心音楽言葉人するめぐみBiSH

■きのこ派?たけのこ派?:きのこ派

■最近練習している口の技:巻き舌

■愛用のシャンプー:BOTANIST

■飼ってるペット:柴犬とヨークシャーテリアの雑種

■動物を飼うなら何がいい?:めだか

■小さい頃の習い事:ピアノ、書道、体操教室

■小さい頃のあだ名:チョコチップ(ほくろだ多かったから)

■アルバイト経験:
ラウンドワン(約1年)
映画館
record bar 33 1/3rpm(渋谷のレコードバー33回転)

■アルバイトをクビになった原因:
①客に中学生は働いていいのかと言われることが多かったから。
②お客様がいない時にソフトクリームをこっそり食べていたから。

■男性の最初に見る所:表情

■趣味:ゲイの出会い系サイトを見る事・喫茶店めぐり

■アーティストになっていなかったら?:コピーライター

■朝食:ちょっと高めのトーストをフライパンで両面焼く

■リンリンが気になるモモコのクセ:箸をなめてから食べ物に箸を伸ばす事

■一度は立ってみたい舞台:日比谷野外音楽堂

■コンプレックス:滑舌が悪いこと

■利き腕:おでんの卵を持つ時以外は左利き

■利きち○び:左ちく○(左利きだから?)

■言われて嬉しい言葉:目がきれい(裸眼だから)

■初デートで行きたい場所:ひとりがいい or 晴れた日の海

■今までで一番ラッキーだったこと:BiSHに入れた事

■休みが取れたら:自分の部屋にいたい or スカイツリーを見に行きたい

■初めて買ったCD:iTunesで買った、スピッツ「チェリー」&それでも世界が続くなら「僕は君に武器を渡したい」

■ライブ前のゲン担ぎ:靴ヒモを二重に結ぶ

■ライブ前のルーティン:前のツアーの動画を復習のために観る

■やってみたい楽器:ドラム。理由⇒リズム感が悪いから

■自分を動物に例えるなら:犬

■特技:階段の駆け下り

■アレルギー:猫

■住みたい街:神保町(書籍の街だから)

■バッグに入っているマストアイテム:本とペンとノート

■メンバーとの意外なつながり:お互いYUIさんが好きなのでアイナ・ジ・エンドとよくイントロクイズをやっている

■メンバーと付き合うなら誰:アイナ・ジ・エンド。でも浮気されそう

■最近始めたこと:Uber Eats

■オリンピック選手になるならどの競技:水泳。運動は苦手だけど平泳ぎだけは得意だから

■寝る時のマイルール:雨の音をBGMにして寝る。理由は小さい頃雨が降れば遠足や運動会が中止になったから

■座右の銘:当たり前は当たり前じゃない&普通のことを普通にする

■自分の性格を一言で言うなら?
方向音痴

■自分を動物に例えると?
リス

■好きな季節は?

■自分の顔のパーツで好きなところは?

■好きな映画は?
マイブルーベリーナイツ

■ゆずれないポリシーは?
自分がやられたくない事はしない

■誰にも負けない事は?
左利きで何でもやる

■宝物は何?
書き留めたノート

■今の夢は?
新しいパソコンを買う

■苦手なものは?
ネズミ

■せっかち?のんびり?
ハーフ&ハーフ

■自分にとって1番大切なものは?

■自分の中の伝説は?
ライブ中ピザを頼んでステージで食べたこと

■ファッションアイコンは誰?
菊池明子さん

■ビューティーアイコンは誰?
鈴木えみさん

■ライフスタイルアイコンは?
夏目漱石

■憧れの人は?
石渡淳二さん

■同じ業界でよく遊ぶ人は?
音楽やってるお姉さんたち

■地元はどんな街だった?
緑豊かな街

■休日によく行く場所は?
喫茶店

■一番会いたい人は?
おばあちゃんと実家の犬

■好きなアーティストは?
スピッツ

■影響を受けたアーティストは?
YUI

■最近リピートしている曲は?
鬼塚ちひろ(めまい)

■これからやってみたいライブパフォーマンスは?
上から降りてくるやつ

■今までのライブで1番印象的だったエピソードは?
客席ダイブして逆立ちに

■ファンはどんな存在?
モモコグミカンパニーの一部

■ラジオDJになったら1番最初にかけたい曲は?
BiSHの「遂に死」

■メンバーの中で付き合うなら?
リンリン

■メンバーの中で付き合いたくないのは?
チッチ(彼氏は1人まで担当なので)

■メンバーの中で誰が1番しっかり者?
アユニ

■メンバーの中で誰が1番天然?
ハシヤスメ

■BiSH結成したから1番衝撃だった出来事は?
自分の笑顔の作り出さ

■BiSH結成以来1番大変だった出来事は?
カメラに映ること

■BiSH結成以来1番幸せだった出来事は?
いろんな人に会えたこと

■BiSHのメンバーとこれからしたい事は?
バラエティーの冠番組をやりたい

■コラボしたいアーティストは?
ヤバTさん

■BiSHでカバーしたい曲はある?
ザ・ブルーハーツ「終わらない歌」

■読者の知らないメンバーの秘密は?
リンリンと交換ノートしています

■苦手な食べ物は?
抹茶

■好きなおにぎりの具は?
鶏五目

■好きな飲み物は?
ほんのり味の炭酸

■お酒は飲む方?
あんまり飲まない方

■好きなお酒はある?
梅酒、梅干しサワー

■最後の晩餐は何が食べたい?
すき焼き

■日食べられるものは何?
もずく

■好きなラーメン屋は?
ない!

■和食?洋食?中華?それ以外?
和食派

■寿司のネタは何が好き?
イカ

■自炊する?
しませんね

■得意料理は?
パスタをゆでる

■甘いものは?しょっぱいものは?
しょっぱいもの派

■そばは?うどんは?
そば

■パンは?お米は?麺は?

■マクドナルドで好きなメニューは?
シンプルなチーズバーガー

■スタバで頼むメニューは?
カフェミスト

■占い信じる?
信じません

■好きな正月の過ごし方は?
駅伝見ながらお雑煮食べる

■一年間の行事で何が好き?
意外とバレンタイン

■最近ついてしまった小さな嘘は?
148センチあるって言った

■一番好きなコンビニはどこ?
ミニストップ

■最近のマイブームは?
月を見る

■今何か楽しみにしている事ある?
アロマ集め

■最近成長した事は?
じっとしていられるようになった

■よく使うアプリは?
文字数カウントメモ

■朝起きて最初にすることは?
うがい

■口癖はある?
平気だよ

■今までに見た印象的な夢は?
セトリが頭に入ってないままステージに出る

■無人島に1つ持っていくなら?
マッチ

■アウトドア派?インドア派?
外でインドアなことをする

■ポジティブ?ネガティブ?
ネガティブ

■毎日の睡眠時間は?
7時間

■メールは?電話は?
どっちもです

■バックの中何が入ってる?
練習着、本

■最近1番笑った出来事は?
おばあちゃんにダメージジーンズを飲まれそうになったこと

■最近泣いた出来事は?
スマホが水没した

■最近いらっとした出来事は?
すまほー修理に出して数分後に壊れた

■最近感動した出来事は?
「クローズアップ現代」

■チャームポイントは?
最近できた頬のニキビ

■コンプレックスは?
声が低い

■何オタク?
歌詞オタク

■YouTubeはよく見る?
東京033のコント

■Netflixを見る?
あいのり

■音楽アプリに入っている曲数は?
500から1,000

■カラオケで何歌う?
JUDY AND MARY「そばかす」

■カメラロールで1番最後に保存してある写真は?
Twitterのリプのスクショ

■一日で最長何時間寝られる?
12時間

■よく使う絵文字は?
m(_ _)m

■友達と1番盛り上がる話題は?
面白かった人の話

■どうしても克服できないものは?
サッカー以外の球技

■何に1番お金をかける?
メイク道具

■一番のストレス解消法は?
夜の散歩

■自分にとってのヒーローは?
渡辺さんとメンバー

■好きなスポーツは?
水泳、剣道、サッカー

■暇つぶしによくある事は?
小説を読む

■悩みがあるときどうする?
とにかく歩く

■捨てられないものは?
手紙

■待ち合わせ場所には早めに行く?時間ぴったりに行く?
ぴったりに行く

■変わった特技はある?
階段の駆け下り

■好きな事は引きずる?すぐ忘れる?
引きずる

■弱点はある?
こちょこちょ

■一番好きな曜日は?
月曜と水曜日

■冬の楽しみといえば?
ほかほかのたい焼きを食べ歩き

■年末年始の過ごし方は?
実家

■初対面の人と話すときに気をつけていることは?
目を見る

■今の自分を漢字一文字で表すと?

■お風呂は何分?
15分

■シャワーは?湯船つかるは?
つかる

■実は弾ける楽器は?
トロンボーン

■連絡はマメにする?
する

■初恋は何歳?
5歳

■好きなタイプは?
かっこかわいい人

■恋愛対象の好きな服装は?
ユニセックス

■何フェチ?
声、匂い

■一目惚れしたことある?
ある

■自分から告白するタイプ?
玉砕タイプ

■やってみたい仕事は?
バラエティーのドッキリ

■小さい頃の夢は?
セーラームーン

■今まで1番高い買い物は?
マットレス

■今までで1番恥ずかしかった出来事は?
学校にランドセル忘れていった

■今までの人生で1番テンションの上がった出来事は?
スタバの券(あ、こういうのって私でももらえたりするんだ、と思った)

■今まででもらって1番嬉しかったプレゼントは?
誕生日にメンバーから電話

■一番緊張した出来事は?
横割ワンマン

■習い事何やってた?
ピアノ、習字、水泳

■反抗期あった?
ありありです

■好きな教科は何だった?
英語、数学

■中学の時テスト何位だった?
頑張ってたので割と上でした

■小学生の頃の小遣いはいくら?
500円

■自分で働いたお金で1番最初に買ったものは?

■自分の中の黒歴史の出来事は?
幼稚園に一時期コスプレをして言ってた

■今までの人生で食べたものの中で1番おいしかったものは?
実家で食べるすき焼き

■今となっては笑い話な事ある?
一緒に入った当初、キャラをつけようと目を頭から生やしていた

■今まで秘密にしていた事は?
BL漫画を読むこと

■50メートル走何秒だった?
9秒

■今までで1番頑張ったなと思う事は?
受験期

■小さい頃1番好きだったテレビ番組は?
めちゃイケ、はねるのトびら

■人生で最高に幸せだった日は?
幕張ワンマン

■ファッションのこだわりは?
ガーリーとボーイッシュどっちも

■1番好きなブランドorショップは?
RNA MEDIABEAMS BOY

■どうしても欲しい服はいくらまで出せる?
3万

■部屋着何きてる?
ユニクロのパジャマ

■下着へのこだわりはある?
肌触りが良いもの

■帽子はどういうタイプのものを被る?
ベレーかキャップ

■メンバーの中で1番のファッションフリーク?
リンリン

■スカートは?パンツは?
パンツ

■一番最近買ったアイテムは?
ピンクのオーバーオール

■毎日のスキンケアを教えて
キュレルを使ってます

■使ってる香水は?
THE BODY SHOPの桜の香りのするやつ

■してみたいメイクは?

ビジュアル系メイク。好きなので

■メイクは何分かかる?
30分

■お気に入りのリップを教えて?
SHIROのリップ

■エステやマッサージは行く?
行きます!

■美容室に行く頻度は?
多い時で月2回

■美のこだわりがある?
誰とも比べずベストな自分でいられるようにすること

■美意識の高いメンバーは誰?
アイナ

■日意識の低いメンバーは誰?
いない

■魔法が1つ使えるなら?
ホルモンバランスが好きなときに止められる

■透明人間になったら?
ストーキング

■過去に戻れるなら?
2ヶ月前位

■海外旅行に行くとしたらどこで何したい?
ノルウェーでお散歩

■生まれ変わったら男と女どっちになりたい?

■子供を産むとしたら男と女どっちがいい?

■1000円以内で友達にプレゼントあげるとしたら?
スタバの券

■100万円もらったら何する?
高めのアクセサリーが欲しい!

■何でも叶えてもらえると言われたら何がいい?
自動で寝て自動で起きられる体内目覚まし時計を埋め込んで欲しい

■徒歩○○分は何分までが限界?
25分

■ひとり○○どこまでできる?
居酒屋まで

■100万円もらったら何に使うの?
良いソファーが欲しい

■総理大臣になったらどんな法律を作る?
年功序列の廃止!

■1週間休みがあったら?
近場で一人旅

■1日だけ誰とでも入れ変われるとしたら誰がいい?
芦田愛菜さん

■今何の副業でもOKと言われたら何をする?
探偵事務所に雇われたい

■2020一年新たに挑戦してみたい事は?
資格を取りたい

■これからも絶対にやりたくない事はある?
駅伝

■いつか住みたいと思うところは?
吉祥寺

■行ってみたい場所は?
パリ

■今の夢は?
平穏な毎日

■来世は何になりたい?
代官山の犬

■コロナが完全に収束したらまた何をする?
ファンの人と握手会やチェキ会したいですね

■10年後はどうなっていると思う?
伝説になっていたい

■将来子供欲しい?
はい

■今後の目標:年末の「笑ってはいけない」に出演すること

■2019年の抱負:「人に迷惑をかけないニート」への第一歩を踏み出す

■2019年を1文字で例えると:涙

■2019年夏挑戦したいファッション:ワンピースの半袖かノースリーブの夏っぽいものを探す

■令和での目標:本棚がいっぱいになったので新しくする

■2020年の抱負:小動物を克服する

■2020年の抱負2:風邪引かないぞ!

■2020年を1文字で例えると:愛

■エピソード1:高校時代に「ハイスクール漫才」に出演経験あり(ボケ担当)

■エピソード2:ライブ中にピザを注文して食べた事がある

■エピソード3:小学校の頃転校する時に同じ誕生日の子から手紙をもらったことがある

■エピソード4:小学5年~中学1年までは新潟県に住んでいた。

■エピソード5:小学校の頃かくれんぼをしていて、1人くらい大丈夫だろうと思って隠れるふりをして家に帰った事がある

■エピソード6:BiSHのオーディションに合格した時は、合格直前にバイトの面接に二つ落ちていた。

■エピソード7:夢は「でんぱ組.incぐらい有名になりダウンタウンDXに出て、さくらももこさんに会う事。」

■エピソード8:朝5時に起きて白湯(さゆ)を飲むのが習慣

■エピソード9:興味もないのにオーディションに行ってその内容を盗聴し、後日それを聞くのが楽しみだった

■エピソード10:オーディションの時につばを飛ばしまくってた

■エピソード11:兄が結婚式で「プロミスザスター」を流してくれた

■エピソード12:美容室では「はい」「いいえ」「そうです」「あはは」で会話を成立させている

■エピソード13:妄想族なのでペンと紙があれば無限に時間を潰せる

■エピソード14:モモコグミカンパニーの母親の誕生日は渡辺淳之介氏と同じ10月23日

■エピソード15:父の名前は俊久。俊缶のペンネームで俳句を嗜む
「新宿の 夜空の底の ビヤホール」 俊缶
「老いた師は 今やさしくて 夏の暮れ」 俊缶
「下宿の畳 夕焼けに 染まる時」 俊缶

■エピソード16:Mステでもらった特性ティッシュを弟が勝手に持ち出したがなんとか死守した

■エピソード17:80歳を過ぎたおばあちゃんが今も現役で卓球を頑張っているのを見て日々自分も頑張っていこうと思っている

■エピソード18:2018年8月に漫画家さくらももこさんが亡くなられた際にホンシェルジュに寄稿している⇒さくらももこさんへ BiSHモモコグミカンパニー

■エピソード19:昔父の仕事の関係で少しだけ新潟に住んでいた

■エピソード20:実はハシヤスメ・アツコ推しでかわいい画像を集めている

■エピソード21:小学2年生のときは前髪も後ろ髪も長かった。小学6年生のときは三つ編み子って言われていた

■エピソード22:ドッヂボール苦手なくせに避けるのだけは得意なのでいつも最後まで残っていたタイプ

■エピソード23:自分のパジャマじゃないと寝れない派なので、遠征の時は必須

■エピソード24:本を好きになったきっかけは森絵都さんの「カラフル」を読んで世界の見方が変わって感動したから

■エピソード25:2020年7月5日のNHK俳句で詠んだ句「帰り道 夏夜に浮かぶ 涙声」

■エピソード26:コロナ期間中にコーヒーを豆から挽くようになった

■エピソード27:自分が初めて書きたいと思って書いて出した歌詞は「Nothing.」

■エピソード28:2018年4月7日と2020年12月7日発売の雑誌「文學界」に2度寄稿歴あり

■エピソード29:メンバーのリンリンとはもう2冊目となる交換日記を続けている。ただ、最近はネタが尽きて来てランキングや絵しりとりをしている

■エピソード30:高校受験の時ベッドがあるから寝るんだと思い、ブラックコーヒーをがぶ飲みして朝4時まで勉強しようと思った。そこで、すのこの上のベッドのマットとかを隣の弟の部屋にもって行って見えないようにしたが、そしたらすのこの上で綺麗に寝ていた。

■エピソード31:テストの前には大きい紙に「絶対99点取る!」や「寝ない!」「欲に負けない!」等と書いて壁に貼っていた

■エピソード32:BiSHに入りたての時自分に自信がなく、“君は出来る”ってメモを書いてライブ中こっそりポケットに入れていた

■趣味:盗聴と読書
honciergeにもライターとしての投稿あり。このhonciergeでは、BiSHの歌詞の多くをなぜ、モモコグミカンパニーが手掛けているのかが垣間見える内容となっている。

■担当:あまのじゃく
「就職するなら~、モモコグミ~!」

■ツイッターアカウント:@GUMi_BiSH

■横浜アリーナでの担当:三代目は物書き

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以上、公式プロフ、Twitter、BiSHラジオ番組「ATTACK OF THE KILLER BiSH」、大手掲示板等を参考にしております。
万が一、誤情報のご指摘等ありましたら、ご一報頂ければ助かります。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

スポンサーリンク

 

モモコグミカンパニーがかわいすぎる件

モモコグミカンパニーはBiSHの中でも一番低身長で、そのマスコット感はBiSHの中でも際立っています。

 

また、ライブでは、アイナ・ジ・エンドのスカートの中に包み込まれるという謎のパフォーマンスを見せたりもするモモコグミカンパニー。

 

メンバーの中でもいじられキャラのようで、DEADMANのPVのラストシーンでは、なぜか落とし穴に落とされるシーンも!?

 

 

そんなモモコグミカンパニーですが、とにかくかわいいんです!

 

どのくらいかーいいかというと・・・

 

ずるいくらいかわいいモモコグミカンパニー

ずるいくらいかわいいモモコグミカンパニー

 

はい、キュン死しました。

 

さらに!

 

 

世界で一番ゲソの似合う女子といえば、間違いなくモモコグミカンパニー!

 

もうまさに、ゲソの極(以下略

 

そんな冗談はさておいて・・・

 

もうあれですね。

 

女性清掃員(BiSHファンの総称)からすれば、このかわいさには脱帽ですよね。

 

男性清掃員からすれば、もしこんなかわいい子に上目遣いで何かおねだりでもされようもんならイチコロですね。

 

100年とか1000年に一度の天使、なんて言われるアイドルもいますが、そんなアイドル達をなぎ倒してしまうくらいの勢いのかわいさだと思うんだけど。

 

例えるならば、

 

誰が見ても否定することの出来ない産まれ立ての赤子の笑顔を常時備えている美少女

 

ライブでのダンスも歌も全力で、ステージの上を舞う妖精のような輝く姿は、BiSHの中でもナンバーワン!

 

そんなこんなで~、あなたも今日から~、モモコグミ~♪

 

モモコグミカンパニーの人気は歌詞とその人間性にあり

かわいすぎるモモコグミカンパニー

かわいすぎるモモコグミカンパニー

 

モモコグミカンパニーは、BiSHの曲の作詞を多く手がけています。

 

日頃から読書を好み、その文才は歌詞の中でも如何なく発揮されています。

 

そんなモモコグミカンパニーが作詞した曲に、「JAM」という曲があります。

 

この「JAM」の歌詞で最も印象的な一節が

 

一番なんて僕はいらないから君にあげよう 誰かの上立たなくてもさ輝けるはずだから

 

この歌詞って、なかなか書けないですよね。

 

アイドルである以上、一番になりたいだろうし、よくライブでは「優勝」というキーワードも出てきたりするくらいです。

 

それなのに、<一番なんて僕はいらない>だなんて、すごくないですか?

 

この歌詞の裏には、世の中の一番じゃなくて、<誰かの一番になれたらそれでいいよね>というような意味に解釈できませんか。

 

こういった歌詞を書けるモモコグミカンパニーの人間性には、本当に驚かされるばかりです。

 

欲張ったり、自分の主張だけを推し進めるのではなく、謙虚な姿勢でそれを言葉に出来るって本当に素晴らしいと思います。

 

そんな彼女だからこそ、歌やパフォーマンスだけではなく、その秀でた人間性によって、今のBiSH人気を牽引しているといっても過言ではありません。

 

そういう意味では、モモコグミカンパニーは、現在のBiSHになくてはならない存在だという事は間違いありません。

 

ちなみに、2018年春のWACK合同オーディションでの学力テストでは・・・

 

モモコホトトキス

モモコホトトキス

 

なるほど、モモコグミカンパニーらしいですね。

 

モモコグミカンパニーの作詞にかける想いは↓の記事を是非読んでみてください。

 

モモコグミカンパニーの魅力って本当にこういうとこなんだよなぁ~、っていうのが伝わる内容となっています。

 

 

モモコグミカンパニーが本を出版し作家デビュー

モモコグミカンパニー「目を合わせるということ」
BiSHの中で作詞をしている事が一番多いモモコグミカンパニー。

 

普段から読書好きを公言していますが、遂にモモコグミカンパニー自身の著書が発売される事となりました。

 

タイトルは「目を合わせるということ」 。

 

実際に読んだ感想は↓を参考にしていただければ幸いです。
【感想】BiSH-モモコグミカンパニー著「目を合わせるということ」

 

発売日は2018年3月7日。

 

この「目を合わせるということ」には、BiSHのモモコグミカンパニーが体験した2015年~2017年の3年間の物語が、モモコグミカンパニーの目線で描かれています。

 

オーディションに自ら参加して盗聴をするという、謎な興味本位で受けたオーディションに女子大生が合格し、「新生クソアイドルです」という肩書きのもとデビューし、様々な個性の強いメンバー達と、切磋琢磨しながら駆け抜けてきた。

 

そんな3年間を、モモコグミカンパニー独自の視点から描き出している。

 

また、約半年にわたって書き下ろした本編の他、モモコグミカンパニーの母とWACK代表の渡辺淳之介のコメントも収録されているので、そこにも注目していただきたい。

 

ちなみに、告知の仕方もBiSHらしくて好きです(笑)

 

 

※アイドルとしてではなく、ひとりの女の子としてのモモコグミカンパニーをもっと知りたい方はぜひ↓の初エッセイも見てみてください。あなたの知らないモモコグミカンパニーに出会えますよ。

 

 

2020年12月8日。

 

エッセイ第二弾「きみが夢にでてきたよ」が発売となりました。

 

詳しくは↓で感想と共に紹介しています。

 

 

モモコグミカンパニーの居残り人生教室

2018年11月より「モモコグミカンパニーの居残り人生教室」というタイトルでインタビュー&エッセイがスタートしました。

 

内容は、モモコグミカンパニーがかつてお世話になった方々の元に出向き、自らインタビューをするというもの。

 

過去に自分を成長させてくれた人。

 

これまでのモモコグミカンパニーを形成するにあたって多大な影響を与えてくれた人。

 

このインタビューからも、モモコグミカンパニーの人柄が大いに発揮されていますので、モモコ推しの方はぜひご一読ください。

 

モモコグミカンパニーのまた違った一面が見れますよ。

 

 

遂にジャルジャルと共演!!

モモコグミカンパニーの憧れのお笑い芸人と言えば、そうジャルジャルさんです!

 

そんなジャルジャルさんと、遂にコラボしちゃいました!!

 

気になるYouTube動画は↓

 

BiSHモモコグミカンパニーとしりとりトーク【変な司会者の奴】

 

 

モモコグミカンパニーがエッセイを出版

モモコグミカンパニーがエッセイ本を出版しています。モモコさんの独特の世界観と、やさしく包み込むような言葉のライブを楽しむような気分にさせてくれます。これを読めば、もっともっとモモコグミカンパニーというひとりの女性を知る事ができますよ。私の感想は↓です。

 

 

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました