BiSH-Nothing.-歌詞 作詞:モモコグミカンパニー 公式MVも公開!

スポンサーリンク

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

いよいよiTunesで配信の始まった、ミニアルバム「BiSH-GiANT KiLLERS」ですが、その中から「Nothing.」の歌詞を文字に書き起こしてみました。

スポンサーリンク


BiSH-Nothing.-歌詞

【2017年6月27日追記】miniアルバム「GiANT KiLLERS」発売に伴い、修正しました。
作詞:モモコグミカンパニー
作曲:松隈ケンタ

もうなんにも失いたくはないけれど
なにができるかな

無い物ねだりでも ゼロではないはずだから
この先の空へ

書き出したノートにぽつりと 言葉たち報われないのは
ただの理想主義? 全部僕のせい?
未だ 手に負えない question

幻想の中ひとり あがいてたってこっそり
いつも叫び続けてるのに

何もかもがつまらない夜
でもあの日の夢見てる

もうなんにも見えなくなるほどに僕ら
いつもがむしゃらで

FiNAL DANCE 放たれて
始まる景色の先を 見ていたいだけ

悔しいな泣きじゃくった日々を超えて
見えた光だけ

いまは信じていたいな
孤独が運命なんて言葉虚しいな そう思わない?

そう

頼りない物語だけど
僕が今もっている全て

ただの夢見がち? 本に書いてある?
未だ見つからない answer

妄想の中僕は あのステージの上で
いつも歌い続けてるのに

ひとり殺して欲しいような夜
あの日の夢見てる

あぁ All night long
夢想家で行こう
遅くないよ

飛べない鳥と 立てない僕が
悪口ばっか しょうがないしょうもない
はい諦めない

もうなんにも失いたくはないけれど
なにができるかな

あの時の景色が今でも僕の身体を離れないから
超えて行く かっこ悪い僕の心 いつか認めてさ

無い物ねだりでも
孤独が運命なんて言葉虚しいな そう思わない?

そう

スポンサーリンク


BiSH-Nothing.-感想

モモコグミカンパニー作詞の「Nothing.」はいかがでしたか?

前奏なしの、アイナ・ジ・エンドのハスキーボイスから颯爽と始まるこの「Nothing.」。
心地よい疾走感が耳にものすごく気持ちよく入ってきます。

この「Nothing.」は、これまでのように依頼をされて書いた詞ではなく、モモコグミカンパニーが自ら詞を書き起こして持ち込んだという事です。
そのくらいに、モモコグミカンパニー的に自信のある歌詞なんでしょうね。

「孤独が運命なんて言葉 虚しいな」

この歌詞がこの曲の全てなのかなぁ。

「孤独=ゼロ=Nothing.=運命」これって虚しいなって。
ないものねだりでもゼロではないのだから、その先へ進もう、という一番最初の歌詞が、ある意味タイトルへのアンサーなんだと感じる。

と考えると、タイトルは「Nothing.」だけど、実はものすごくポジティブな歌詞なんだなぁって、気付かされますね。

モモコグミカンパニーの歌詞はいつも、聞く側の解釈に本懐を委ねるようなところがあるので、聞き手側でうまく解釈すればいいのかなと思います。

さて、あなたはこのモモコグミカンパニー作詞の「Nothing.」
どのように受け止められましたか?

【2017年6月15日追記】
skream!6月号でモモコグミカンパニーは以下のように語っています。
自身の解釈は↑な感じだったのですが、そう感じさせらる彼女の歌詞の世界観に改めて脱帽です。

モモコ:「Nothing.」(Track.3)はアッちゃんとアイナが合宿で5日間くらいBiSHを離れていて、そのときに私が歌詞を書いた曲です。
だいぶ昔の話になるんですけど、この曲のサビの
“FiNAL DANCE放たれて/始まる景色の先を/見ていたいだけ”
は、BiSが2014年に解散したときの最後の曲が「FiNAL DANCE」(2014年リリースのラスト・シングル表題曲)だったからで。
その”最後”があったからBiSHは生まれたんです。
だからその”FiNAL DANCEの続き”の曲を自分で書きたいという気持ちがあって、”BiSをもう一度始める”と言って始まった先にあるBiSHの物語を書きました。
渡辺さんが書くと言っていたんですけど、すごくいい曲だから”書きたい!”と思って自分から送っちゃいました。
緊張したけど(笑)。

【2017年6月28日追記】
ここだけの話、この「nothing.」元々はジェットストリーマーといういタイトルだったそうです。

【2017年7月31日追記】
遂に、公式MVが公開されました。

アユニ・Dの2016年の幕張デビューから始まり、先日の幕張ワンマンでの映像まで、BiSHの成長と「nothing.」という曲をうまくシンクロさせた素晴らしいMVになっています。
ちなみに、このMVの監督は出口アキタカさんです。

スポンサーリンク


清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
BiSHを応援するブログ書いてます。
個人的な妄想も相当盛り込まれていますが、そこはご容赦くださいませ。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする