BiSH-GiANT KiLLERS-歌詞と公式MV公開!作詞:竜宮寺育

アイナ・ジ・エンド公式twitterより

6/12追記
本日、youtubeにGiANT KiLLERSの公式MVがUPされました。

もうMVはご覧になりましたか?
まだの方は是非↑のリンクからご確認ください。 “BiSH-GiANT KiLLERS-歌詞と公式MV公開!作詞:竜宮寺育” の続きを読む

BiSH – 生きててよかったというのなら -歌詞も振り付けも最高な件

「生きててよかったというのなら」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd Album「KiLLER BiSH」の最終曲に収録されています。

この「生きててよかったというのなら」は、歌詞も特徴的ですが、アイナ・ジ・エンドのその振り付けもとにかくいいんです。

普通のアイドルでは絶対ないだろうなぁっていう、独特の振り付けが最高です。

そんな「生きててよかったというのなら」の歌詞と、youtube動画を合わせて見てみてください。 “BiSH – 生きててよかったというのなら -歌詞も振り付けも最高な件” の続きを読む

BiSH -Throw away-歌詞 作曲:アイナ・ジ・エンド

「BiSH -Throw away-」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd Album「KiLLER BiSH」の12曲目に収録されています。

「Throw away」というタイトルの通り、「投げ出す」をテーマにした一曲です。

BiSHの曲の中でも、最もロック要素の強い歌詞を持つ曲がこの「Throw away」です。

そんなアイナ・ジ・エンド作詞のロックな歌詞を見てみましょう。 “BiSH -Throw away-歌詞 作曲:アイナ・ジ・エンド” の続きを読む

BiSH – Hey gate -歌詞と意外な曲名の意味も紹介します!

「Hey gate」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd Album「KiLLER BiSH」の11曲目に収録されています。

BiSHの曲のタイトルって、一回見たり聞いたりしただけではさっぱり意味の分からないタイトルが意外と多いです。

この「Hey gate」もそんな、意味の分からないタイトルの筆頭かと思われます。

そこで、今回はこの「Hey gate」について、歌詞とともにその意味を解説していきます。 “BiSH – Hey gate -歌詞と意外な曲名の意味も紹介します!” の続きを読む

BiSH-summertime -歌詞を和訳してみました!

「BiSH-summertime」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd Album「KiLLER BiSH」の10曲目に収録されています。

モモコグミカンパニー作詞の全編英詞という、BiSHには珍しい一曲です。

全編歌詞が英語なので、がんばって日本語に和訳してみました。
個人的に意訳した部分もありますが、恐らくモモコグミカンパニーの意味する所からはそう離れてはいないと思います。 “BiSH-summertime -歌詞を和訳してみました!” の続きを読む

BiSH – My distinction -歌詞に込められたその意味とは?

「My distinction」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd Album「KiLLER BiSH」の9曲目に収録されています。

歌詞はリンリンが作詞している、この「My distinction」。
この曲のタイトルの意味は、distinction=特徴・特質と訳せばいいのかな。

それを踏まえた上で、タイトルの「My distinction」を意訳するならば、「私の存在意義」みたいに訳すと、歌詞も入って来易いと思いますので、是非それを念頭においてもらって、歌詞を見てみてください。 “BiSH – My distinction -歌詞に込められたその意味とは?” の続きを読む

BiSH-KNAVE-歌詞やその意味とは!?作詞: モモコグミカンパニー × JxSxK

「BiSH-KNAVE-」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd AlbumKiLLER BiSH」の7曲目に収録されています。

同アルバムの中でも、ハードチューンから急にスローテンポで叙情的な曲へと変化する。
「KiLLER BiSH」の中でもアクセントとなる一曲です。

ところで、タイトルの「KNAVE」の意味が気になりませんか?

そこで、BiSH-KNAVE-の歌詞やyoutubeの動画と共に、その意味も調べてみました。 “BiSH-KNAVE-歌詞やその意味とは!?作詞: モモコグミカンパニー × JxSxK” の続きを読む

BiSH – IDOL is SHiT -歌詞 作詞はあの竜宮寺育!ということは・・・

「 IDOL is SHiT」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd Album「KiLLER BiSH」の5曲目に収録されています。

この曲の作詞は、「OTNK」でお馴染みの竜宮寺育氏です。

参考BiSH-OTNK-の意味をどこよりも詳しく解説します! 

ということは・・・

はい、そうです。

「空耳曲」ってことです(笑)

とはいえ、そんな空耳曲にも日本語っぽい歌詞がありますので、見ていきましょう。 “BiSH – IDOL is SHiT -歌詞 作詞はあの竜宮寺育!ということは・・・” の続きを読む

BiSH-stairway to me-歌詞 この曲に込められた本当の意味とは!?

「stairway to me」は、2016年10月5日発売BiSH-3rd Album「KiLLER BiSH」の4曲目に収録されています。

この曲はもろLed Zeppelinの「stairway to heaven」です(笑)

しかも、歌詞のある本編は3:30で終わるのに、曲全体は6:27もあるんです。
後半はもう松隈ケンタ節炸裂です!

まさにやりたい放題!
昔はこんな曲ばかりだったのに、最近はめっきり減っちゃいましたね。
そんな温故知新の、松隈ケンタ氏渾身の一曲に込められた本当の意味とは!? “BiSH-stairway to me-歌詞 この曲に込められた本当の意味とは!?” の続きを読む

BiSH-BUDOKANかもしくはTAMANEGI -この曲に込められた覚悟とは!?

「BUDOKANかもしくはTAMANEGI」は、2016年1月20日発売BiSH-2nd Album「FAKE METAL JACKET」の13曲目(最終曲)に収録されています。

BiSHのセカンドアルバムの最後に収録されたこの曲は、文字通りアイドルとしてビッグになって、武道館のステージに立ってやるという、ある意味覚悟を歌った曲になっています。

その覚悟が先日の幕張メッセのステージも垣間見れた気がします。

そんなBiSHの武道館へ向けた覚悟の曲を見ていきましょう。 “BiSH-BUDOKANかもしくはTAMANEGI -この曲に込められた覚悟とは!?” の続きを読む