【ライブレポ】カイジューバイミー「ShinShun PoPPiT 2023」at 渋谷Spotify O-Crest 2023年1月6日

カイジューバイミー
カイジューバイミー

ども、怪獣96号(@Kaiju_No96)です。

 

2023年一発目(計4回目)のカイジューバイミーのライブに行ってきました!

 

今日のライブ会場は、渋谷Spotify O-Crestさんです。

 

今回も相当偏った(?)ライブレポートをお届けします笑

 

スポンサーリンク

 

意外なライブ会場に出鼻をくじかれる

渋谷Spotify O-Crest

渋谷Spotify O-Crest

 

本日の現場は渋谷Spotify O-Crestさんだったのですが、これがヤバかったです。

 

何がヤバいって

 

ライブハウスが建物の5Fなんです!!

 

おいおいアイドルのライブハウスっていうのは、地下って相場が決まってるんだよ?

 

それなのに5Fって。

 

まぁ、別に地下でも地上でもカイジューバイミーのライブが楽しめたらそれでいいや。

 

と、思って、エレベーターを探したのですが見当たらず。

 

あれ?エスカレーターがあるのかな?と探すも見当たらず。

 

まさかの徒歩で5Fまで上りましたよ!

 

当方、40半ばをすぎたおじぃなのですが、まさに心臓破りの階段でした(´;ω;`)ぶわっ

 

 

ほんと華希ちゃんに心臓を捧げる気で来たのに、現場にたどり着く前に力尽きそうでした。

 

そんなこんなでなんとかライブハウスに到着し、お待ちかねのカイジューバイミーのライブに参戦しました!

 

本日のライブ

カイジューバイミー

カイジューバイミー

 

セットリストは以下。

 

01.全力シルエット
02.熱帯魚
03.絶望にもファンファーレは響く
04.純白少女
05.RAIGEKI
06.無人島カルテット

 

1曲目から全力シルエットでテンションをアゲアゲでございました。

 

やっぱりなっちゃん(スタンド・バイ・菜月)の低音ハスキーボイスは耳ざわりがいいです。

 

ほんと心地よく身も心も癒してくれます。

 

エレナちゃん(スタンド・バイ・エレナ)のロングトーンボイスも聴く者を虜にします。

 

華希ちゃん(スタンド・バイ・華希)のダンスは相変わらずキレッキレだし、ポップでキュートな歌声にほわほわさせられちゃったし。

 

MCではミーア(スタンド・バイ・ミーア)ちゃんが、2020年12月27日(日)TSUTAYA O-Crestでプレデビューした時の事を語ってくれました。

 

そこから無人島カルテットまで一気に畳みかけ、終幕へ。

 

いつも思うのですが、、、カイジューバイミーが足らないです(´;ω;`)ぶわっ

 

6曲くらいでは満足できません!

 

2023年1月15日(日)には、カイジューバイミー全曲ONEMAN「兎」が新宿ロフトであるんですが、この日はどうしても参戦できないんだよなぁ。

 

2023年7月3日(月)のLIQUIDROOMワンマンまで、カイジューでお腹いっぱいになるのはお預けしておきます。

 

本日は有料ネット配信あり

ところで、今日のライブはネット配信もあったので、普段はライブ会場に来られない遠方のファンも観戦できたようです。

 

 

 

こういうのうれしいですよね。

 

自分も遠方に在住していた時は、そもそもアイドルに会えることもなかったし、ライブ会場も近くになかったですからね。

 

 

それを思えば、配信であったとしてもこうして少しでも近くで推しに会えるってのは良い事だなぁと。

 

できれば、今後も可能な範囲でネット配信してもらえれば、ファン獲得のための一助にもなるだろうし、興行収益の向上にもつながるのではないでしょうか。

 

もちろん物販での利益が大きいのは分かりますが、今後全国を視野に入れてと思うと今から積極的に外部へのアピールもやってほしいな。

 

ライブ後メンバーツイート

スタンド・バイ・菜月

スタンド・バイ・エレナ

スタンド・バイ・ミーア

スタンド・バイ・華希

次回の参戦は?

ということで、今回もカイジューバイミーを満喫した訳ですが、次回は・・・

 

2023年1月8日(日)「空と衝」開催記念‟九州女子翼vsカイジューバイミー”at AKIBAカルチャーズ劇場です!

 

九州女子翼さんとの対バン?という事で、そちらも楽しみにして行きたいと思います。

 

 

ここでは、持ち時間50分という事なので、またしっかりカイジューバイミー補給してきます!!

 

 

<アルバム紹介>
1st.Album『純白BY ME』はカイジューバイミーのデビュー後初となるCD音源作品。本作は彼女たちが日頃生きていく中で抱えている感情を剥き出しな言葉で綴った歌詞と、どこか野暮ったくありながらも繊細でエッジの効いたサウンド、そしてここに集まらなければ一生交わることのなかった個性的な4人のメンバーの声が合わさった”ピュア”で”エモーショナル”さを感じることができる楽曲を収めたアルバムとなっている。

created by Rinker
¥2,100(2023/01/31 09:56:39時点 Amazon調べ-詳細)

ライブレポート ニュース カイジューバイミー
清掃部長をフォローする
BiSHと全国清掃員による武道館への道程
清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました