BiSH-beautifulさ-歌詞とMIXコールまとめ

beautifulさ

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

「beautifulさ」は、2016年1月20日発売 BiSH-2nd Album「FAKE METAL JACKET」の5曲目に収録されています。

 

BiSHの曲は、とにかくアイナ・ジ・エンドの振り付けが秀逸な曲ばかり。

 

この「beautifulさ」も例外ではなく、サビの「どんなとげとげな日でも~」の部分が肝になります。

 

このサビの部分では、BiSHメンバーも清掃員も皆が、ジャンプしながら人差し指を立てて肩より上でツンツンします。

 

ちなみにアイナ・ジ・エンド曰く、この頃のリンリンは、何を言ってもお返しの言葉の代わりに中指立ててきてたから、その時のリンリンをイメージして振り付けたんだとか。

 

この曲の会場の一体感は、尋常じゃありません。

 

ついつい笑顔が止まらなくなる事間違いなしです。

 

さぁ、みんなでツンツン・とげとげしましょう!

 

スポンサーリンク

 

BiSH-beautifulさ-歌詞とMIXコール

作詞:リンリン
作曲:松隈ケンタ

 

コールとMIXの詳細はコチラ↓
BiSH-beautifulさ-歌詞とMIXコールまとめ

 

【参考動画】
https://youtu.be/xB-OTqUw-jA

 

※「beautifulさ」が収録されているアルバムは↓

created by Rinker
¥2,200 (2024/06/15 23:54:41時点 楽天市場調べ-詳細)

 

リンリンのエピソード

この曲の作詞はリンリンがしているのですが、雑誌のインタビューでエピソードを語ってくれていました。

 

自分のパートの「嫌なことばっかで記憶に居座る」っていう歌詞、ほんとは「が」って書いてたんですよ。

「嫌なことばっか『が』」って。

私としては頑張らなきゃいけない事を諦めちゃってる、それはあんまりよくないほうこうだけど、すぐ忘れる事もいいだろう、みたいなテンションだったんですけど。

そこが『で』になっちゃったんです。

引用元:rokin’on Japan 2020年7月号より

 

間違って提出した歌詞がそのまま採用されちゃったんですって。

 

なかなかこういう事もないかと思うんだけど、それがトラウマ?になって今でも間違いやすい歌詞なんだそうです。

 

 

カイジュー96号

40過ぎの元清掃部長のおっさんです。
BiSH解散後はカイジューバイミーという4人組ロックアイドルグループを推しています。同じ環境の方もたくさんいると思いますので、元清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

カイジュー96号をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました