BiSH-DEADMAN-その常識破りな内容とは!?

deadman

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

2016年5月4日(水) この日、BiSHの武道館への第一歩が踏み出された。

 

メジャー・デビュー・シングル『DEADMAN』が産声を上げたのだ。

 

スポンサーリンク

 

BiSH-DEADMAN-

 

作曲は松隈ケンタ氏。

 

メジャーデビュー前からの松隈氏がメジャーデビュー後もBiSHの音楽を提供。

 

相変わらず、松隈氏らしいノンストップの疾走感を前面に押しまくった一曲。

 

デビューシングル曲にも関わらず、曲自体90秒しかない。

 

 

MVを観てもお分かりかと思うが、デビュー前からのBiSHとしての路線を維持しつつ、さらなる破壊力を身に着けたのでは!?

 

このMVを見たらそう思わずにはいられません。

 

ジャケット写真も、今までとはまた違った印象を受けませんか?

 

「DEADMAN」のジャケットは、広告・ファッション業界などで活躍する、グラフィック・アーティスト/アート・ディレクターのYOSHIROTTENが手掛けたそうです。

 

正直、常人にはやや理解しがたい気もしないでもないが、そういった著名な方が、BiSH-DEADMAN-の製作に携わっていると思うと、もう武道館まで一直線のレールを感じずにはいられません。

 

またDEADMANは、ポーターロビンソンの「lionhearted ft.urban cone」のオマージュとされており、衣装は映画「ライチ☆光クラブ」の登場人物ライチの詰襟の制服をイメージしたそうです。

 

映画「ライチ☆光クラブ」

映画「ライチ☆光クラブ」

※参考リンク⇒https://natalie.mu/comic/news/166378

 

所属事務所のWACKも、相当本気なのが伝わってきますね。

 

MV自体は、映像的にも相当破壊的。

 

BiSHの各メンバーがハンマーやらチェーンやらを振り回しているではないか!

 

しかも、良く見たらここ、浅草寺じゃない??

 

こんな由緒正しい所で、あんな事していいんでしょか(笑)

 

BiSHだからいいんです!?

 

ジャケットとは打って変わって、ある意味このDEADMANはBiSHらしいMVなのですが、実は、もうひとつ驚くべき内容が!

 

もうここまで読まれたということは、DEADMANのMVを全部見たていで・・・

 

 

からの~

 

 

からの~

 

 

ドーーーン!!!

 

はい、ドッキリ、だ~いせ~いこ~う!!

 

どこの事務所が、アイドルをMVで落とし穴に落とすねん!!(笑)

 

あ~、WACKさんでしたか。。。

 

スポンサーリンク

 

実は小室哲哉とコラボしてるんです!

この曲、実は普通の落とし穴以上に驚く、他の曲との大きな違いがあるんです。

 

それは、カップリング曲「earth」は小室哲哉が楽曲提供し、松隈ケンタが編曲/プロデュースを手掛けているということ。

 

え!?

 

小室哲哉??

 

あの小室??

 

いやいやいくらなんでも、メジャーデビュー曲でいきなり小室哲哉??

 

うそか冗談だとお思いの清掃員もいるかもしれませんが、本当です。

 

小室哲哉氏の以下のコメントも寄せられています。

 

今回はアレンジも歌詞も完全にお任せして、
思い切り好きなように仕上げてもらいました。
多くの方に届き、喜んでもらえたら、僕も嬉しいです。

 

まさかの、小室哲哉氏・松隈氏・渡辺氏の、黄金のトライアングルが出来たではないですか!

 

WACKさん、わかったよ。

 

あなた方のBiSHにかける本気ってやつが!

 

こうなったら、我々清掃員も、BiSHに本気でぶつかってやるからなっ!

 

 

関連記事
BiSHの歌詞・コールまとめ
作品紹介一覧TOP
メンバー紹介一覧TOP

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました