【ライブレポート】カイジューバイミー「Next World Vol.92」at SHIBUYA CYCLONE 2023年1月21日

2023.1.21 @ SHIBUYA CYCLONE
2023.1.21 @ SHIBUYA CYCLONE

ども、怪獣96号(@Kaiju_No96)です。

 

本日の現場は、渋谷サイクロンで行われた「Next World Vol.92」でした。

 

カイジューバイミーは、全13組中12組目。

 

タイムテーブル

タイムテーブル

 

トリのひとつ前でのパフォーマンス。

 

今日も魂の籠った20分でした。

 

現場に来たくてもこれないって人もいると思うので、簡単にライブレポートをお届けします!

 

スポンサーリンク

 

本日のセットリスト

2023.1.21 @ SHIBUYA CYCLONE

2023.1.21 @ SHIBUYA CYCLONE

 

01.純白少女
02.全力シルエット
03.茜
04.熱帯魚
05.フリージア

 

全力シルエットで私の身体が・・・!?

1曲目は「純白少女」。

 

カイジューバイミー 『純白少女』 Music Video

 

MVでのコインランドリーのなっちゃん(スタンド・バイ・菜月)を想像しつつ、テンションを高めていきました。

 

まぁ、準備運動みたいなものかな?

 

そして、2曲目が問題の「全力シルエット」。

 

カイジューバイミー『全力シルエット』Music Video

 

問題の・・・というのもですね、先日以下のようなツイートをしたんです。

 

 

これ、結構私の中では大問題となっています。

 

カイジューバイミーの「全力シルエット」という曲は非常に盛り上がります。

 

両方の拳を天高く突き上げ、演者とオーディエンスがひとつになります。

 

その拳を上げる振りコピが、マジで辛いんです。

 

認めたくはないのですが、

 

恐らく四十肩というやつです。

 

左腕を肩から上に上げると痛いんです。

 

まぁ、40過ぎのおっさんなんで仕方がないのは分かってるんです。

 

とはいえ、カイジューメンバーやファンのみんなとの一体感を感じたいやん?

 

それなのに・・・です。

 

まぁ、どうこう言っても仕方ないのですが、そんな痛みを我慢しつつも楽しめた20分間でした笑

 

ふいに訪れた『茜』

「全力シルエット」で老いという現実と戦いつつ、やや戦力を削がれていたのですが、次に来た曲が・・・

 

『茜』

 

でした。

 

ほんと、ふいに、でした。

 

 

まさかここで来るとは思ってなかったので、びっくり!

 

思わず左肩の痛みも引っ込みましたよwww

 

この『茜』はほんと良曲。

 

まだ音源化されておらず、ライブでしか聴くことができない、とんでもない破壊力を持った曲です。

 

スタンド・バイ・菜月の低音ハスキーボイスを100%活かすために作られたのでは?と思うくらい、なっちゃんの歌声がぴったりの曲。

 

スタンド・バイ・菜月のプロフィールを紹介します【低音ハスキーボイスが魅力】
ども、怪獣96号(@Kaiju_No96)です。 このブログをご覧いただいているという事は、あなたもきっとカイジューバイミーというアイドルをYouTubeの動画か何かで観て、 なんだかひとりものすごいハスキーボイスの気になる子が...

 

熱く激しく、魂の叫びのようにも聴こえる。

 

まさに「咆哮」

 

振付けもジョジョっぽい、時に官能的にさえ見えるポージングにはいつもドキッとさせられます。

 

早く音源化、もしくはMV化してくれないかなぁ。

 

恐らく時期を待っているのかな?と思わなくもないですが、早くシングルカットで円盤化して、オリコン1位の看板背負ってさらなるカイジューバイミーの飛躍の曲にして欲しいな。

 

あと、今日のライブで気になったのが・・・

 

スポンサーリンク

 

ミーアちゃん髪色変わった??

スタンド・バイ・ミーア

スタンド・バイ・ミーア

 

今日もSEと共にカイジューバイミーメンバーがステージに現れました。

 

ミーアちゃん(スタンド・バイ・ミーア)はいつものように元気よくステージに飛び出してきて、ステージの真ん中で桑田ポーズ(勝手に命名)をキメて登場!

 

スタンド・バイ・ミーアのプロフィールを紹介します!【カイジューバイミーの元気玉】
ども、怪獣96号(@Kaiju_No96)です。 カイジューバイミーっていうアイドルのライブに行ったら、なんかすごく気合の入ったパフォーマンスをする子がいたんだけど、あの子名前なんて言うんだろう? そう思った、そこのあなた! ...

 

と、そこで気付いたのですが、ミーアちゃん髪色が赤くなってる!

 

いや、茜色!?

 

うぉぉぉぉぉぉ!!

 

推しがさらに可愛いくなっとるやないかぁ~~~ぃ!!!

 

と、思わず度肝を抜かれてしまいました。

 

女の子はこうやって髪色変えたりしてオシャレできるからいいよなぁ。

 

また、髪色を変えるとグッとイメージも変わるし、観る方もまた新鮮な気分になれるので、こういったオシャレはどんどんしてね( ・∀・)ノ

 

いろんなアイドルを見て

スパンコールグッドタイムズ

スパンコールグッドタイムズ

 

今日は、カイジューバイミー以外にも、スパンコールグッドタイムズを観ました!!

 

カイジューバイミーと同じ事務所という事もあり、客席の端から?ですが今日初めてちゃんとライブ観させていただきました。

 

ライブを観て思ったのは、ナオさんに「クソがっ!」言われてみたい、という謎の衝動に駆られるファンってきっと多いんだろうなぁと笑

 

藤ナオ

藤ナオ

 

あのオーラというか、醸し出すものはなかなかどうして男子には毒でしかありませんね笑

 

あと、個人的に、睦月真尋さんの首筋オタクになってしまいました(ツタワレ)

 

睦月真尋

睦月真尋

 

その他にも、RED-iさん、Hello Youthさん、CUPIDOLICさんを観させていただきました。

 

どのグループもほんとに楽しかったなぁ。

 

RED-iさんで印象的だったのが、下手の大型スピーカーの端のお地蔵さんの観客(私の事w)まで盛り上げようとするあの気遣い。

 

Hello YouthさんとCUPIDOLICさんは、オーディエンスを巻き込み盛り上げるイケたパフォーマンス。

 

時に我を忘れ、もはやステージの演者ではなく己と戦うかのように狂いつつコールをする人達(誉め言葉)。

 

そんな姿を見て、脱コロナを身に沁みて感じ入り、待ち望んだ光景はこれだ!

 

なんて、ひとりで感動していました。

 

まだ、マスクはしているものの、みんなコールを満喫して、サークルを作り、ひとつのものを作り上げてるってのはほんといいものですね(  ・∀・)

 

次のライブは・・・

今日も20分間全力でカイジューバイミーを堪能させていただきました。

 

ただ、20分じゃまだまだ足りないって思っちゃうのが不思議ですね。

 

ということで、次のライブは、2023年1月23日(月)HULLABALOO presents『求愛16』です!

 

チケットはコチラからどうぞです!

 

 

<アルバム紹介>
1st.Album『純白BY ME』はカイジューバイミーのデビュー後初となるCD音源作品。本作は彼女たちが日頃生きていく中で抱えている感情を剥き出しな言葉で綴った歌詞と、どこか野暮ったくありながらも繊細でエッジの効いたサウンド、そしてここに集まらなければ一生交わることのなかった個性的な4人のメンバーの声が合わさった”ピュア”で”エモーショナル”さを感じることができる楽曲を収めたアルバムとなっている。

created by Rinker
¥2,100(2023/01/31 09:56:39時点 Amazon調べ-詳細)

ライブレポート ニュース カイジューバイミー
清掃部長をフォローする
BiSHと全国清掃員による武道館への道程
清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました