【結果総まとめ】「Project WACKちん」オーディション【更新中】

WACKちん
WACKちん

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

2020年6月1日。

 

WACK史上最大規模の公開型全世界リアルタイムオーディション「Project WACKちん」が始動しました。

 

これは、音楽事務所WACKが主催するオーディションで、年齢(13歳以上)・性別・国籍、全て不問の全方位型の公開オーディションです。

 

内容としては・・・

 

・Twitterでの文字のみでのアピール
・マスク画像公開
・数々のチャレちん
・インスタ面接

 

これまでに聞いた事のないオーディション内容ばかりです。

 

以下では、そんな過去に前例を見ない「Project WACKちん」オーディションをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

WACKちん応募ルール

応募資格はかなりアバウトで13歳以上の男女ならOK!!

公式発表の応募資格と応募方法は以下の通りです。

 

■応募資格

13歳以上の男女

※未成年及び学生は親権者の了承が取れる方

経験不問。特定のレコード会社、プロダクションと契約のない方

現在所属の方は正式な応募受付の際に事務所等契約解除通知が証明できる方

※過去に他事務所へ所属経験のある方は、契約解除通知の提出が必須

合格後東京で活動をできる方

国籍不問

※就労ビザを自力で取っていただける方

■応募方法

こちらのオーディションはまずTwitter内で審査を始めさせていただきます。

1、オーディション審査参加希望者は新規Twitterアカウントを作成してください

2、「Project WACKちん」ロゴを新規作成 Twitterアカウントのプロフィール写真にしてください

3、オーディション審査参加希望者は「#WACKちん応募」をプロフィール文及び該当ツイートにつけてツイートを行ってください

4、該当アカウントの「フォロワー数」「RT数」「いいね数」は常にオーディション合否の判断基準になります

*定期的にこちらのHPにてお題を出していきますので、ひとまずTwitterでそちらのお題をクリアしていってください

*2020年6月1日以降に作成されたTwitterアカウントのみが審査対象アカウントとなります

引用元:WACKHPより

 

なんとまぁ、ふわっとした内容じゃないですか?

 

13歳以上の男女で、Twitterのアカウントを作れば誰でも応募できてしまうっていう・・・。

 

なんとハードルの低いオーディションなんでしょうか?

 

ただ、当然これもWACK的には狙いがあるわけで。

 

オーディション応募のすそ野を拡げることで、

 

これまで発掘できなかった逸材を見つける

 

これを目的にしているんだと思われます。

 

さて、そんな応募資格の敷居は下がったものの、どうやってオーディションが進んだかというと・・・

 

文字だけで顔出しNGのアピール??

 

後に「チャレちん」と名づけられたお題の第1回目の内容は・・・

 

■1回目のお題

顔出しは絶対にせず、文章だけで拡散を目指してください *顔出しをした場合は審査対象外になります。

ツイートには「#WACKちん応募」「#ProjectWACKちん」をつけてください

*オーディション審査希望者以外は「#WACKちん応募」は使用しないでください

引用元:WACKHPより

 

えっ!?

 

文章だけ??

 

これには、ネット上でも議論がされました。

 

オーディションだというのに、顔出ししないってどゆこと??

 

順番に課題を与えていって、視聴者をじらしつつ期待感を高めるんだという事は分かるものの、さすがネットでしかできないオーディションだなぁと納得です。

 

また、多くの人がこのオーディションに一気に参加しアカウントを作成したため、凍結するWACKちん(オーディション候補生の名称)が多数発生。

 

同じプロフ画像、同じタグでいきなり皆がつぶやきだしたもんだから、不正アカウントと判定されたようです。

 

そんなこんなで始まった「Project WACKちん」オーディションですが、遂に顔出しNGの次のお題が発表されました。

 

 

マスク自撮り画像でいざ勝負!?

 

【2回目のチャレちんに関して】

*オーディションご参加の皆さまご自身のマスク着用のお顔のお写真を使って拡散を目指してください。また、社会通念上での常識的なマスク着用お願いいたします。こちらがしっかりできているかも審査の対象となります。

*マスク着用以外のお写真をUPされた場合は審査対象外になります。

*ツイート及びプロフィール分には「#WACKちん応募」「#ProjectWACKちん」をつけてください。

*オーディション審査希望者以外は「#WACKちん応募」は使用しないでください。

引用元:WACKHPより

 

 

なんと!顔出しかと思っていたら、2回目のチャレちん(課題)はマスクの自撮り画像をUPしろとの事。

 

マスク自撮りなので、当然のことながら目元しか見えません。

 

これ、本当よく考えましたよね。

 

目元しか見えないので、いろんな補正が働くんです。

 

つまり、みんなかわいく見えちゃうっていうね(笑)

 

我ながらちょろオタだなぁと思いながら楽しませていただきました。

 

そして、いよいよ顔出しへ!

 

 

スポンサーリンク

 

顔出し解禁!

 

【3回目のチャレちんに関して】

オーディションご参加の皆さまの顔出しをしたお写真を使って拡散を目指してください

*ツイート及びプロフィール分には「#WACKちん応募」「#ProjectWACKちん」をつけてください

*オーディション審査希望者以外は「#WACKちん応募」は使用しないでください

引用元:WACKHPより

 

遂に待ちに待った顔出しが開始されました!

 

このあたりから、視聴者の「選別」も始まります。

 

当然オーディションなので、人気のあるなしがあります。

 

顔出しをしたことによって、フォロワー&いいねの数に明確な差が出始めます。

 

また、この顔出し開始と共にアカウントの消えていく候補生が続出。

 

・かわいい候補生を見て意気消沈して消えて行く人。
・気付いたらアカウントが削除されている人。
・ツイートの更新が全くされない人。

 

いろんな意味で徐々に絞られていっているのを実感。

 

そして、この頃からTwitter上で企画をする候補生が増えてきます。

 

 

フォロワーを増やす事と自身のアピールをするために、人気の候補生はこういった企画を続々開催。

 

視聴者参加型の企画をする事で、さらにその人気に拍車が掛かっていき、逆にこういった企画をしない候補生との差は開いていくことに・・・。

 

また、中にはリアルで視聴者に会いに行くという企画を提案する候補生もいたのですが、これにはさすがにTwitter民から制止され断念。

 

ネット上のみでのオーディションなので、ちょっとドキドキしたりもしました。

 

そして、静止画からいよいよ動画でのアピールとなります。

 

動画アピール解禁となるも・・・

 

【4回目のチャレちんに関して】

Twitter内にアップロードできる動画を使って自己アピールを行って下さい。表現方法は自由です。この発表時点以降、一切のtwitterの活動(ファボ、RT、リプライ等々すべて)を一回のみの自己アピール投稿を除き、禁止とさせていただきます。また該当ツイートには#WACKちん自己PR を使ってください。

*性的なものを想起させるような動画はNG、即失格とさせていただきます

*投稿できるのは一回のみ

*この発表時点からこの一回の動画投稿以外の一切のtwitterの活動(ファボ、RT、リプライ、DM等々すべて)を禁止

*締め切り:6月30日24時まで

*ツイート及びプロフィール分には「#WACKちん応募」「#ProjectWACKちん」をつけてください

*オーディション審査希望者以外は「#WACKちん応募」は使用しないでください

引用元:WACKHPより

 

えーーーー!!

 

今後一切のTwitterの活動禁止ですって!?

 

動画を1回UPしてもいいけど、その後は何もできないだなんて・・・。

 

この1回の動画の重みよ・・・。

 

期間は設けられましたが、こういった場合はスピード重視か?

 

それとも内容を熟考して時間をおくのがいいのか?

 

各候補生も相当悩んだようです。

 

まじめに自己アピールする候補生もいれば、ネタに走る候補生も。

 

本当にひきこもごもでした。

 

そして、この動画PRの後第一次審査の合格者が発表されました!

 

その以外な結果とは!?

 

スポンサーリンク

 

自己PR視聴後の推しを紹介

第一次審査合格発表の前に・・・

 

動画が解禁となり、本格的にオーディションらしくなってきました。

 

そこで、すべての候補生の動画を観た上での、個人的な推しを紹介させていただければと思います。

 

候補生が多すぎて誰を推していいか分からない方は参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

その他各WACKちんの紹介と各種リンクは↓

 

第一次審査全員合格!?

今までチャレちん4回目までご参加いただいた皆様につきましては

全員一次審査合格!!!!!

とさせていただきます。

おめでとうございます。

引用元:WACKHPより

 

えーーーー!!

 

全員合格って!?

 

今までの努力は・・・?

 

でも、とりあえず全員合格だしいいか?

 

と、なりますよね。

 

候補生も視聴者側もみんな同じ心境になっていたと思います。

 

そして、この発表と同時に5回目のチャレちんが渡辺社長から直接Twitter上でも発表されました。

 

 

渡辺さんらしいというかなんといか・・・。

 

「なんでWACKなの?」

 

単刀直入で分かり易いですね^^;

 

そして、6回目のチャレちんが発表されたが・・・。

 

 

また同じ質問!?

 

5回目のチャレちんのお題は「なんでWACKなの?」でしたが、6回目は5回目の理由以外でのWACKでないといけない理由です。

 

1回だけだとやっぱりうわべだけの回答をする候補生も多かったのかな?

 

「BiSHの音楽を聴いて感動したから」
「WACKに救われたから」
「ダンスと歌が好きだから」

 

たしかに、どれも”WACKでないといけない理由”にはならないのかなと思わなくもないです。

 

なので、同じ質問かぶせてきたのかと思うのですが、真意はどうだったんでしょうか。

 

 

第7回チャレちんお題:ティッシュでモノボケ

 

さすがWACKです。

 

アイドルのオーディションにモノボケを持ってくるとは・・・(笑)

 

これにより、頭を悩ませた候補生もいれば、水を得た魚のような候補生もいました。

 

 

第8回チャレちんお題:BiSへの悪口

 

ネットでの誹謗中傷発言問題が話題となっている中でのこのお題。

 

相当センシティブな内容だけに、どれだけ本気で答えるのか?

 

本気で誹謗中傷するようなことは言えないし、中途半端に気を使った内容でも印象悪いだろうし・・・。

 

候補生も悩んだでしょうが、見ているこちら側もある意味考えさせられるお題でした。

 

逆にいうと、こういうお題を出す事によって、若者のネットリテラシ向上の一助となったのかもしれません。

 

 

男性応募者も多数参加!

ここでちょっと女性候補生だけでなく、男性候補生も紹介したいと思います。

 

・うざいぐらい暑苦しい
・単純にイケ面
・素人目にもダンスがキレッキレ
・応募理由が正直よく分からない

 

いろんな候補生がいたのですが、これら男性候補生については↓で紹介しています

 

 

スポンサーリンク

 

第9回チャレちん:視聴者投票

【第9回のチャレちんに関して】

第9回目のチャレちんは

新しくオープンしました、「Project WACKちん」特設HPにございます、♡「いいね」の数で競っていただきます。

上位50名が通過となります。

ただし50名の中に男女どちらかが10名に満たない場合、

最低10名は選出するため調整を行います。

例えば、上位48名が女性、最後2名が男性だった場合、

女性上位40名が通過、男性のみでの上位10名が通過となります。

またtwitter活動についてはこの審査期間中すべて禁止とさせていただきます。

審査対象:現在HPに上がっている候補者の皆様

審査員:「ProjectWACKちん」のHPを見ている方全員

審査期間:7月24日(金)〜8月3日(月)23:59まで

合格者:50名 (男女それぞれ最低10名は選出いたします。)

※投票は候補者1人に対して1日1票です。(投票から24時間後に、再度同じ候補者へ投票が可能となります)

※サーバーが落ちても10日間の締切は変わりません。

引用元:WACKHPより

 

遂に、視聴者によるWEB投票が始まりました。

 

ただ問題となったのが、この投票システムの不備・不具合?です。

 

基本的には、誰もが24時間で1回投票できるシステムなのですが、不正をすると複数回投票できるとか出来ないとか?

 

また、Twitter上での活動は禁止といわれていますが、それ以外のWEB上での活動については何も言及されていなかったので、他SNSで投票を呼びかける候補生も。

 

これには賛否分かれたようです。

 

ダメだって言われてないならOK?

 

なのか、

 

Twitterがダメなら他もダメでしょ?

 

なのか。

 

公式からはこれらについて何も対応はされないままWEB審査の合格発表がされました。

 

合格者については↓をご確認ください。

 

そして、その後同様のWEB投票が2回行われました。

 

最初は50人だけが合格かと思われていたのですが、なんと計150人の通過者が・・・。

 

これを多いと見るか?少ないと見るか?いろいろ意見はありましたが、3回目については正直視聴者に飽きも見えてきていたのかな?という印象を受けたのは間違いありません。

 

WEB審査2回目・3回目の合格者は↓をご覧下さい。

 

計3回の視聴者投票の合格者は↓

 

スポンサーリンク

 

過去のWACKオーディション参加者も登場!

ちなみに、今回のこの「Project WACKちん」オーディション。

 

過去にWACKオーディション参加者も多数登場しています。

 

合宿で惜しくも涙を呑んだあの子も参加しています。

 

それぞれの参加者については↓をご覧下さい。

 

 

第11回チャレちん:インスタ面接

3回に渡るWEB投票の結果、約150名が選出されました。

 

そして、第11回目のチャレちんとして、渡辺さんとのインスタ面接が行われました。

 

1人3分という短い時間ですが、渡辺さんと話せるのは貴重な時間です。

 

果たして、一体どんなインスタ面接になったのでしょうか?

 

全11回のインスタ面接の動画については、↓で個別にリンクも貼りつつ紹介していますので参考にしてください。

 

⇒【1日目】9/2 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-42

⇒【2日目】9/7 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-43

⇒【3日目】9/8 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-44

⇒【4日目】9/9 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-45

⇒【5日目】9/14 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-46

⇒【6日目】9/15 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-47

⇒【7日目】9/17 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-48

⇒【8日目】9/18 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-49

⇒【9日目】9/23 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-50

⇒【10日目】9/23 WACKちんインスタ面接動画&各種リンク
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-51

⇒【11日目】9/28 WACKちんインスタ面接動画&各種リンクあり
https://seiso-bucho.xyz/wack-chin-52

 

Project WACKちん 第12回チャレちん ニコ生審査 Part1・2結果

 

■ルール
・3人~5人のグループに分かれて、Zoomによるグループディスカッション。
・これを10分ニコ生上で行い、それを見て視聴者に投票してもらう。
・脱落者は最大4人~1人。
・脱落者数は、渡辺さんが当日くじ引きで決定する。

 

比較的単純なルールにも見えますが、これが実はWACKちんの実力と運を大いに試される結果になるとは誰が想像できたでしょうか?

 

現実とはかくも非情なものか・・・と。

 

 

Project WACKちん 第13回チャレちん 作詞/歌唱審査

第13回のチャレちんは、お待ちかね?の歌唱審査です。

 

お題となる楽曲に自分で歌詞を付け、それがYouTubeにされ視聴者が投票をするというルール。

 

合格者はいいねの多かった上位50名。

 

WACKちんの個性が爆発した審査でしたが、果たして結果は?

 

 

Project WACKちん 第14回チャレちん「自己PR対決」ニコ生審査

第14回は、「自己PR対決」です。

 

オーディションの候補生同士が1対1で自己PRをし、ニコ生の投票を行います。

 

普通だと、投票の多い方が勝ちなのですが、そこはWACK。

 

ニコ生の投票後、渡辺社長がくじを引きます。

 

その結果で合格者が決まります。

 

そのくじの内容が

 

「投票数の多い方が勝利」と「投票数の少ない方が勝利」

 

この二択です。

 

つまり、ニコ生視聴者からの投票数が少なくても勝てちゃうんです。

 

もはやニコ生投票の意味とは?

 

と、思わないでもないですが、運も実力の内です。

 

果たして生き残ったのはどのWACKちんなのか!?

 

 

Project WACKちん 第15回チャレちん 「ニコ生オンライン面談」

いよいよやってきました。

 

渡辺さんとの1対1の面談です!

 

しかもニコ生でのオンライン面談となります。

 

みんなから有力視されていたあの候補生はどうなったのか?

 

序盤から不合格者続出の波乱の連続に目が離せません!!

 

 

TikTokで追加募集開始

ここまで残ったWACKちんは計6名。

 

これではちょっと足らないとなったのか、TikTokにて追加募集となりました。

 

これまで半年以上に渡って行った審査って一体・・・と、思わなくもないですが、新たなSNSのフィールドで競われることとなりました。

 

応募方法等は以下。

 

TikTokにて審査を実施
1、オーディション審査参加希望者は新規TikTokアカウントを作成してください
2、「Project WACKちん」ロゴをTikTokアカウントのプロフィール写真にしてください
3、こちらで用意したGoogleフォームに記入送信してください。
※事前にGoogleアカウントの作成をお願い致します。
GoogleフォームURL: https://forms.gle/DviKv8yAS5ohCDdj6
4、オーディション審査参加希望者は「#WACKちん応募」をハッシュタグに付けて動画を投稿してください。期間中1回のみの投稿とさせていただきます。複数回投稿されたとみなされた場合失格となります。
5、動画投稿用の課題曲は 「ろけっとすたーと」(豆柴の大群),「NON TiE-UP」(BiSH),「カラダ・イデオロギー」(BiSH),「SCHOOL GIRLS,BANG BANG」(BiSH),「Have it my way」(EMPiRE),「PLEASE LISTEN TO MY」(PARADISES) となります。 この6曲の中から好きな曲を選んで投稿をお願い致します。
TikTok動画投稿 応募期間: 2月17日(水)0:00〜2月28日(日)24:00 3月2日(火)
24:00時点でのいいね数上位10名が通過となります。
通過者: 10名 (TikTok投稿動画のいいね数上位者)
※ただし、締切り時点で10位が同率で複数名いた場合、同率者は全員通過

 

再び海外勢の参加もあったり、敗者復活もあったりと波乱の起こったTikTok選考。

 

詳細は↓でご確認ください。

 

 

TikTok追加通過者ニコ生面接結果発表!

TikTokで通過した候補生が10名。

 

その10名の候補生が渡辺さんとの面談をニコ生上で行い、それをすでに候補生として通過している6名が審査します。

 

つまり、今回は候補生が候補生を審査するというオーディション?になります。

 

この面接合格者は以下の3名。

 

デデデ・D

デデデ・D

デデデ・D

 

RiA

RiA

RiA

 

サウザンドリーフ’まりりん

サウザンドリーフ'まりりん

サウザンドリーフ’まりりん

 

以上の3名となります。

 

ちなみに、この審査の時のもしもしちゃんがかわいすぎたので、ぜひ↓から見てやってください。

 

すっかりGO TO THE BEDS色に染められてる姿が愛おしいですよ。

 

【Project WACKちん】TikTok追加通過者ニコ生面接結果発表!
ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。 2020年6月から始まった、音楽事務所WACKによる公開型全世界リアルタイムオーディション「Project WACKちん」。 現在の通過者は、アユノ・K、オコメ、タスククス、も...

 

ガチンコトークバトル

トークバトル解説

トークバトル解説

 

2021年5月14日。

 

レブ・ナインプリンス
RiA
タスククス
アユノ・K
サウザンドリーフ・まりりん
オコメ
デデデ・D

 

この7人によるガチンコトークバトルが行われました。

 

サイコロを振って出たお題に対して個別にトークをして負け残っていくトーナメント方式。

 

今回脱落したのは、アユノ・Kでした。

 

若さゆえにネタがちょっと辛かったかな?と思わなくもないですが、これも実力の内です。

 

ただ、1年近くやってきてここで落ちるのは辛いだろうなぁ。

 

慣れないダンスもがんばってTwitterにUPしたりしてたのにね。

 

とは言え、Project WACKちんはまだまだ続きます。

 

ところで、ここで審査員として参加していたNOW EMPiREが、ユイ・ガ・ドクソンとのトークバトルで負けてしまって「うんこえんぱいあ」に改名されてしましいました。

 

その模様は↓からどうぞです。

 

 

以下オーディション継続中

まだまだオーディションは続いています。

 

今後も随時更新します。

 

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました