【結果発表】WACK合同オーディション2018~最終日~やっぱりあった!WACKなりのサプライズ!

WACKオーディション最終集合

2018年3月12日より始まった、WACK合同オーディション2018。

今年は長崎県壱岐島にてみっちり一週間の合宿が行われました。

そして、オーディション最終日となった2018年3月18日。

場所は大阪城音楽堂。

オーディションの合格者が発表されるとともに、各合格者の所属グループの発表、そして、脱落の発表も合わせてされました。

泣いても笑っても、オーディション最終日。

果たして最終結果はいかに!?

そして、やっぱりあった!WACKなりのサプライズとは!?

スポンサーリンク


WACK合同オーディション2018結果発表!

2018年3月18日(日)、いよいよ大阪城音楽堂にて「WACK EXHiBiTiON」が開催された。

この日は、WACK事務所所属のBiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREがそれぞれミニライブを行い、その後WACK合同オーディション2018の合格者発表となった。

ライブ風景については後述するとして、気になる今回のオーディション結果の合格者と不合格者は以下の通りとなります。

合格者
リソリソ
ヨコヤマヒナ
ミチハヤシリオ
ヤヤ・エイトプリンス
アユナ・C
オレンジコバンパイア
チョウショージメグミ
ガミヤサキ
セントチヒロ・テッテ

不合格者
みみらんど

トリバゴこと、ヒラノノゾムとの早朝スクワット対決の記憶も新しいみみらんどだけが、まさかの不合格という結果となりました。

トリバゴとの脱落が決まった夜に、自ら身を引こうとしたその潔い姿はなんとも言えないものがありました。

ただ、その姿勢は、ひょっとしたら今後のアイドル生活の中では足かせになる部分なのかもしれません。

そう考えると、他の候補者よりもみみらんどが至らなかった部分というのは、そこなのかもしれません。

ここまで来たのだから、なんとしても全員合格させたい、という気持ちは当然誰しも持ったはず。

でも、そこは、渡辺氏も心を鬼にしたのだと思います。

それが、みみらんどの将来のためを思っての事だと、私は信じています。

各新メンバーの所属グループはどうなった?

そして、いよいよWACK合同オーディション2018に合格となったメンバーの所属グループは以下の通りです。

empire
empire

■ENPiRE⇒ミチハヤシリオ、ヤヤ・エイトプリンス

GANGPARADE
GANGPARADE

■GANGPARADE⇒リソリソ、ヨコヤマヒナ

■BiS⇒アユナ・C、オレンジコバンパイア、チョウショージメグミ、ガミヤサキ、セントチヒロ・テッテ

ん?

なんかBiS、人多くね??

そうなんです、多いんです。

なので、BiSは2つに分かれます!

bis1
bis1

■BiS-1st パン・ルナリーフィ、ももらんど、ゴ・ジーラ、ガミヤサキ、セントチヒロ・テッテ、オレンジコバンパイア

bis2
bis2

■BiS-2nd アヤ・エイトプリンスキカ・フロント・フロンタールペリ・ウブ、アユナ・C、チョウショージメグミ、YUiNA EMPiRE←完全移籍

BiSは2つに分けられ、実質WACKは、BiSH、BiS-1st、BiS-2nd、GANGPARADE、EMPiREの5組となりました。

小室さんの言いつけ通り、渡辺氏は本当に7グループを目指すのでしょうか?

なんだか新メンバーや、新グループ編成で思わず忘れられがちかもしれませんが、YUiNA EMPiREはトレードではなく、BiS-2ndへ完全移籍となります。

そう言えば、このオーディションの結果を受けて、BiSは今のツアーどうするんでしょうか?

ダブルキャストでの出演??

BiSの持ち歌をそれぞれのグループで歌う事になるのかな?

ある意味別グループだと考えると対バン的な??

ちょっと待てよ・・・。

今回のツアーのタイトル・・・「I don’t know what will happen」

なるほど、「何が起こるかわからない・・・」

そういう事だったんですね。

またしても、渡辺氏の手のひらの上だったという事ですか?(笑)

ライブ・リリース情報
GANGPARADE⇒4月17日 東京・Zepp DiverCity TOKYOワンマンにてお披露目ライブ

BiS⇒7月4日 新体制初のNEWシングルリリース予定

スポンサーリンク


WACKメンバーの改名はどうなった??

WACK合同オーディションに参加したWACKメンバー4名。

BiSH-モモコグミカンパニー、BiS-パン・ルナリーフィ、BiS-ペリ・ウブ、GANGPARADE-キャン・マイカ。

それぞれが合宿中にポイントを競い、最下位は名前を改名する事に。

そして、「WACK EXHiBiTiON」において、WACKメンバーの順位も発表されました。

1位 パン・ルナリーフィ
2位 モモコグミカンパニー
3位 ペリ・ウブ
4位 キャン・マイカ

ということで、なんと最下位は、GANGPARADEのキャン・マイカとなりました!!

で、名前はどう改名されたのかというと・・・

キャン・マイカ改め・・・

キャン・GP・マイカ

となりました!!

ん?どういう意味かって?

つまり、キャン・GANGPARADE・マイカ。

略して、キャン・GP・マイカという事です。

キャン・マイカは、GANGPARADEにその身も心も捧げるという意味を込めての、キャン・GP・マイカとなりました。

これからWACKはどこへ進んで行くのか

WACK合同オーディション2018。

その結果は、アイドル業界でも相当注目される事でしょう。

これまでのアイドル業界でのタブーを侵しつつも、世の中のオタクのニーズを深堀し、そこにビジネスチャンスを見つけ、ニッチをメジャーにする。

先行者利益をどこまでも追い続け、妥協なき決断と行動を継続し続けるのがWACKであり、渡辺淳之介なのだと思います。

これからどんどん味方も増えるが、一筋縄では行かない敵も現れるはずです。

その時にこそ、真の経営者としての才覚が問われる事になるのでしょう。

ただ、人望という才能を持ち合わせる渡辺氏にとっては、その敵さえも自身の踏み台にしていけるのではないかと思われます。

ひとつだけ気になるのが、今回BiSHには手をつけなかった。

手をつけられなかったのかもしれません。

その体が大きくなると、得てして小回りが利かなくなり、時には足元が見えなくなる事もあるかもしれません。

あくまでも、それぞれの「WACKらしさ」を、今後も我々オタクに見せていただきたい。

日本の、いや世界に通じる、新しいアイドルの姿、これからも見させてもらえますか?

スポンサーリンク