WACK合宿オーディション2020~6日目~問われる「Primal.」の意味とは?

6日目 WACKチーム
6日目 WACKチーム

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

今年も波乱だらけのWACK合同合宿オーディション2020も6日目を迎えました。

 

5日目の脱落者は

 

サアヤイト
モンスターアイドル
アオイロコ・カンパイア

 

6日目はこの3人の敗者復活戦「オセロ対決」から幕を開けます。

 

それでは、WACK合同合宿オーディション2020~6日目~。

 

スタートです!

 

スポンサーリンク

 

敗者復活戦「オセロ対決」

ルールは簡単。

 

渡辺さんとひとりづつ対戦し、勝ったら復活。

 

対戦の順番は、

 

第1試合 VS モンスターアイドル
第2試合 VS アオイロコ・カンパイア
第3試合 VS サアヤイト

 

結果は・・・

 

モンスターアイドル⇒勝ち
アオイロコ・カンパイア⇒負け
サアヤイト⇒勝ち

 

 

オセロルールの疑問

結果は結果なので仕方ないんだけど、ちょっとルールガバガバすぎやしませんか?

 

大貧民なんかと違い、ローカルルールとかはないと思うんだけど・・・

 

あれ?

 

あれあれ??

 

結果的にアオイロコ・カンパイアだけ脱落。

 

これ、アオイロコ・カンパイアは納得できるのかな?

 

アオカン推しからすると、ちょっと待ってよってなるよね??

 

昨日やっと気付けた。

 

今まで取り繕って、本当の自分じゃない自分を見せる事しかしてこなかった。

 

あと1日。

 

あと1日あれば、本当に自分の殻を破れたはず。

 

それなのに・・・。

 

サアヤイトが勝ったことは個人的にはうれしいけど、複雑でもあり・・。

 

マラソンは辞退して欲しい。

 

というか、スタッフ判断で棄権させるべきだと思うんだけどなぁ。

 

早朝マラソン

早朝マラソン

早朝マラソン

マラソン前のひとコマ。

 

膝を悪くして階段を降りられないサアヤイトを見て、チッチがおんぶするシーン。

 

 

こんな声をかけられる先輩って、いいよね。

 

そして、早朝マラソンがスタート。

 

果たして今日の中間地点は、パンなのか?炭酸ドリンクなのか?果たして・・・

 

まさかの全員ガリガリくん!!

 

しかも、当たりが出たらもう一本おまけ付き!!

 

至る所にネタを仕込むスタッフさんに脱帽ですw

 

で、気になる早朝マラソン6日目の結果は・・・

 

早朝マラソン1位ユイ・ガ・ドクソン

早朝マラソン1位 ユイ・ガ・ドクソン

 

1位 ユイ・ガ・ドクソン
2位 セントチヒロ・チッチ
3位 トギー
4位 モンスターアイドル
5位 MiDORiKO EMPiRE
6位 月ノウサギ
7位 ア・アンズピア
8位 ワキワキワッキー
9位 インポッシブル・マイカ
10位 ウルウ・ル
11位 ナオ・オブ・ナオ
12位 キラ・メイ

 

と、なりました。

 

ドクちゃんは、昨日の夜に渡辺さんから、「お前はまだWACKのオーディションには合格してないから」と言われ、ちょっぴり意気消沈していた感がありました。

 

そんな思いを吹き飛ばすような走りを見せてくれました。

 

ドクちゃんなりにいろんな事考えながら走ったんだろうなぁ。

 

本当にお疲れ様!!

 

ところで、6日目の早朝マラソンで、ニコ生コメントで最も?気にされていたのが、ユイ・ガ・ドクソンの上着。

 

 

この上着、最終的に古木さんが回収してくれてましたので、ご安心ください(笑)

 

スポンサーリンク

 

朝食

 

 

 

 

 

 

この日は全員デスソース。

 

でも、アオイロコ・カンパイアだけはデスソースなし。

 

なぜならオーディションに落ちたから。

 

この時アオカンは、デスソースを食べて苦悶の表情を浮かべるみんなを見て、うらやましく思っただろうなぁ。

 

誰もが嫌がるデスソースなのに・・・。

 

それでもアオカンは、自らデスソースご飯を作って完食!

 

食後のアオイロコ・カンパイアのコメント。

 

 

カップ数は最後まで教えてもらえずw

 

来年また来て、WACKのアイドルになれたら教えてね(笑)

 

ちなみに、デスソースの攻略法を考察してみました。

 

多分これで合ってるはずです。

 

 

もっと詳しく言うと、ケチャップでデスソースをコーティングし、噛まずに飲む。

 

その後、胃をデスソースから守るために、ヨーグルトで保護する。

 

となります。

 

噛むとデスソースにやられるので、とにかく辛さを感じる前に飲む、というのが大事かと思います。

 

尚、この方法は私自身は実践していませんので、健康上の被害を被っても責任は一切負いかねます。

 

あくまでも、過去も含め、WACKオーディションでのデスソースを食べてる姿を見た上でのデスソース攻略法となります。

 

ダンス練習~昼の部~

 

 

 

古木さんって、もはや準WACKメンバーかもしれませんね(笑)

 

WACKの主要曲ってほぼ踊れるんじゃないかな?

 

ちょうどいい具合に、ニコ生の画面から見切れるか見切れないかで映ってあたりにも哀愁を感じるしw

 

そして、練習中にアオイロコ・カンパイアが最後の挨拶に・・・。

 

 

よくがんばった。

 

本当によくがんばったと思う。

 

今まで自分という存在を演じ続けて来たけど、ここに来てやっと本当の自分を出せそうだったのにね。

 

もう1日あれば結果は大きく変わったかもしれません。

 

次のオーディションでは、ぜひ一皮むけたアオカンに会いたいです!

 

ダンス審査~昼の部~課題曲「Primal.」

6日目ダンス審査の結果は以下の通りです。

1位 チームうんち

 

 

■1位 チームうんち
セントチヒロ・チッチ
月ノウサギ
MiDORiKO EMPiRE
ナオ・オブ・ナオ
ア・アンズピア
ワキワキワッキー

 

2位 チームほにゃらら

 

 

■2位 チームほにゃらら
ユイ・ガ・ドクソン
トギー
ウルウ・ル
キラ・メイ
インポッシブル・マイカ
サアヤイト
モンスターアイドル

 

ダンス審査終了後、渡辺さんの順位発表を聞く前に、チッチが涙を流す。

 

 

もっと出来たんじゃないか?

 

候補生のためにまだやれたんじゃないか?

 

本当に自分の出来る全部をやれたのか?

 

BiSHのセントチヒロ・チッチ。

 

いまやアリーナ公演を満席にするメンバーのリーダー的存在です。

 

そんなチッチが、です。

 

チッチ・・・あなたって人は・・・本当にもう・・・。

 

エモいって何?

ダンス審査終了後、渡辺さんがみんなに「これでよかったのか?」と問う。

 

チッチチームは、今出来る事をやり切った。

 

ア・アンズピアもワキワキワッキーもやり切ったと言う。

 

ユイ・ガ・ドクソンチームは、まだやれた、納得していないとトギーやキラ・メイも答える。

 

そんなWACKメンバーや候補生に対して渡辺さんは、

 

「単純な話をしよう。エモーショナルになるはずだって話を最初にしたと思う。どちらにもエモーショナルがあったのか見えなかった。1週間やってきた候補生と、3日間いたWACKのメンバーと苦楽を共にしてやってきた中で俺はもっと魅せてくれると思ってたんだけど、誰からもその話が出てこない。俺がBiSの『primal.』だからこの話してると思ったら大間違いだよ。どれでも一緒じゃない?」

 

エモーショナルとは?

 

エモいとは?

 

ニコ生のコメントでも大いに議論が交わされていたけど、エモいって何?

 

個人的には、

 

人の感情をゆさぶるようなパフォーマンスの事

 

をエモいと思っています。

 

エモい曲とは、

 

その曲の歴史を知らなくても、1度聞くだけで感情がゆさぶられ、何度も聞きたくなる曲

 

人によっていろいろ解釈は違うんだろうけど、みんな違ってみんないい。

 

そんなみんなにとってのエモい曲が、WACKには求められているんだなと再確認させられた、そんなダンス審査でした。

 

スポンサーリンク

 

昼食

スタッフ全員デスソース!

 

 

6日目昼食は、スタッフとWACKメンバー、候補生が席を入れ替える。

 

その上で、スタッフ全員がデスソースカレー。

 

WACK事務所のスタッフだけでなく、映画撮影のエリザベス宮地さん、バクシーシ山下さん、タワレコ古木さん、ドワンゴ黒川さん、その他大勢のスタッフ全員が巻き込まれるという事態に(笑)

 

もう巻き込み事故感ハンパないですが、WACKですから(笑)

 

でも、何がびっくりって、大人はある意味空気を読まずに普通に食べちゃうんだよなぁ。

 

ほんと映像的には撮れ高低いんじゃないの?

 

と、思っていたら、小島さんwww

 

とにかくじっとしてる事ができず、常に辛さに打ち震えてるし(笑)

 

ちょっと本気で推し変しそうになったしwww

 

エモーショナルとは?

午後からの課題曲は、候補生と同じ曲。

 

候補生が「primal.」に決めたので、WACKメンバーも課題曲は「primal.」に。

 

昼のダンス審査で渡辺さんに「エモーショナルとは?」「primal.とは?」という事を改めて考えさせられたWACKメンバー。

 

再度みんなで考えをまとめる。

 

 

チッチが出した答えは、「primal.」は血のようなもの。

 

WACKで受け継がれていく血みたいなもので、姿は同じでも時代時代で受け止め方も変わってくるので、その時代の人間が全力で想いを込めてパフォーマンスをする。

 

そうすることでエモーショナルを感じてもらえるのではないか。

 

答えはないが、一同の意見はまとまり、振付はそのままで今の自分達の全力を出し切って「primal.」をやりきるという事で話がまとまった。

 

果たして、どんなエモい「primal.」になるのか?

 

乞うご期待です!!

 

候補生面談

モンスターアイドル

 

モンスターアイドルって良い意味でバカなんだと思う。

 

こういうと怒られるかもだけど、自分に都合のいいことだけを吸収する人間なんだろうなぁ。

 

でも、それを長所にすることも出来るはず。

 

きっと0か100なんだと思うけど、きっとモンスターアイドルは変わらないし、変われない。

 

だったら、今のままのモンスターアイドルを活かせる場所を探すしかない。

 

その場所は、WACK以外のどこかなのかぁと思わずにはいられません。

 

ワキワキワッキー

 

 

 

昼のダンス審査の「primal.」はやりきったと言った。

 

でも、自分で考えて、チッチの言葉を聞いて、まだやれた、やれる事があったと考え方を改めた。

 

言われるままにやったけど、もっと自分にも出来ることがあったはず。

 

ワキワキワッキーがまた一皮むけた。

 

自分の考えをどんどん見直して、周りの意見を吸収して、今自分に出来ることやれる事と向き合える。

 

もっともっとワキワキワッキーの成長を見てみたいと思わせられた面談でした。

 

ア・アンズピア

 

 

個人的な妄想だけど、恐らく渡辺さんはア・アンズピアに相当期待してるんじゃないかなぁ?

 

ア・アンズピアはずっとBiSHへの昇格を希望している。

 

ビジュアルもいい、ダンスも出来る、歌も歌える。

 

候補生の中ではズバ抜けてる。

 

でも、気持ちの部分、WACKの次世代を担う人間になるために必要な気持ちが足りない。

 

そんな想いを年端も行かない少女に持たせようという事は行き過ぎた期待なのかもしれない。

 

だけど、ア・アンズピアならその期待に応えてくれそうな気がする。

 

だからこそ、渡辺さんも他の候補生やWAggメンバーの誰よりもきつく接するんだと思う。

 

ア・アンズピアがその期待・想いに応えられるようになった時に初めて、ア・アンズピアのBiSH昇格があるはず。

 

ア・アンズピアには負けないで欲しい。

 

なんとか食らい付いて、なんとしてでもBiSH昇格、成し遂げて欲しい!!

 

サアヤイト

 

 

この合宿のダンス審査で、サアヤイトの所属したチームは2度1位になった。

 

それなのに、昼の「primal.」では全く何も響いて来なかった。

 

その違いは何か?

 

それを気付かせようと渡辺さんが質問をしてくれる。

 

こうして自身で考えさせて成長を促す。

 

サアヤイトへの期待が、渡辺さんの話にもにじみ出ている。

 

それがもっとも顕著だったのが、サアヤイトの最後の質問。

 

「渡辺さんが初めてprimal.を聞いた時どう思いましたか?」

 

これに対し渡辺さんは、当時の背景を振り返りながら、その時の想いをサアヤイトに伝える。

 

この想いを聞き出せたサアヤイトは本当にすごいと思う。

 

だって、渡辺さんをその当時の気持ちにさせる事が出来れば、ダンス審査で勝てるんだから。

 

本人は無意識だったかもしれないけど、サアヤイトの質問は的確だったし、その質問に対して過不足なくサアヤイトに分かる言葉でしっかり教えてくれた渡辺さんも本当に大人ないい人です。

 

ますますサアヤイトのパフォーマンスに期待したくなっちゃいました。

 

インポッシブル・マイカ

 

 

 

渡辺さんが「primal.」を選んだ理由は、今の候補生の気持ちに刺さると思ったから。

 

それなのに、その本意を知る事もなくパフォーマンスしたから渡辺さんはみんなに強い口調で問いかけた。

 

また、スタッフ全員がデスソースカレーを食べたのも、

 

「エモいパフォーマンスを見せたWACKメンバーや候補生が、辛さに苦しむ大人を見る」

 

という、ちょっとした演出だったのに、それが台無しになってしまった。

 

そんな事とは露知らず、時間を無駄に過ごしてしまったと言ってもいいのかもしれない。

 

果たしてここから夜のパフォーマンスまでにどれだけ挽回出来るのか?

 

インポッシブル・マイカの真意が試される最後のパフォーマンスに期待です!!

 

キラ・メイ

 

 

 

自分で考えて、それを言葉にして、行動に移せる子。

 

強い意志を持ってる人間の言葉って、年齢に関係なくやっぱり刺さるよね。

 

だからこそ、昼のパフォーマンスの結果が悔しくて仕方なかったんだろうなぁ。

 

もう期待しかないし、昇格後のその先さえも気になってしまう、そう思わせる何かを持ってる。

 

メイちゃんには、階段を一段ずつしっかり踏みしめて、どこまでも登り詰めて欲しいなぁ。

 

WACKメンバー面談

ナオ・オブ・ナオ

 

 

 

 

豆柴の大群のメンバーは、他のメンバーとは加入した経緯が違う。

 

だからこそ、渡辺さんはナオ・オブ・ナオに対して、WACKが求めるアイドルとは?について説明してくれている。

 

歌がうまい、ダンスがうまい、きれい、かわいい、そんなアイドルはどこにでもいる。

 

でも、WACKはそうじゃなくて、ライブを見て、また来たい!見てみたい!

 

そう思わせられるアイドルを育成する事務所なんだと。

 

こうやってこんこんと渡辺さんが言ってくれるということは、ナオ・オブ・ナオにそれだけの期待をしているということ。

 

ぜひナオ・オブ・ナオには、この渡辺さんの期待に、またニコ生視聴者・豆粒(豆柴の大群のファンの総称)のみんなの期待に応えられるようになって欲しいな。

 

ウルウ・ル

 

 

ウルウ・ルの低音ハスキーボイスが大好きです。

 

そんな声だからかどうか分かりませんが、感情がものすごく乗ってる気がします。

 

だから好きです。

 

でも、ウルウ・ルにはひとつだけ嫌いな所があります。

 

それは、自分に自信を持っていない所。

 

自信なんて、経験やスキルに裏付けられるものなのかもしれないけど、それでももっと自信を持って欲しい。

 

自分がやって来た事が正解かどうかなんて、後からしか分からないけど、今の自分に自信を持ってパフォーマンスしてくれないと、観る方は絶対離れて行っちゃう。

 

根拠のない自信でも、その自信に裏打ちされたパフォーマンスって、観る者を惹き付けるんですよね。

 

ウルウ・ルはかわいいし、彼氏にしたくなるようなキャラだし、声も大好き。

 

だからこそ、だからこそ、自分に自信を持つというスキルを身に付ければ最強なんですよ。

 

そうすれば、必然的に最高のパフォーマンスを見せられるようになると思うし、そんな人だったらきっとまた観たい、会いたい、とおもうに違いないはず。

 

ウルウ・ルには、迷わずに、自分の信じる道、やり方をとことん貫いて、ただまっすぐ突き進んで欲しい!

 

トギー

 

「primal.」で足らなかったのは、候補生に対して「ライブとは?」もっとこれを意識させてあげられなかった事なのかもしれないなぁ。

 

「primal.」の意味とか重みを意識しすぎて、本来のライブを楽しむこと、観客にどう表現するかじゃなくどう見せるか?

 

そこをもっと意識しなきゃいけなかったんだろうね。

 

ただ、トギーは出来る子なので、必ず修正してエモさMAXの「primal.」を見せてくれるはず!

 

MiDORiKO EMPiRE

 

 

今まではスタッフやファンに連れて行ってもらってるけど、着いて行きたいと思われる存在になりたい。

 

たしかにそうだよね。

 

売れてるアイドルやアーティストって、着いて行きたいって思うもんね。

 

そこに気付けてるドリちゃんだからこそ、これからのさらなる成長が気になって仕方ない。

 

あと、個人的には鼻ピアスはちょっとやだなぁ(´;ω;`)

 

月ノウサギ

 

 

渡辺さんが言う事は他のWACKメンバーに言った事と同じ。

 

これでよかったのか?

 

もっと出来たんじゃないか?

 

その話を聞いて、夜のダンス審査に向けて月ノウサギは、

 

「primal.」を楽しんでいいですか?

 

真面目すぎる。

 

月ちゃん真面目すぎるよぉ。

 

そこが良いとこなんだけど、もう少し肩の力を抜いたほうが楽しめると思うよ!

 

しかし、ウィスパーボイスの、月ノウサギの「ハルナ・・・」。

 

クスッとしちゃった(笑)

 

ユイ・ガ・ドクソン

 

ドクちゃんはいっぱい考えて悩むんだけど、言葉にするのは苦手なのかなぁとは思う。

 

だからこそ、行動で示してあげて欲しい。

 

候補生達もその背中を見て育つはずだから!

 

ギャンパレは、言葉よりも全力のパフォーマンスで見せてくれてたじゃん!

 

セントチヒロ・チッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

チッチとの面談は、

 

もはやWACKの経営会議、首脳会談と言われても遜色ないかも。

 

お行儀のいい事務所になって来てることに不安を感じる渡辺さんと、「primal.」を型にはめて候補生の良さを潰してしまったことに対する後悔を抱くチッチ。

 

その不安を危機感と感じるのが、社長としてのセンスなんだろうなとつくづく実感。

 

この危機感がWACKメンバーや候補生にどれだけ伝わったんだろう。

 

もしかしたら、チッチがその伝達する役目を担わないといけないのかもしれない。

 

WACKに優等生はいらない。

 

自分が楽しんで、そんな自分の姿を見て観客が楽しめる。

 

本気でそう思わせられる人間。

 

そんな人間をWACKは求めている。

 

ところで、こんな状況でもモンスターアイドルを気に掛けられるチッチの器の大きさよ・・・。

 

スポンサーリンク

 

ダンス練習~夜の部~

メンバーや候補生の練習風景も気になりますが、どうしてもこの人に目が行ってしまう・・・。

フールイ

 

 

 

フールイこと、タワーレコードの古木さん。

 

WACKとは古い縁ではありますが、ここまでする?

 

もうWACKが好き過ぎて仕方ないんだろうなぁ(笑)

 

誰か早くこの候補生を合格させてあげてくださいwww

 

WAgg&候補生チーム

 

 

皆疲れが見えてたかな。

 

特にサアヤイトはずっと足の状態が良くならないままやってるから、どうしてもダンスという意味では精彩を欠く。

 

ただ、エモいというのはダンスのみに依存するものではないから、やりようはあるんだろうけど、どうしても見てる方としては気が気ではない。

 

そんな中、サアヤイトの笑顔が見れたのが、個人的には一番萌えました。

 

WACKメンバー

 

 

 

 

 

最後のステージ上でのパフォーマンスは、誰かの演出なのかなぁ?

 

アオイロコ・カンパイアとユイ・ガ・ドクソンとフールイのコラボも相当エモかったですが、やっぱり本家って感じです。

 

同じWACKグループとはいうものの、即席のメンバーでここまで仕上げてくるあたり、さすがとしか言いようがありません。

 

それでは、いよいよダンス審査スタートです!!

 

スポンサーリンク

 

ダンス審査~夜の部~課題曲「Primal.」

1位 WACK現役チーム

 

 

これまでの、振付やダンスを合わせただけのパフォーマンスとは全く違う。

 

見ているものに何をどうやって伝えるか?

 

型にはまることなく、今自分達が出来る限界を超えるパフォーマンスを意識した。

 

この日ずっと課題となっていた、エモいとは?

 

「primal.」の意味とは?

 

きっと答えはここにある。

 

待ってろ!世界!!

 

2位 WAgg&候補生チーム

 

 

スクワットで痛めた足を引きずりながらパフォーマンスするサアヤイト。

 

「primal.」に魂を込めたア・アンズピア。

 

キラ・メイも今日1番の切れを見せる。

 

候補生3人も、WAggに負けじと食らいつく。

 

このメンバーが、いわゆるWACKの2軍というから驚きだ。

 

WACKの懐の深さも感じるし、さらなる可能性を、感じずにはいられない!

 

夜ダンス審査後1分アピール

ダンス審査後候補生の最後の1分アピール

 

ワキワキワッキー

 

インポッシブル・マイカ

 

モンスターアイドル

 

キラ・メイ

 

ア・アンズピア

 

サアヤイト

 

スポンサーリンク

 

WACK合同合宿オーディション2020~6日目~投票結果

WACK現役メンバー

1位 セントチヒロ・チッチ
2位 ユイ・ガ・ドクソン
3位 ウルウ・ル
4位 トギー
5位 ナオ・オブ・ナオ
6位 MiDORiKO EMPiRE
7位 月ノウサギ

 

視聴者投票

1位 サアヤイト 1731票
2位 ワキワキワッキー 1659票
3位 インポッシブル・マイカ 1547票
4位 キラ・メイ 953票
5位 ア・アンズピア 706票
6位 モンスターアイドル 540票

 

総合ポイント

1位 セントチヒロ・チッチ(BiSH)158ポイント
2位 月ノウサギ(GANG PARADE)131ポイント
3位 ア・アンズピア(WAgg)116ポイント
4位 トギー(BiS)111ポイント
5位 キラ・メイ(WAgg)110ポイント
6位 ユイ・ガ・ドクソン(GANG PARADE)107ポイント
6位 ウルウ・ル(CARRY LOOSE)107ポイント
8位 MiDORiKO EMPiRE(EMPiRE)105ポイント
9位 サアヤイト(WAgg)98ポイント
10位 ナオ・オブ・ナオ(豆柴の大群)71ポイント

 

本日の脱落者

 

ワキワキワッキー
インポッシブル・マイカ

 

以上2名。

 

正直、モンスターアイドルが脱落で、ワッキーとインポちゃんは合格だと思ってた。

 

チッチと渡辺さんの面談では、さもモンスターアイドルを落すかのような雰囲気だった。

 

映画用にはいいとは思う。

 

救済措置でどちらかを残せば、ドラマになる。

 

だが、明らかにパフォーマンス的には、モンスターアイドルよりもワッキーやインポちゃんの方が上だったと思うし、圧倒的にエモかったはず。

 

それなのに・・・。

 

モンスターアイドルを最終日まで残す意味とは?

 

本当にモンスターアイドルに可能性を感じて残したのであればいいけど、最終日にモンスターアイドルを落す前提で、あえて不死鳥のごとくしぶとく生き残る候補生として残したのであれば、少し違う気もする。

 

真意は渡辺さんにしか分からない。

 

ニコ生コメントでも大いに議論されたが、果たして最終日は一体どうなってしまうのか!?

 

救済措置は、またしてもオセロ。

 

明朝6:30より。

 

ワキワキワッキーとインポッシブル・マイカで勝負をし、勝った方が最終日生き残ります。

 

スポンサーリンク

 

その後のあれやこれや

夕食

 

 

本日の脱落者発表後の夕食。

 

結果があまりにも衝撃すぎたためお通夜状態だったんだけど、安定のア・アンズピア。

 

こんな時でもかわいいが溢れているアンちゃん。

 

もう推さずにはいられなくない??

 

卓球大会

夕食後、叙々苑10万円分商品券を賭けての卓球大会が開かれました。

 

最下位は翌日デスソース確定。

 

先に結果だけ言うと、

 

1位:キラ・メイ
最下位:トギー

 

とにかく爆笑に次ぐ爆笑で、終始面白かったです(笑)

 

見所は以下です。

 

 

 

 

 

 

なんだか、みんな疲れてる中、大して上手くもない卓球を見て笑えるのっていいよね。

 

オーディション参加者も、スタッフも、見てる方も、みんな疲労がたまってる頃なので、ちょうど良い具合に面白くてよかったです。

 

来年も最後のあたりで、こういったレクリエーション的なのは織り交ぜてもらえるといいかと思います。

 

黒川さん、お疲れ様でした!!www

 

チッチ・・・

 

スタッフ卓球大会

WACKメンバー達の卓球大会の後にスタッフが卓球大会を行いました。

 

正直みんなそこそこ出来ちゃうので、面白味には欠けたのですが見所はありました。

 

 

コント審査で伝説のコンビとなった「KiNG PARADE」の小卒辻山さんと古木さんことフールイの対決。

 

ずっと室内でも脱がなかったコートを遂に脱ぎ捨てた小卒辻山!

 

果たしてその実力は!?

 

えっ?全然大した事ないやん・・・。

 

まぁでも、この日一番の驚愕ポイントだったのは間違いありません(笑)

 

AFF誕生の瞬間

それは、卓球終了後の黒川タイムでの事。

 

セントチヒロ・チッチ、ユイ・ガ・ドクソン、月ノウサギ、トギー、ナオ・オブ・ナオでの雑談の中で、その瞬間は訪れた。

 

ニコ生のコメントを見ながらトークをしていたのだが、月ノウサギがあるコメントを拾う。

 

それがこちら。

 

 

そう、これが世に言う、「AFF誕生の瞬間」である。

 

この伝説の場に立ち会えた事は生涯の誇りであると共に、後の世に語り継いでいかなければならないという使命を同時に背負わなければならないという事でもある。

 

そして、去り際にAFFを連呼する少女たち・・・。

 

嗚呼、世も末じゃ・・・(笑)

 

深夜の渡辺タイム

6日目深夜には、お待ちかねの渡辺タイムがありました。

 

このオーディションの裏話や、ほんとどうでもいいおっさんの話、ちょっとそこまで言っても大丈夫なの?

 

という、なかなか盛り沢山な内容でした。

 

一部プレミアム放送でしたので、動画でお伝え出来ない内容もありましたが、見所だけピックアップします。

 

いけない大人の会話

 

モンスターアイドルを残した理由についてニコ生コメントでの質問が多かったのですが、「明日分かる」という事以外多くは語らず。

 

その後の渡辺さんと古木さんのやりとりがメチャクチャ面白かったです。

 

古木さんはこういうキャラがすっかり定着したので、役得だなぁと羨ましい限りです(笑)

 

オセロの真相

 

やっぱりジュンジュン的にも、サアヤイトの足が心配だったから、オセロでサアヤイトに買って帰らせたかったみたいですね。

 

まぁ、そりゃあそうでしょうよ。

 

いくらエモいとは言え、未来ある少女の身に何かあったらと思うと・・・ね。

 

でも、ガチンコでやってサアヤイトが勝つという・・・。

 

新型コロナの影響について

 

新型コロナの影響でライブ中止が相次ぐ中、ニコ生視聴者から無観客ライブをやって欲しいとの要望。

 

これに対して渡辺さんは否定的な意見。

 

理由は、先日のabemaTVでの無観客ライブでの投げ銭が、思ったほど集まらなかったから、だそうです。

 

※後日発表されたクラウドファンディングでは、目標額の500万円をたったの6分で達成し、12時間後にはその額が3000万円に到達!!最終的には、5000万円以上を集めるに至りました。

詳細は⇒WACK初のクラウドファンディングがたったの6分で目標額を達成!!

 

古木さんの告白

 

もう、めちゃくちゃ面白かった!!

 

ただ飲み会でおっさんが盛り上がってるだけと言えばそれまでなんだけど、面白かったw

 

古木さんが、渡辺さんに、、

 

「電話で奥さんに告白しろ」

 

とパワハラされます。

 

で、実際に電話するのですが、電話に出た奥さんの横にお母さんもいて一緒にてニコ生を観ているとの事。

 

それなのに、生電話で奥さんに愛の告白をする古木さん。

 

かわいいし、カッコよかったっス!!

 

6日目まとめ

こうして、涙と笑いに包まれたWACKオーディション2020~6日目~は幕を閉じました。

 

WACKメンバーも候補生も大いに考えさせられた、「primal.」の意味。

 

エモいという事とは?

 

みんな自問自答し、それぞれの答えが出たんだと思います。

 

それが夜のダンス審査のパフォーマンスに繋がりました。

 

結果として、ワキワキワッキーとインポッシブル・マイカが脱落となったわけですが、果たして明日の敗者復活で生き残るのはどちらなのでしょう?

 

そして、合宿最終日まで不死鳥のように残ったモンスターアイドルはどうなるのか!?

 

7日目最終日も目が離せません!!

 

 

WACK合同合宿オーディション2020~関連記事

WACK合宿オーディション2020~0日目~WACKメンバー・スケジュール決定!
ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。 いよいよ今年も始まります、WACK合同合宿オーディション2020。 今年も例年同様、長崎県壱岐島での開催を予定していましたが、コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされました。 ですが、場所...
WACK合宿オーディション2020~1日目~早くも3名脱落!!
ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。 遂に始まりました、WACK合宿オーディション2020。 例年だと長崎県壱岐島で行われるのですが、今年はコロナウイルスの影響もあり、千葉県の白浜にて行われました。 (※ホテル名がニコ生でも出...
WACK合宿オーディション2020~2日目~まさかの脱落者なし!?
ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。 初日は候補生の面々も正直まだそれほど緊張感はなかったかもしれない。 だが、ここから毎日脱落者が出る。 目の前からいなくなる。 これまでもそうだったが、ここから徐々に候補生から笑顔が消えてい...
WACK合宿オーディション2020~3日目~WACKメンバー合流するも大量の脱落者が!!
ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。 2020年3月22日より始まったWACK合同合宿オーディション2020は、早くも3日目を迎える。 2日目脱落となった4名は一旦脱落が保留となり、異例の残留のまま3日目がスタートとなる。 い...
WACK合宿オーディション2020~4日目~そして物語は紡がれて行く
どうも、自称清掃部長(@seisobucho)です。 3日目の脱落者は、過去最多の11名。 アイナスター【WAgg】 ウタウウタ【WAgg】 サアヤイト【WAgg】 アイノ・リ・スタート カトー・ムセンシティ部 ガミヤサキ セックスサマーウ...
WACK合宿オーディション2020~5日目~笑いと涙の大渋滞
ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。 WACK合宿オーディション2020~4日目の脱落者は以下の4名。 ・トト・パーティン・トト ・モンスターアイドル ・シオ・フォレスト ・火星からウナギ 救済措置は腹筋。 合宿4日目に、セン...
WACK合宿オーディション2020~最終日結果発表~アイドルになりたいただそれだけで・・・
ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。 6日目の脱落者は ・ワキワキワッキー ・インポッシブル・マイカ 敗者復活はオセロ対決。 勝った方が救済。 そんな運任せみたいな事アイドルオーディションしていいの?って思うかもしれませんが、...

 

過去のWACK合同合宿オーディション

 

カイジュー96号

40過ぎの元清掃部長のおっさんです。
BiSH解散後はカイジューバイミーという4人組ロックアイドルグループを推しています。同じ環境の方もたくさんいると思いますので、元清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

カイジュー96号をフォローする
スポンサーリンク