BiSH-ウォント-歌詞 作詞:モモコグミカンパニー

ウォント

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

「BiSH-ウォント-」は、2016年1月20日発売BiSH-2nd Album「FAKE METAL JACKET」の9曲目に収録されています。

この曲の見所はズバリ2点

 

その2点をしっかり解説いたします!

 

スポンサーリンク

BiSH-ウォント-歌詞

作詞:モモコグミカンパニー
作曲:松隈ケンタ

歌詞詳細はコチラ
BiSH-ウォント-歌詞

 

BiSH-ウォント-youtube動画&音源

 

SOUNDCLOUDの音源↓
BiSH-ウォント 

 

BiSH-ウォント-まとめ

さて、「BiSH-ウォント」はいかがでしたか?

 

冒頭でも申し上げましたが、この曲の見所は2点です。

1点目は、「何が欲しい~♪」の部分のアイナ・ジ・エンドの声。

 

これに尽きます。

 

とにかく、アイナ・ジ・エンドの武器でもあるあのハスキーボイスを如何なく発揮するメロディと歌詞がしっかりマッチしています。

 

しかも、そのアイナ・ジ・エンドの歌パート後の、ハシヤスメ・アツコのギャップがこれまたいい。

 

アイナ・ジ・エンドが空気を裂いて、ハシヤスメ・アツコがその裂け目からスーっと飛び出してくる感じ。

 

なんとなく伝わりますかね?(汗)

 

で、2点目はもちろん、あの独特のダンスですね。

 

両手をお椀型にして手のひらを上に向けた形で、そのまま胸元へ持って来るあのダンス。

 

もうね、健全な青少年の気持ちをどれだけ弄ぶつもりなのかと・・・。

 

教育上若干不健全な気もしないでもないですが、ハシヤスメ・アツコ様、ごちそうさまです。

 

※ウォント収録のアルバムは↓

 

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました