第3期BiS-Good Bye-の歌詞にネオ・トゥリーズは何を込めたのか!?

ネオ・トゥリーズ
ネオ・トゥリーズ

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

2019年8月8日。

 

2019年8月14日(水)リリースされる1stアルバム「Brand-new idol Society」には未収録の新曲「Good Bye」の音源と歌詞がSOUNDCLOUDで公開されました。

 

ここでは、その「Good Bye」の音源と歌詞を見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

第3期BiS-Good Bye-の音源公開!

BiS-Good Bye

BiS-Good Bye

SOUNDCLOUDで公開されたBiSメンバーの歌声は聴かれましたか?

 

まだの方は↓からどうぞ。
第3期BiS-Good Bye-の音源

 

第3期BiS-Good Bye-の歌詞公開!

第3期BiS-Good Bye-の歌詞が公開されています。

 

歌詞全文は↓

「Good Bye」
作詞 ネオ・トゥリーズ
作曲 松隈ケンタ

うるさいって言うから利口にしてたんだ
いつも待ってたすでに去ってた
だって頭が勝手に
悲しいって言うからそばに居るフリして
思ってたんだざまあみろって
だって頭が勝手に

心臓泣いているさよなら世の中
何も言えないこんなさよなら
なんだかつまんない人生
呼ばれたらすぐに行けるように
荷物置いてどいてどいて

まっさらな
夢は去ってく覚悟してるんでしょ?
忘れているカラフルな色
探している足りない
枯れないで
何も見れないのは虚しいそうでしょ?
隠れないでさ教えてくれホラ
oh そこに無いから

時計がって言うけど聞こえないフリして
針止まってる遅かったんだ
だって頭は勝手に
不気味だって言うけど鏡見たらわかるよ
歪んでたんだ遅かったんだ
だって頭は勝手に

心臓泣いているさよなら世の中
何も言えないこんなさよなら
なんだかつまんない人生
呼ばれたらすぐに行けるように
荷物置いてどいてどいて

まっさらな
脆くなっている感情をさらって
汚れている全身の血が
流れてくる喉まで
触れないで
何か戻さないと苦しいそうでしょ?
隠さないでさ見せておくれホラ
oh 思い出すから

まっさらな
夢は去ってく覚悟してるんでしょ?
忘れているカラフルな色
探している足りない
まっさらな
脆くなっている感情をさらって
汚れている全身の血が
流れてくる喉まで
枯れないで
何も見れないのは虚しいそうでしょ?
隠れないでさ教えてくれホラ
oh そこに無いから

引用元:「Good Bye」SoundCloudより

まとめ

この「Good Bye」は、BiSメンバーのネオ・トゥリーズの初の作詞曲。

 

WACK事務所のグループでは、メンバー自身が作詞することも多いですが、それはBiSでも同じです。

 

やっぱり自分で作詞をする事で、その曲への思い入れも深まるので、より大切な曲になるでしょうからね。

 

学校でお弁当を食べる時に「一緒に食べよう」と誘われてもそのたびに「大丈夫」と言って断っていた。

 

というエピソードを持つネオ・トゥリーズ。

 

そんな彼女の学生時代のエピソードからも分かるように、この「Good Bye」の歌詞は、思春期の複雑でかつまだうまく制御できない自身の感情を表現しているのではないでしょうか。

 

一見フレーズをパーツで組み合わせたような歌詞ですが、その全体像はもろく儚いでもその先の可能性を感じさせる内容に聞こえます。

 

果たしてネオ・トゥリーズは、この歌詞を書く事で過去の自分から変われる事が出来るんでしょうか?

 

そして、BiSのテーマでもある、「世界を変えること」が出来るのでしょうか?

 

今後の活躍に注目です!

 

■THiS is BiS
2019年8月18日(日)東京都 中野heavysick ZERO

■PAiNFUL TRiCKY SADiSTiC DEADLY TOUR
2019年9月14日(土)東京都 下北沢SHELTER
2019年9月21日(土)大阪府 LIVE HOUSE Pangea
2019年10月12日(土)愛知県 DAYTRIVE

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
タイトルとURLをコピーしました