BiS-teacher teacher teacher-の歌詞の裏エピソードがすごいんです!

Brand-new idol Society
Brand-new idol Society

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

2019年8月14日(水)BiSのデビューアルバム「Brand-new idol Society」がリリースされました。

 

ここでは、その中の「teacher teacher teacher」の歌詞と作詞にまつわるイトー・ムセンシティ部のエピソードを見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

第3期BiS-teacher teacher teacher-の歌詞公開!

歌詞全文は↓
「teacher teacher teacher」歌詞

 

どうしてBiSのメンバーってこういった歌詞を書けるんでしょうね?

 

もうセンスの塊でしかなくないですか?

 

私が最初にこの「teacher teacher teacher」を聴いた時の感想は、

 

女子高生と高校教師の禁断の恋を歌った曲

 

でした。

 

特に以下のフレーズがなんとも生々しくて・・・

 

もうちょっと丁寧にできるよ
本気で好きなの!先生?
汚すぎて 見えてないみたいだね

フザけてないでよね(ちゃんと×2 奥まで)
やってあげる 最後まで

 

こんな歌詞を見たらそう思っちゃいますよね??

 

でも実は、この歌詞の意味は↓のようだったようです・・・。

 

第3期BiS-teacher teacher teacher-の作詞エピソード

イトー・ムセンシティ部

イトー・ムセンシティ部

「teacher teacher teacher」について、WEBのインタビューで、イトー・ムセンシティ部は以下のように答えています。

 

「teacher teacher teacher」はティ部さんの作詞ですけど、これはまたすごい歌詞を書きましたね。

ティ部:みんなからエロ曲だとか、ヤっている曲だとしか思われなかったんです。

でも一切そんなつもりはなかったんですよ。

トギー:えぇー。

ティ部:(笑)実家で歌詞を書いていたんですよ。

地元が新潟なので、実家の目の前に田んぼがあるんですけど、中学校の田植えの授業で足がぬかるんで上手く進めなかったこととか、

“もっとちゃんと深くまで植えて”って言われたことを思い出したので、“あ、その話にしよう!”って。

でも田植えってわかったらつまらないから”稲”という言葉は絶対に出さないって決めて書いていったら、

そういう曲に見えてしまいました。それはそれでありだなって(笑)。

先生に恋をしている感じになっているんですけど、先生は巻き込まれているだけで、

“真剣にやっている僕と退屈そうにしている私”の曲なんですよ。

もっともっと深くまで稲を植えてほしかったんです(笑)。

skream様記事より

 

まとめ

イトー・ムセンシティ部は単純にまっすぐなだけなのか。

 

それとも計算なのか。

 

計算高いエロって、本当罪だと思うんですよね。

 

だって、男ってバカだから、計算だって分かっててもそのエロにまんまと引っ掛かっちゃうんだもん(笑)

 

まぁ、かく言う私も引っ掛かった?口ですからね。

 

そう思うと、次のイトー・ムセンシティ部の作詞曲のリリースが楽しみで仕方がありませんね。

 

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
タイトルとURLをコピーしました