第3期BiS-KAsAbutA-の歌詞にチャントモンキーは何を込めたのか!?

チャントモンキー
チャントモンキー

ども、自称清掃部長(@seisobucho)です。

 

2019年8月8日。

 

2019年8月14日(水)リリースされる1stアルバム「Brand-new idol Society」には未収録の新曲「KAsAbutA」(かさぶた)の音源と歌詞がSOUNDCLOUDで公開されました。

 

ここでは、その「KAsAbutA」(かさぶた)の音源と歌詞を見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

第3期BiS-KAsAbutA-の音源公開!

KAsAbutA

KAsAbutA

SOUNDCLOUDで公開されたBiSメンバーの歌声は聴かれましたか?

 

まだの方は↓からどうぞ。
第3期BiS-KAsAbutA-の音源

 

第3期BiS-KAsAbutA-の歌詞公開!

第3期BiS-KAsAbutA-の歌詞が公開されています。

 

歌詞全文は↓

「KAsAbutA」
作詞 チャントモンキー
作曲 松隈ケンタ

夜が抜けてきた 君がくれた
朝が借りていた 僕らは知って
左の頬濡らしたもの

胸の高鳴り加速する
駆けた現実はもう

きれいじゃないそれは美しい
透明でさ少女たちは素肌に描いた
紙も筆もいらない 理由なんて 後付けでさ
何でもいーんだそんなモンですか?

あの日 君が見た夢に触れた
あの日 いえなかったあの言葉を
オリオン座の下で言いたいな

見上げる人たちのとなり その先奥の方

見つめていた今何時かって
どうでもいい 時はほら戻せないでしょ?
飾りじゃない傷口 カサブタから染みこんで
痕(あと)のように残せるだろうか

きれいじゃないそれは美しい
透明でさ少女たちは素肌に描いた
紙も筆もいらない 理由なんて 後付けでさ
何でもいーんだそんなモンですか?

引用元:「KAsAbutA」SoundCloudより

まとめ

この「KAsAbutA」は、BiSメンバーのチャントモンキーの初の作詞曲。

 

やっぱり気になるのは以下の歌詞。

 

飾りじゃない傷口 カサブタから染みこんで
痕(あと)のように残せるだろうか

 

これは、第2期BiSの亡霊に囚われた研究員(BiSファンの総称)のカサブタに、BiSの意志を継いだ自分達が痕(あと)を残せるかどうか?

 

きっと、そう言っているではないでしょうか。

 

つまりは、第2期BiS超え宣言と言い換えてもいいのかもしれない。

 

果たして、第3期BiSは第2期BiSを超え、より多くの研究員のカサブタに傷痕を残すことが出来るのだろうか?

 

これからの活躍に期待です!!

 

■THiS is BiS
2019年8月18日(日)東京都 中野heavysick ZERO

■PAiNFUL TRiCKY SADiSTiC DEADLY TOUR
2019年9月14日(土)東京都 下北沢SHELTER
2019年9月21日(土)大阪府 LIVE HOUSE Pangea
2019年10月12日(土)愛知県 DAYTRIVE

 

清掃部長

40過ぎの自称清掃部長のおっさんです。
当初はただの清掃員だったのですが、渡辺さん(WACK代表)のせいですっかりWACK推しになってしまいました(´;ω;`)
この泥沼からは這い出る事も出来なさそうなので、さらに深みにはまってみようと思う、今日この頃です。
同じ環境の方もたくさんいると思いますので、新米清掃員さん・WACKDDの方も気軽にフォローいただけるとうれしいです( ・∀・)ノ

清掃部長をフォローする
タイトルとURLをコピーしました