【無料配布】WACK謝罪本の気になる中身とは!?

WACK謝罪本表紙

2018年6月24日BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREを手がける株式会社WACKが、なにやら「先に謝罪キャンペーン」というちょっぴり謎なキャンペーンを実施することが発表されました。

これは「まだ何もしていませんが、先に謝罪しときます。私たちは間違えます。」をコンセプトにWACK所属アーティストが先に謝罪するキャンペーンだそうなんですが、何だこれ?

2018年6月24日から28日までの5日間、全国のレコードショップとWACKが事務所を構える東京・渋谷周辺では“謝罪本”が無料配布されるということで、早速朝10時から配布との事なので、WACK謝罪本をGETしてきました。

WACK謝罪本は「もし近い将来自分が謝罪することになるとしたら、なんで?」という質問をもとに製作されたA4サイズの無料冊子です。

全40ページで、WACKの所属アーティストをカメラマンの鈴木親が撮り下ろした写真が掲載されているのですが、やっぱり気になりますよね?

欲しくてもなかなか手に入れられない方もいると思うので、そのWACK謝罪本の中身をちょっとだけ紹介します。

スポンサーリンク


無料配布だというのにWACK謝罪本の広告が本気な件


平賀さんのツイートで知りました。

無料配布の小冊子に、渋谷109でこんなでっかい広告を出すだなんて・・・。

しかも、イベントや何かの告知でもないのに・・・。

個人的には、なにやら「におい」を感じずにはいられません。

なんかやらかすんではなかろうか、というWACKのいつものやつです。

さらに気になるのが渡辺氏のこのツイート。


「この1週間何となく、適当に楽しんでよ。」ってどういうこと?

1週間後には何かあるってこと??

どうも、何かの前触れのような気がしてならないのですが、それについては時間が経てば解決してくれるのでしょうか・・・。

WACK謝罪本の表紙が気になる!

WACK謝罪本表紙
WACK謝罪本表紙

WACK所属の各メンバーが勢揃いしての表紙となります。

白塗りのBiS-キカ・フロント・フロンタールと、GANGPARADEの坊主頭のカミヤサキが目だってはいますが、みんな基本的に真顔です。

まさにWACKの謝罪本らしく、どちらかというと、これまでのWACKのイメージにはないおしとやかな感じが否めません。

で、そんな表紙の中でひとつ気になる点が。

あなたも気付きました?

この部分です。

ハルナ・バッ・チーン
ハルナ・バッ・チーン

そうなんです。

ハルナ・バッ・チーンです。

もうお気づきですよね?

GANGPARADEのハルナ・バッ・チーンだけ、他のギャンパレメンバーとは衣装が違うんです。

というか、そもそもハルナ・バッ・チーンの着ているこの服は衣装なの?

実は、この謎については、このWACK謝罪本を見れば分かるようになっています(笑)

なかなかハルナ・バッ・チーンらしいといえば、らしいのかもしれません。

スポンサーリンク


WACK謝罪本の気になる中身は?

1ページ目は、WACK代表渡辺氏が土下座をし、未来に起こるかも知れない不祥事について謝罪しています。

昨今、週刊誌にすっぱ抜かれて芸能活動を台無しにする有名人も多い中、ある意味「先手を打った」と言ってもいいのかもしれません。

別にこの謝罪本で言い訳するつもりはないでしょうが、効果的ではある、とは思います。

2ページ目からは、「もし近い将来、自分が謝罪することになるとしたら、なんで?」をテーマに各WACKメンバーの写真と一言謝罪文が掲載されています。

各メンバーそれぞれ、その個性が発揮されているいい内容だったと思います。

それぞれ「らしさ」や「キャラ」がすごい表れているんです。

あなたの推しの謝罪文も是非確認してみてくださいね。

最後のページには、WACKメンバーが一列に整列して頭を下げるシーンで締めくくられています。

WACK謝罪本の裏面はどうなってるの?

あまりネタバレはしたくないので画像は載せませんが、表紙とは違ってみんな少し砕けた表情になっています。

中でも、「砕けた」ではなく、「ふざけた」になっているのが、GANGPARADEのハルナ・バッ・チーンとBiSのムロパナコ。

ハルナ・バッ・チーンは衣装を○○したのに、反省の色がなくてけしからん!(笑)

一体どんな表情をしているかは、WACK謝罪本を手に取ってみてからのお楽しみです!

なぜか謝罪しまくるギャンパレメンバー

このWACK謝罪本の無料配布が決定してから、なぜかGANGPARADEのメンバーがツイッターで謝罪を始めた模様です。

■キャン・GP・マイカ

■月ノウサギ

■ユイ・ガ・ドクソン

■ハルナ・バッ・チーン

■テラシマユウカ

■ヤママチミキ

■ココ・パーティン・ココ

■カミヤサキ

ちなみに、WACKの他メンバーはWACK謝罪本の配布の告知はしていますが、こんな謝罪はしていません。

しかも、ギャンパレは渋谷で実際にこのWACK謝罪本の配布をしていたようです。

■ギャンパレin渋谷

ひょっとして、GANGPARADEなんかやっちゃうのかなぁ?

このWACK謝罪本って、そのための伏線なのかなぁ?

WACK謝罪本まとめ

ネタバレになるので書けませんが、WACKメンバーのそれぞれの個性が見れてうれしかったのと、↑の渡辺氏のツイートの内容の「一週間」というのも気になりますね。

相変わらずファンを飽きさせないWACKですが、次は一体どんな事をやらかすんでしょうか?

これだけの伏線を張るってことは、相当きわどい事やっちゃうんでしょうかねぇ。

ますますこれからのWACKメンバーの活躍から目が離せませんね。

WACK謝罪本の無料配布は、2018年6月28日までですよー!

スポンサーリンク